カテゴリー:子供と日常のあれこれの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

カテゴリー:子供と日常のあれこれ

海外旅行のパスポート申請に2日間も休まなくてはならなかった話。

稼いでないのに、海外旅行のパスポートを取得する必要がでたので、申請してきました。
理由のひとつとしては、親ですね・・・

 

国内旅行に行くとしても、自分は行っていないが、親は行った。
『私はそこには何回もバスツアーで行ったから、貴方が好きなところ行けばいいじゃない』
・・・私としては、アフィリ修正したいので、引きこもりたい。
会社の夏季休暇、子どもをずっと保育園に入れておいて、作業をしていたい・・・
本音を言えばそう。

 

でも、親バカなので、やはりかわいいと感じるのは普通で・・・
子どもにも甘いから自分にも甘くなり、作業が滞ることになる。

 

スポンサードリンク




 

 

なぜ、パスポートの申請に2日間?自分の住民票登録している自治体対応がNG

 

一言でいうと、自治体の局の勘に触ったという感じですかね。
よくあるじゃないですか・・・マニュアル通りにしないとNGな人。
言葉の使い方次第で人情味溢れる言葉になるのに、どうしてもそれが出来ない。

 

だってさ、200円証明写真で有名な、ピクチャン使って写真提出したら、まずヒトコトメが、
『最近はネットで色んなものが出来るからね・・・これは証明写真なのかしら?』
と、局、隣の同僚に言うんだわ。

 

自分はその時書類に記入していたんだけど・・・
照明写真機屋と癒着でもしているかのようにも感じた。
正直なところ、県指導のパスポート発行資料を読み、外務省のパスポート写真についての文面にも、ネットプリントがダメとか、自宅プリントがダメとかは書いていない。

 

さらに、乳幼児の写真に対しては、大きさが最悪満たなくても仕方ない的なことも記載がある。

乳幼児の撮影の際、椅子に座れないなど一人での写真撮影が難しい場合、無地で淡い色のシーツなどに寝かせて、上方から撮影してもかまいません。

 

乳幼児の場合など丸顔の場合に、顔の長さを最小である32ミリメートル(70%強)としても写真の横幅内に顔が収まらない場合には、耳を含めた顔全体を写真に収めてください。この場合、縦方向が32ミリメートルに満たなくても構いません。

 

乳幼児を照明写真機で撮るのは本当に大変で・・・
まず、普段行わないことをすると
・好奇心と興奮のボルテージがあがる。
・写真を撮影されることは嬉しい。
・だいたいが落ち着きがない(年齢的)。
2回、3回のやり直しでうまく撮影できるはずがないじゃん!?

 

だいたい、正面の顔が撮影できない・・・
携帯で複数枚撮った内のこれでいいかな・・・的なものをセレクト。
正面向いているか、局に確認の上、印刷したのだがNG。

 

『これ、本当に照明写真機で撮りましたか?』

 

そんなに照明写真機で撮らないと申請できないのですか?
照明写真機で撮影したものが正義ですか?
照明写真機で撮影した領収書がくっついていればなんでも通るのですか?
 

ところがどっこい・・・そうじゃないのである。

 

実は親もパスポート申請で文句を言われる。照明写真機を使ったのに!

 

実は、数日前に母もパスポート申請。
照明写真機で撮影したのだが、どうやら顔が少し曲がったらしい。
本人曰く正面を向いていたという。

 

どちらの肩を持つわけではないが、若い人間でも右と左の顔は左右対称ではない。
それが、年老いて頬がたるんだり、頬がくぼんだり、歯の治療をしていたりすると顔がゆがんでしまう。
だから、証明写真に写った顔も歪んでうつる。

 

パスポート申請書類のNG出戻り率が昇給の評価につながるのか、その点はよくわからん。
ただ、こっちはわざわざ有給を取り、時間を削って申請をしにきているのに、他にも言い方があるだろうと思ったことは100%であった。

 

解決方法は簡単だった。もう、このパスポート申請窓口は使わない。

 

よくよく考えたら、本籍地のある自治体ならば、どこからでも申請できたのだ。
自分の住民票がある市町村じゃなくても。

 

たとえば、東京の青梅市に住んでいるなだば、青梅市のパスポート申請所に行かなくてはならないというわけではない。
会社がある池袋サンシャインのパスポート申請を使えばいいのだ。

 

ということで、写真の出来だけでも確認してほしいと訪れた隣の市町村のパスポート申請所。
『ここでも申請できますよ?』
と言われたので、申請してきた。

 

申請した写真はセブンイレブンのマルチコピー機経由。
もちろん、携帯で撮影した写真を証明写真アプリでサイズ加工。

 

若干サイズが大きいと言われたので、プリント時に縮小ボタンを使用。
それで申請受理された。
昨日の騒動はなんだったのだろう・・・

 

自治体の質・・・それは、人種が単一ではないからも理由か?

