カテゴリー:子供と日常のあれこれの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

カテゴリー:子供と日常のあれこれ

さらっとブログを更新しようとしたが・・・色んなことを考える。直すことは美学なのか?

8月6日は原爆の日です。何か胸に去来するものがありますか。

 

自分は良い意味でも悪い意味でも考えてしまい、ちょっとだけため息をついてしまいます。
戦争の歴史を多角的な視点で眺めれば眺めるほど・・・結論って出てこないんですよね。
ミクロな感覚からマクロな感覚まで・・・

 

とてもデリケートな問題のひとつである戦争問題。
原爆の日ということで、うわべだけですが考えてみたいところですが、重々しくなるのでちょっとやめておきますね。

 

自分の中では余分なことをしていると思ってしまう大人の勝手な思いやりについて考えてみましょう。

 

スポンサードリンク



 

壊れたものを直すことは美徳なのか?私はそうは思わない。

 

先日子供のおもちゃが壊れまして・・・
とは言っても、ファミレスの食事の景品で購入した刀なのですが・・・
まぁ、手に入れた翌日には壊れてしまったんですね。

 

その場で直そうかとも思ったのですが、本人は壊れたものを工夫して使っていました。
壊れた刀部分だけさやに入れて振って、出てこないよと言ってみたり、さやつば部分をとって分解してみたり・・・

 

子供のながらの発想ですね。
工夫して遊ぶことが出来ると思って、そのまま放置しておいたのですが・・・

 

祖母、何も言わずに直す。嫌な顔しているのにも関わらず。

 

子供本人が直してほしいと訴えるのならば直すべきですが・・・
直してほしいといわないのに直すのは個人的にはどうなんだか・・・

 

それも、直している姿を子供にはみせず・・・なんですよね。
これは昭和時代の美徳なんですかね。

 

刀の掴部分を分解して、割れてしまった刀の一部分に穴を空ければ直せると言い出し・・・
壊れたことすら悲しんでいない子供に対してそこまでやる必要があるのか?
母親としての私は『接着剤でつければ』と、今は修理しない姿勢。
でも、暇なのか・・・結局布テープを巻き付けて汚く直す。

 

これをこれからどうすればいい?この布テープははがすべきか?

 

個人的には直すなら子供と共に一緒に作業するべきこと。
理由は、次回自分で直すことができるようになるから。
一緒に行うことで、どの道具を使うべきか、どこが直すときの注意点なのかわかるのだ。

 

しかし、子供に見せないまま直してしまうと何を使って、何がポイントなのかがわからなくなる。
そして、自分もよくやられたことなのだが、忙しくなった時に直してほしいというと、『自分で直しなさい』と言い出す。
教えてもらっていないのにも関わらず、自分で直せって・・・
だったら、余計なことはしないでほしいと思ってしまう。

 

子供の存在に乗じて一緒におもちゃを購入することは結構なことだと思う。しかし、大人は大人で自分の物を購入するべき。

 

よく、子供のおもちゃを組み立てて楽しくなってしまうという症状を起こしてしまう大人もいます。
自分のその種類の人間に近いです。
それならば、子供と一緒のものを買って遊ぶべきですね。

 

子供というのは発想が豊かです。
そして大人の行動をよく見ていて、口癖含めすべて覚えようとします。
その力が将来への成長を促しているように感じます。

 

柔軟性の高い子供に育てていきたい。それが目標のひとつ。

 

子供に柔軟性が高いことを望むならば、自分も子供以上に柔軟性を高めないと自分の意見を押し付けるだけの親になってしまうような感じがします。
子供以上に色々興味を持ち、楽しむことが親にも必要なステップだと考えています。

 







どうにもならないと思いつつ、毎日投稿はしている。

どうにもならないと思いつつ、毎日投稿はしている。

 

 

1500記事投稿を目指して今、ひとつのサイトに注力させているのですが・・・
なかなかうまく行かない。

 
その理由はわかっている。

 
導入がブログという点。

 
確かにブログに寄った記事だと読み手は増える。

 

 
でも、追及したいところは収益を求めるサイトという土台。
収益を求めるような記事を投稿すると、途端に読み手はいなくなる。
それがここ2週間で気が付いたこと。

 

 

スポンサードリンク



 

 

仕方ないで終わるのか、なるほどで終わるのか。

 

 

結局、どうやったら読みやすいかとか、どうやったら収益化するかとか・・・
相変わらず手探りだし、どこに答えがあるのかわからないまま。

でもね、2週間手をつけていないサイトが読まれていたりすると、何か良いことをかいたんだと思ったりする。

 
いや、多分、もしかしたらそこはあまり関係ないのかもしれない。

 

 

自分は凡人という点。

 

 

