カテゴリー:サイト作りの悩み解決したみたいの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

  • サイト作りの悩み解決したみたい

カテゴリー:サイト作りの悩み解決したみたい

内部リンクを放置していた件

内部リンクを放置していた件

 

 

今まで内部リンクを放置していたので、先日重い腰を上げて設置してみました。

 

 

スポンサードリンク



 

 

設置したのはサイドバー。

実は、本当にアフェリエイトが苦手で。

 

 
A8の初心者セミナーに参加した時も、そんな特化サイトかけるか!
と、ばかりに途中までやって今も絶賛放置中・・・

 

 

ですが、どうしてもお金が欲しくてアドセンスだけは取得。
そしてブログサイトを作りだしたというわけです。

 

 

投稿始めてから5ヶ月、記事数が150超えました。

 

 
アドセンス取得後に作ったサイトがそれなりにファンが付いたようです。
サイドバーに内部リンク用のテキストを貼りつけ、同じ記事で回遊できるように設定しました。

 

 

 

回遊できることでひとつのkwにのみ興味があるヒトを楽しませることができる。

 

 

ほぼ、日付投稿に近い状況でしたので、興味があったとしても過去記事までたどり着くことが出来なくなります。

 
自分も他のサイトを見にいくと、とあるカテゴリーだけみているということがあります。

 

 
自分の習性からそれを作っただけですが、どうやらうまく行ったようです。
(まだ、リサーチしてないから多分・・・としたイエナイ。)

 

 

 

この試作が有効となるのは記事数が多いかどうかで決まります。

 

 

新規の客はトップページにある記事しか読みません。
基本、新しい記事だと思うからです。
記事数が多いサイトだと、古い記事は誰にも読まれなくなります。

 
ですが、古い記事ほど検索にはひっかかるようです。

 

 

 

過去に50記事程度の時に内部リンクを作ろうとしましたが、正直作っても同じコア記事ばかり出てきてしまい、リンクとしても5記事続くかどうかでした。

 

 
50記事でも5000文字とかの長い文章ならば効果はあるかと思います。

 

 

 

自分が続けられる方法を見つけて作業をすることが自分スタイルの確立にも繋がりますし、様々な学びにも結び付くんだと思います。







これからアフェリエイトを始める方へ・・・道のりは長いです。

これからアフェリエイトを始める方へ・・・道のりは長いです。

 

 

自分は誰に相談できるわけでもないところから始めたので遠回り組です。
誰かが助言してくれたりすれば、もう収益化できていたのではないかと思っています。

 
でも、それは仕方ないです。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

続けているからこそ、助言を頂ける、疑問が解決するということもある。

 

 

はっきり言うと、自分は性善説派ではなく、性悪説信仰派です。
例え相手が素晴らしいことを話していても、そこには裏があると考えます。
だって、目的がないのに話をしますか?

 
自分は理由がないのにぺらんこ話をする人間ではないです。
そう、とっても人付き合いが下手なタイプです。

あるヒトが成功していれば妬みますし、羨ましいという感情も抱きます。
それは普通だと思っています。

 
だってそうでしょ?
【妬み】【羨ましい】という感情を歴史上過去の人が言葉として残したから、現在の人も『この感情が妬みか・・・』と、共有できるのです。

 

 

 

一時期流行った脳内メーカーで検索すると、ヒドイ言葉ばかり羅列されるでしょうね。

 

 

 

そんなドス黒い感情を持ちながら、毎日毎日記事を更新していくのです。
自分の感情を押し殺しながら。

 
たまには毒も吐きながら。

 

 

 

毎日2記事は更新することが必要。

 

 

新しく作ったサイトならば毎日2記事は更新することが必要らしいです。
その記事を作成するときは、必ずキーワード(kw)をタイトルと記事に入れることが大事とのこと。
G検索されるときに、その検索の言葉に引っかからないと、記事は読まれません。

 

 

始めはその検索されるキーワード(kw)を入れながら書くことは正直難しいです。

 
自分は行いませんでした。

 
全く行いませんでした。

 

 

 

その代り、サイトタイトルだけはキーワード(kw)をいれることにしました。
サブタイトルにも入れましたが、サブタイトルは後日書き直しても問題はないと思っています。

 
でも、サイトタイトルだけは、しっかり考えてつけた方がよいかと思います。

 
後日、自分でタイトル内のキーワード(kw)のみで検索して、3頁までに表示されてこないならば、タイトルのつけ直しを行った方がよいかと思います。

 

 

 

記事タイトルまで考える時間はない⇒ランキングサイトに登録することを選びました。

 

 

自分には時間がありません。

 
でも、ランキングサイトの上位にいれば、記事が読まれる可能性は高くなります。
1000文字規模の文字入力して記事を書く時間ほどもなかったので、ブログの更新率で上位に入るようにしました。

ある一定の記事数100記事以上ぐらいになると、毎日投稿ではなくても順位の維持は可能となる場合があります。

 
そこまではなんとか頑張り続けます。

 