 

隣の市町村の方が規模が大きいのもさることながら、住人が日本人単一というよりもアジア系な地域。
だから、言葉の使い方も申請者に寄り添うに近い言葉遣い。
上から的は発言はなかった。

 

それに、昨日行ったパスポート申請所は成人しか申請しにくる人間がいなかった。
しかし、申請が通った申請所は小学生も申請にきていた(親同伴・本人確認のためだと思う。)
対応する年齢によっても言葉遣いは異なる。
それに、たかだか証明写真だろうが、そこに至るまでのソフトは複数存在するのが当たり前となってきている。
順応していかないと、時代に乗り遅れる。

 

写真印刷で使用した金額のまとめ。照明写真機が無くなる時代。

 

何はともあれ、申請は無事できた。
セブンイレブンのマルチプリント30円で印刷した証明写真で。

 

でも、そこに至るまで・・・

デバイス 金額
ピクチャン 800円(@200円x4)
マルチプリント 90円(@30円x3)
合計 830円

 

ピクチャンはひとり3枚画像。
自分のと子供分、それぞれ1枚ずつ。
そしてやり直し提出だから全部で4枚。

 

マルチプリントは親画像1枚、子画像3枚印刷。
パスポート申請は写真1枚でいいので、子画像で3枚のうち1枚イイのがあればいいという魂胆で印刷。

 

でもね、最近の照明写真機。
その『照明写真機で撮影したものですか?』と意地悪く聞いてくる局押しの機械で撮影すると、金額は4枚同じ画像で800円。
美的加工的な設定にすると1,000円。

 

携帯アプリ駆使して印刷して30円。
今回、いろいろ失敗しても1,000円以下。
あぁ・・・これなら、町中から必然的に照明写真機が消えていくよね。
何回も撮り直しができる携帯の方がいい。
ただ、正面から光が当たって、顔が明るく取れるかだけの差だもん。
背景だって・・・加工できるのだから・・・

 

ことわざじゃないけど、【バカとハサミは使いよう】なのである。

 







さらっとブログを更新しようとしたが・・・色んなことを考える。直すことは美学なのか?

8月6日は原爆の日です。何か胸に去来するものがありますか。

 

自分は良い意味でも悪い意味でも考えてしまい、ちょっとだけため息をついてしまいます。
戦争の歴史を多角的な視点で眺めれば眺めるほど・・・結論って出てこないんですよね。
ミクロな感覚からマクロな感覚まで・・・

 

とてもデリケートな問題のひとつである戦争問題。
原爆の日ということで、うわべだけですが考えてみたいところですが、重々しくなるのでちょっとやめておきますね。

 

自分の中では余分なことをしていると思ってしまう大人の勝手な思いやりについて考えてみましょう。

 

スポンサードリンク



 


 

 

 

壊れたものを直すことは美徳なのか?私はそうは思わない。

 

先日子供のおもちゃが壊れまして・・・
とは言っても、ファミレスの食事の景品で購入した刀なのですが・・・
まぁ、手に入れた翌日には壊れてしまったんですね。

 

その場で直そうかとも思ったのですが、本人は壊れたものを工夫して使っていました。
壊れた刀部分だけさやに入れて振って、出てこないよと言ってみたり、さやつば部分をとって分解してみたり・・・

 

子供のながらの発想ですね。
工夫して遊ぶことが出来ると思って、そのまま放置しておいたのですが・・・

 

祖母、何も言わずに直す。嫌な顔しているのにも関わらず。

 

子供本人が直してほしいと訴えるのならば直すべきですが・・・
直してほしいといわないのに直すのは個人的にはどうなんだか・・・

 

それも、直している姿を子供にはみせず・・・なんですよね。
これは昭和時代の美徳なんですかね。

 

刀の掴部分を分解して、割れてしまった刀の一部分に穴を空ければ直せると言い出し・・・
壊れたことすら悲しんでいない子供に対してそこまでやる必要があるのか?
母親としての私は『接着剤でつければ』と、今は修理しない姿勢。
でも、暇なのか・・・結局布テープを巻き付けて汚く直す。

 

これをこれからどうすればいい?この布テープははがすべきか?