仮設ですが、ようやく、Gから認識されるようなサイトになったんだと思われる。

 
6ヶ月経つと認識されるような話をどこかで目にした気がする。
今、記事投稿しているのはドメインとって7ヶ月目のところ。
ようやく・・・と言ったところか。

 

 
Gも七五三かとふと思った。

 

 

 

七五三とはよく言ったものだと思う。

 

 

幼子の成長を祝う七五三。

 
自分の人生をなぞらえるとだいだい、七五三の時に気持ちに迷いが生まれる。

 

気が付いたのは仕事を辞めたくなる気分になるのがだいたい七五三。

 

 

三ヶ月ぐらい経って、忙しすぎて辞めたくなる。
五ヶ月ぐらい経って、仕事が単調になって辞めたくなる。
七ヶ月ぐらい経って、自分にはこの仕事が合っていないと辞めたくなる。

 

 

 

これが最短だと、三日で会社への足取りが重くなったりする。
まぁ、ある意味三日坊主だ。

 

 

 

この七五三時期に訪れる心の葛藤を乗り切れば、なんとか続けることができるのではないかと思う。

 

 

 

現在七ヶ月となったサイトたち。

 

 

 

とりあえず、なんとか七ヶ月だから、歯を食いしばって努力をしよう。
ここを過ぎたら・・・次は三年になるのか?
いや、それは長いな・・・

 

 
十二ヶ月という一年目を節目とするか?
なんとか頑張り続けてやる。

 

 

 







まさか火事とはさ・・・

まさか火事とはさ・・・

 

 

好きなアニメーターさんがお亡くなりになったらしい。
原因は家事。
逃げようとしていたのか最後はベランダにいらっしゃったらしい。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

線が好きだった。

 

 

 

鉛筆でガシガシ描かれたような線がとても好きで。
太い幅で陰影がつけられている割に、瞳の中はとても細かく丁寧に線が描かれている。
そんなギャップが一枚に納められている。

 

 

 

全体をみても細部をみても自分の中では飽きなかった。

それが着色されるとさ・・・

アクリル水彩で描かれているのかな?

 

 
白にぼやけていく色とかさ・・・
やっぱり、ドキドキしてしまうんですよ。

 

 

 

色気があるというのかな。
なんと表現してよいのかわからないんだけど。

 

 

 

悲しいよなぁ・・・

 

 

 

逢坂浩司さんが亡くなられた時もそれなりにショックはあったんだけど・・・
病気ということだったから・・・心の整理はできたんだけど。

 

 

 

火事・・・だとね。

 

 
どんな材料を使ってイラスト仕上げていたのとか、遊びで描いたイラストとかも無くなっちゃったってことだよね。

全て燃えちゃったってことだよね。

それを考えるとなんかやるせなくて・・・

 

 

 

それとね、無職という報道もさ・・・

 

 
テレビの中でキャラクターが生きている限り、アニメーターの方って無職じゃないような気がしていたんだよね。
だって、キリコが再放送されているとさ、ついつい予約録画しちゃうんだよね。

 

 

 

自分が好きだったのはやっぱりサムライトルーパー。
必殺技出すときにいきなり鉛筆線が出てくるあの力強いシーンは今でも忘れない。

子供が男の子だったら、遼とつけようか一瞬迷ったときすらあったぐらい好きな作品だった。
(違う名前をつけたが、理屈っぽさが当麻並み・・・)

 

 

 

塩山紀生さま、ご冥福をお祈りします。







子ども病気理由で久々に連続欠勤したこと。

子ども病気理由で久々に連続欠勤したこと。

 

 

まぁ、休みをとるのは私だけなので、インフルエンザB型に感染したということでまるまる5日は休まなくてはならなかったとですよ。
で、それでもやはり出社しなくてはならないかと思い、病児保育に連絡したところ、

 
『解熱後48時間経ってからでないと預かれません』

 

 
という回答を得たわけで。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

自宅療養期間は最低でも5日間。

 

 

これってさ、インフルエンザって最低でも5日は自宅療養と言われているのね。
そして、解熱後48時間+24時間は療養期間と言われているのね。
・・・病児保育・・・利用できず。

 

 

 

休むことを報告しなくてはならない。

 

 

 

まぁ。
それはそれでいいとして、そのあと、会社への報告ですね。
子どもがインフルエンザになったことで何故か謝り文なんですよね。
思わず、なんで謝罪するんだろうね、日本体質かね?
自営業だとこんな謝罪はしなくて済むのにさ・・・

 

 
なんて、親に話したところ、

 

 
『何言っているの、個人自営業の方が大変よ』

 

 
と、言われてしまった。

 

 

 

個人自営業としての業務は大変。

 

 

 

個人自営業の場合、納期があるものならば子どもを昼間面倒見て、夜な夜な作業しなくてはならないし、子どもが病気だからという理由なんて通じない。

 

 
その点、会社員ならば、ひとりプレイヤーが抜けたところで運営に支障をきたすならば、他の誰かがフォローすればよい。
そのために複数人雇っているんでしょう。

 

 

 

まぁ、確かに自分はソルジャーの分野に配属されているし、替えはいくらでもいるのだ。

 

 
そう考えると、ギリギリまで兼業でいる方が一番楽なんだと思いながら、せっせとインフルエンザ看病で数日間過ごせたわけである。

 

 

 

ふと思う。インフルエンザを子供が発症した場合、一番都合がよいのはいつだ?