 

 

自分は今、150記事になりました。
ちょうど時期的にも投稿する内容があまりなくなってくる時期でもありますので、記事修正を行うようにしています。

 

 

 

記事修正を行うと、そこからまた、【この記事があった方がわかりやすいな・・・】とか、新たな発見が出てきます。
キーワード(kw)を意識して記事を書いていなかったので、記事修正の中心も正直検索キーワード(kw)を増やす形になっています。

 

 

 

本当は、2記事投稿と記事修正が同時進行で行えればよいのだと思いますが、時間がない方はこれでも仕方ないのかなと思っています。

 

 

記事は書き続ける。

 

 

 

記事は書き続けます。

 
1日2記事から減らしてもいいですが、継続して記事の投稿を行ってください。
それがアフェリエイトだと思います。

 

 

 

1万pvで~1000円は本当か?

 

 

 

どうでしょうかね・・・

 
自分としてはこれは目安数値としても微妙かと思っています。
実際、150記事投稿したサイトは2000pvで500円には到達しています。

 
1万pvで1000円という公式から計算すると、10000pv⇒2500円という流れになります。

 

 

サイトの記事内容にも1pv金額は変動するらしいので、サイトジャンルも考えながら作るのもいいと思います。

 

 







文字数よりも記事数の方が見積収益が上がるらしい。

文字数よりも記事数の方が見積収益が上がるらしい。

 

 

表示を変えてみたらわかったんだけど、記事数が多い方が高くなるんだね。
それって誰もが知っていること?
 

スポンサードリンク



 

たとえばこのサイトと比較する。

 

項目 記事数 表示回数 見積収益額
このサイト 156 700 80
サイトF 232 300 50

 

 

結構な開きがありますね。

 

ちなみに、Fサイトはついったーが存在していなかった時のひとこと日記サイトなので、2000年代からの記事があったりします。

 
ドメイン取得は同じ時期ですが、記事投稿はFの方が遅いといったところです。

 

 

分岐点は複数設定されているのか?

 

 

記事数によって、複数設定されているのかもしれません。
同じ50記事前後でも、投稿した月で3ヶ月差があると、見積もり収益は遅く投稿を始めたサイトのほうは0円です。

 

 

また、同じ記事すうでも閲覧数が多いか少ないかで収益額に差があります。

 

 

 

ということは、せっせと閲覧者を増やすことと、記事数を多くすればするほど、雪山を転がる石のように、どんどん大きくなるのではないですかね?

 

 

 

さ、しっかり頑張ろう!
 







画像の話

 

自分はアイキャッチ画像をなるべくいれるようにしています。

 

 

単なる収益公開、ブログ作成方法サイトですが、
それでもアイキャッチだけは入れていきたいと思います。
それはなぜか・・・

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

少しでも長くいてほしいという希望があります。

 

数字をしっかり出している方のブログを見ている方が、
(読んでいて)確実でしょ?
というご意見もあるかと思いますが、
何事も積み重ねです。
自分が数字を出してから、
記事を書きだすには遅いです。
だから、細かなところからですが、
努力をしていきます。

 

 

このサイトでメインで使っている画像サイトはここ。

 

もちろん、他のサイトではパクタソも使用しています。
他に落書きアイコンも使用しています。

 

ここの画像をイラストにするのかは、
重くしない為。

先日のペルソナ話でご理解されているかもしれませんが、
管理人設定が暗いです。

 

写真貼りつけたら余計リアルになりすぎてしまい、
ホラー映画になってしまいます(苦笑)

 

 

 

後日、自分が見てもマイナスオーラだらけで重くなるのもうんざりなので、
画像だけでもイラストでリアリティーを軽減しよう作戦しています。

 

無料画像サイトは探していると時間が足らなくなる。

 

 

個人的には自分で作ったものだけで運営していきたい人間です。
イラストレターも、フォトショップも、
バージョンが下がっていれば手に入れられるようになりましたよね。

 

 

でも、本当に時間がない・・・

 

 

 

時間がないとはいえ、ひとつのサイトでは自前画像で勝負かけています。
アイキャッチ程度ですが、検索して自前画像出てくると、
『おぉ!!!』
と、内心喜びます。

 

 

サイトによって使用画像サイトを変える。

 

 

自分だけかもしれませんが・・・
使用するサイト(ブログ)により、画像サイトも変えます。

 

 

ちなみにHNも変えています。
ペルソナという意味でね。

 

 

しかし、ブログを数点抱えている欠点として、
やはりペルソナの厚みが弱い気もします。
同じ人が記載しているので、
読む人が読めば、わかってしまいます。

 

 

なので、『違うヒトだよ』という印象を与えるような仕組みとして、
ひとつは自前写真を多く採用したブログにして運営する工夫をしています。
(現在、ブログ3本)

 

 

文字とイラスト、どちらが頭に刻まれるか。

 

 