 

個人的には直すなら子供と共に一緒に作業するべきこと。
理由は、次回自分で直すことができるようになるから。
一緒に行うことで、どの道具を使うべきか、どこが直すときの注意点なのかわかるのだ。

 

しかし、子供に見せないまま直してしまうと何を使って、何がポイントなのかがわからなくなる。
そして、自分もよくやられたことなのだが、忙しくなった時に直してほしいというと、『自分で直しなさい』と言い出す。
教えてもらっていないのにも関わらず、自分で直せって・・・
だったら、余計なことはしないでほしいと思ってしまう。

 

子供の存在に乗じて一緒におもちゃを購入することは結構なことだと思う。しかし、大人は大人で自分の物を購入するべき。

 

よく、子供のおもちゃを組み立てて楽しくなってしまうという症状を起こしてしまう大人もいます。
自分のその種類の人間に近いです。
それならば、子供と一緒のものを買って遊ぶべきですね。

 

子供というのは発想が豊かです。
そして大人の行動をよく見ていて、口癖含めすべて覚えようとします。
その力が将来への成長を促しているように感じます。

 

柔軟性の高い子供に育てていきたい。それが目標のひとつ。

 

子供に柔軟性が高いことを望むならば、自分も子供以上に柔軟性を高めないと自分の意見を押し付けるだけの親になってしまうような感じがします。
子供以上に色々興味を持ち、楽しむことが親にも必要なステップだと考えています。

 







どうにもならないと思いつつ、毎日投稿はしている。

どうにもならないと思いつつ、毎日投稿はしている。

 

 

1500記事投稿を目指して今、ひとつのサイトに注力させているのですが・・・
なかなかうまく行かない。

 
その理由はわかっている。

 
導入がブログという点。

 
確かにブログに寄った記事だと読み手は増える。

 

 
でも、追及したいところは収益を求めるサイトという土台。
収益を求めるような記事を投稿すると、途端に読み手はいなくなる。
それがここ2週間で気が付いたこと。

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

 

仕方ないで終わるのか、なるほどで終わるのか。

 

 

結局、どうやったら読みやすいかとか、どうやったら収益化するかとか・・・
相変わらず手探りだし、どこに答えがあるのかわからないまま。

でもね、2週間手をつけていないサイトが読まれていたりすると、何か良いことをかいたんだと思ったりする。

 
いや、多分、もしかしたらそこはあまり関係ないのかもしれない。

 

 

自分は凡人という点。

 

 

仮設ですが、ようやく、Gから認識されるようなサイトになったんだと思われる。

 
6ヶ月経つと認識されるような話をどこかで目にした気がする。
今、記事投稿しているのはドメインとって7ヶ月目のところ。
ようやく・・・と言ったところか。

 

 
Gも七五三かとふと思った。

 

 

 

七五三とはよく言ったものだと思う。

 

 

幼子の成長を祝う七五三。

 
自分の人生をなぞらえるとだいだい、七五三の時に気持ちに迷いが生まれる。

 

気が付いたのは仕事を辞めたくなる気分になるのがだいたい七五三。

 

 

三ヶ月ぐらい経って、忙しすぎて辞めたくなる。
五ヶ月ぐらい経って、仕事が単調になって辞めたくなる。
七ヶ月ぐらい経って、自分にはこの仕事が合っていないと辞めたくなる。

 

 

 

これが最短だと、三日で会社への足取りが重くなったりする。
まぁ、ある意味三日坊主だ。

 

 

 

この七五三時期に訪れる心の葛藤を乗り切れば、なんとか続けることができるのではないかと思う。

 

 

 

現在七ヶ月となったサイトたち。

 

 

 

とりあえず、なんとか七ヶ月だから、歯を食いしばって努力をしよう。
ここを過ぎたら・・・次は三年になるのか?
いや、それは長いな・・・

 

 
十二ヶ月という一年目を節目とするか?
なんとか頑張り続けてやる。

 

 

 







まさか火事とはさ・・・

まさか火事とはさ・・・

 

 

好きなアニメーターさんがお亡くなりになったらしい。
原因は家事。
逃げようとしていたのか最後はベランダにいらっしゃったらしい。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 



 

 

 

線が好きだった。

 

 

 

鉛筆でガシガシ描かれたような線がとても好きで。
太い幅で陰影がつけられている割に、瞳の中はとても細かく丁寧に線が描かれている。
そんなギャップが一枚に納められている。

 

 

 

全体をみても細部をみても自分の中では飽きなかった。

それが着色されるとさ・・・

アクリル水彩で描かれているのかな?