 

 

 

5日間のインフルエンザで土日は絶対入れてもらうのがマスト条件なんだな。

 

 

 

看護休暇は5日間しか保証されていないから、インフルエンザを月曜日からやってもらうとマジNG。

 

 

 

あ、でも、解熱後48時間後から預けられる病児保育を利用するとしてもだよ、三日間は頓服飲ませてひたすら寝かせて解熱させて、医者に診せるという流れになるわけだ。

 

 
うまくいけば2日間は病児保育に預けて毎日2000円払えばOKということか。
有給は3日間使用、出社のため、4000円の出費。
それなりに痛いな・・・

 

 

 

一番都合がよいのはやっぱり金曜日発症か?

 

 

金・土・日で解熱後48時間を含ませることが一番いいな。
月曜日当日に病院行って、病児保育の許可証をいただき、そのまま病児保育に預けて・・・
有給は1日半、出社のため4000円の出費か・・・
これが最低かかるリスクか。

 

 

 

一通りインフルエンザと有給について考えてみたが・・・結果。

 

 

 

でもね、結局はだ。
自分もやはり人間なので、有給の残り日数みて全部休むかどうか考えてしまうわけですよ。
だって、病気という理由以外、子供と一緒にいる時間が作れない。

 

 
そう考えると、自分の人生寂しい人生だと思う反面、子供にもかわいそうだと思う脳内の小人さんがいますね。

 

 

 







鉄血のオルフェンズ最終回を見て思った事。

鉄血のオルフェンズ最終回を見て思った事。

 

 

元々ガンダムシリーズでキャラクターに入れ込むことはあまりないので、これも客観的に見ていたのですが・・・

 

 
ついつい人生って欲張りすぎてもダメなんだなぁ・・・と、思った。

 

 
やっぱりさ、若いともっと上へもっと上へという意識が高くなる。

 

 
30前後ぐらいまではそういう意識が高い気がする。

 

 
だから、気力でなんでも乗り越えられるような夢を描いてしまう。

 

 
そこに対して後ろ向きな考えは正直出てこないと思う。

 

 

 

 

 

 

自分もそうだったから。

 

 

 

スポンサードリンク



 

年齢で気が付く。

 

 

 

35歳過ぎる頃からかな・・・

 

 
あぁ、努力しても手がやっぱり届かないということが分かってくる。

 

 
自分が駈けずり回らなくても実は回りが駈けずり回ってくれてうまく行く成功例が身近で発生する。

 

 
そこで成功したら、ひとつのステップを上りきったということで、次のステップを踏み出すことになる。

 

 

 

そう、別に自分が走り回らなくてもよい。

 

 
そして、自分よりも若い世代が走り回るというわけでもないのだ。

 

 
一番せっかちで我慢が出来ない人間が走り回るのだ。

 

 

 

走り回らないと確かに自分の望みも手に入れられない。

 

 
でも、走り回っても自分の望みを手に入れられない時がある。

 

 

 

自分の望みとはどこからどこまでなのだろう。

 

 

 

1期で終わりにすればよかった発言も見かけたが、自分としては2期もあってよかったと思う。

 

 
彼らが求めた楽園は1期が終わった時に得られていたのだ、多分。

 

 
でも、彼らは若すぎた。

 

 
まだできるという欲があった。

 

 
もっとみんなの幸福度を上げようとしただけなのだ。

 

 
それが最終的に破滅を呼んだ。

 

 

 

 

 

 

自分が涙を誘ったのは、三日月の言葉だ。

 
汚してしまった腕輪をアトラに怒られる。

 
クーデリア、一緒に謝ってくれないか。

 

 

 

 

 

きっと、このような腕輪を汚してしまったことは過去にもあった。

 

 
三日月にとって、この関係こそが幸せな瞬間だったのではないかと、個人的には思ってしまう。

 

 

 

 

 

豊かさは個人個人測る物差しが違う。

 

 
自分もその物差しを毎回確かめながら作業を続けて行こうと考え直します。

 

 

 

・・・でも、5月までに何か結果は出したいんだけどね・・・