みなさんは文字とイラスト、どちらが脳裏に刻まれると思いますか?
よく、独学勉強サイトや子育て系サイトで書かれているかもしれませんが、
圧倒的にイラストです。

 

 

文字はその場で強く印象を残すことには長けていますが、
イラストは色や形、頭に記憶させることができます。

 

 

75歳以上の免許更新の際に、イラストが出てきますよね。
数分間でそれを覚え、他の質疑に答えてから再び、
どんなイラストが出てきたか問われる。

それを文字で書く。

 

 

この試験で文字ではなく、イラストなのは
イラストの方が長期記憶に有効だからです。

 

 

どうしても求心力を高めたいときには、
読み手の喜怒哀楽を引き出すような文章と、
それを連想させる画像を使用することが、
自分としては有効な手段かなと思っています。

 

 

最近は携帯アプリで画像加工することの方が楽です。

 

 

今、運営しているサイトのひとつは80%はオリジナル画像です。
携帯で写真を撮影し、アプリで加工して公開しています。
一定の読者がついているように感じますので、やはり、
『事実に基づいて』という点で、評価は得られているのかと思います。

 

 

今後も落書きアイコンのイラストをアイキャッチで使い続ける。

 

 

使い続けると思います。
時間がないから、アイコンのように、
ホワイトボードに書いたイラストをアイキャッチとして使うのひとつの手ですが、
自分はそこまでイラスト上手じゃないと思うんですよね。

 

 

見せられるものになったら・・・
変更するかもしれませんが、
見慣れた画像の方が安心感を出すという事例もありますので、
わざわざ変えなくてもよいかなぁ・・・と。

 

 

紹介しておいてそれぞれへの評価を書いてみる。

 

 

自分はメールアドレス登録とか嫌いです。
(どこにどのメルアド入れたかわからなくなるので・・・管理が苦手。)

 

 

なので、もっぱら使うのはメルアド入れなくても使用できる画像サイトです。

 

 

パクタソの使い勝手はどうなの?

 

リンク先はコチラ⇒ぱくたそ

 

自分はあまりヒトの顔が写っていない写真を選びます。
写真に人物が入ると、その写真の印象が強すぎてしまうんですよ。
写真の人物が運営しているような印象になってしまう。

特にブログなので、その傾向が強くでてしまう気がします。

 

なるべく読み手へのイメージを大事にするため、
シルエット写真や風景写真を重宝しますね。

 

最近人物が増えてきているような気がするので、
風景やビルなどの写真を増やしてほしいです。

 

 

このブログでも使ったのはガーリードロップ。

 

リンク先はコチラ⇒ガーリードロップ

 

個人的に好きな写真が多いです。
女性視点のサイトには使いやすいと思います。

 

 

しかし、見ていただくと解ると思いますが、
写真の量が少ないのと、
同じテーマで撮影されている画像が圧倒的に多い。

 

 

ピンポイントで使用するにはいいと思いますが、
このサイトの画像写真メインで使おうというには、
個人的には至らないです。

 

 

いらすとや

 

リンク先はコチラ⇒いらすとや

 

官公庁のイラストにも使用されているみたいですね。
見慣れている感があり、ブログ読者も入りやすいような気もします。
しかし、入りやすいということはあまり印象に残らないということにもつながります。
インパクトのある文章にするか、他にオリジナルの画像を入れて、
印象に残すようにしましょう。

 

 

落書きアイコン

 

リンク先はコチラ⇒落書きアイコン

 

ここのサイトでアイキャッチとして使っています。
理由は上記で述べたとおり、
ブログ内容がリアルなので、緩和させるためのアクセサリーとして使用しています。
・・・ですが、あまり画像の種類がないのがネック。

 

 

まぁ・・・アクセサリーなので、
同じ画像使い回しでもいっか・・・なんて考えていますが、
もっと力入れてよと言う意見があれば・・・考えます。

 

 







需要と供給について考える

何歳まで稼げるかについて考える。

先日、親との会話。
70歳の・・・綾小路きみまろ的に言うと、ご婦人。
社食のアルバイトに応募してきたそうだ。

 

 

スポンサードリンク



 

 

70歳ご婦人の情熱

 

『皿洗いでいいから働らかせてください』

 

面接はしたが、やっぱり不採用。
皿洗いといえども、社食等で働いた経験が全くないというのもひとつの理由。

 

そのときはやっぱり不景気だよね・・・

という話題で終了したのだが・・・

 

ココナラ利用して70歳のお悩み相談でもすればよいのではないかと

・・・

 

ココナラってこういうところ。

 

その①

自分の得意なことを『サービス』として出品できます。

 

その②

ちょっとしたお願い事を500円から頼めます。

 

 

商業用としてイラストを頼んだり、

悩み相談で人間関係や、引越見積もり手配の依頼事例もあります。


でもさ、たぶん、新聞広告の折り込みチラシで応募してきているみたいだったから、
ココナラの存在なんて知らないんだろね。

 

 

知っていたら・・・悩み相談系全部走破しそうだよね。