 

 
白にぼやけていく色とかさ・・・
やっぱり、ドキドキしてしまうんですよ。

 

 

 

色気があるというのかな。
なんと表現してよいのかわからないんだけど。

 

 

 

悲しいよなぁ・・・

 

 

 

逢坂浩司さんが亡くなられた時もそれなりにショックはあったんだけど・・・
病気ということだったから・・・心の整理はできたんだけど。

 

 

 

火事・・・だとね。

 

 
どんな材料を使ってイラスト仕上げていたのとか、遊びで描いたイラストとかも無くなっちゃったってことだよね。

全て燃えちゃったってことだよね。

それを考えるとなんかやるせなくて・・・

 

 

 

それとね、無職という報道もさ・・・

 

 
テレビの中でキャラクターが生きている限り、アニメーターの方って無職じゃないような気がしていたんだよね。
だって、キリコが再放送されているとさ、ついつい予約録画しちゃうんだよね。

 

 

 

自分が好きだったのはやっぱりサムライトルーパー。
必殺技出すときにいきなり鉛筆線が出てくるあの力強いシーンは今でも忘れない。

子供が男の子だったら、遼とつけようか一瞬迷ったときすらあったぐらい好きな作品だった。
(違う名前をつけたが、理屈っぽさが当麻並み・・・)

 

 

 

塩山紀生さま、ご冥福をお祈りします。







子ども病気理由で久々に連続欠勤したこと。

子ども病気理由で久々に連続欠勤したこと。

 

 

まぁ、休みをとるのは私だけなので、インフルエンザB型に感染したということでまるまる5日は休まなくてはならなかったとですよ。
で、それでもやはり出社しなくてはならないかと思い、病児保育に連絡したところ、

 
『解熱後48時間経ってからでないと預かれません』

 

 
という回答を得たわけで。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 



 

 

 

自宅療養期間は最低でも5日間。

 

 

これってさ、インフルエンザって最低でも5日は自宅療養と言われているのね。
そして、解熱後48時間+24時間は療養期間と言われているのね。
・・・病児保育・・・利用できず。

 

 

 

休むことを報告しなくてはならない。

 

 

 

まぁ。
それはそれでいいとして、そのあと、会社への報告ですね。
子どもがインフルエンザになったことで何故か謝り文なんですよね。
思わず、なんで謝罪するんだろうね、日本体質かね?
自営業だとこんな謝罪はしなくて済むのにさ・・・

 

 
なんて、親に話したところ、

 

 
『何言っているの、個人自営業の方が大変よ』

 

 
と、言われてしまった。

 

 

 

個人自営業としての業務は大変。

 

 

 

個人自営業の場合、納期があるものならば子どもを昼間面倒見て、夜な夜な作業しなくてはならないし、子どもが病気だからという理由なんて通じない。

 

 
その点、会社員ならば、ひとりプレイヤーが抜けたところで運営に支障をきたすならば、他の誰かがフォローすればよい。
そのために複数人雇っているんでしょう。

 

 

 

まぁ、確かに自分はソルジャーの分野に配属されているし、替えはいくらでもいるのだ。

 

 
そう考えると、ギリギリまで兼業でいる方が一番楽なんだと思いながら、せっせとインフルエンザ看病で数日間過ごせたわけである。

 

 

 

ふと思う。インフルエンザを子供が発症した場合、一番都合がよいのはいつだ?

 

 

 

5日間のインフルエンザで土日は絶対入れてもらうのがマスト条件なんだな。

 

 

 

看護休暇は5日間しか保証されていないから、インフルエンザを月曜日からやってもらうとマジNG。

 

 

 

あ、でも、解熱後48時間後から預けられる病児保育を利用するとしてもだよ、三日間は頓服飲ませてひたすら寝かせて解熱させて、医者に診せるという流れになるわけだ。

 

 
うまくいけば2日間は病児保育に預けて毎日2000円払えばOKということか。
有給は3日間使用、出社のため、4000円の出費。
それなりに痛いな・・・

 

 

 

一番都合がよいのはやっぱり金曜日発症か?

 

 

金・土・日で解熱後48時間を含ませることが一番いいな。
月曜日当日に病院行って、病児保育の許可証をいただき、そのまま病児保育に預けて・・・
有給は1日半、出社のため4000円の出費か・・・
これが最低かかるリスクか。

 

 

 

一通りインフルエンザと有給について考えてみたが・・・結果。

 

 

 

でもね、結局はだ。
自分もやはり人間なので、有給の残り日数みて全部休むかどうか考えてしまうわけですよ。
だって、病気という理由以外、子供と一緒にいる時間が作れない。

 

 
そう考えると、自分の人生寂しい人生だと思う反面、子供にもかわいそうだと思う脳内の小人さんがいますね。