タグ:コミックの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

タグ:コミック

弓が引きたいなぁという話。和弓の恋愛話は一礼して、キス。

弓が引きたいなぁという話。

 

先日、買ってしまったコミックが和弓の話でした。
脳内は黒メンヘラヒーローに振り回されています。

 

一礼して、キス(1)【電子書籍】[ 加賀やっこ ]
by カエレバ

 

 

 

スポンサードリンク



 

上半身がうずうずします。

 

和弓は未経験ですが、洋弓は約1年ほど経験しています。
腕から背筋部分がばねのようになる、あの感覚が好きですね。
洋弓だから1年続けられたと思いますが、和弓だったら3ヶ月続けられるかなと言ったところです。

 

 

実は猿腕。(※下記、経験1年足らずで10年以上前の話なのでイロイロ間違いがあると思います。)

 

自分、猿腕なので、弦(げん)がぶつかるんですよ。
あ、和弓だと弦(つる)ですかね。
洋弓にはプロテクターが必須なのでつけて弓を引くのですが、それでもあたると痛い。
ちょうど腕の関節と肘に間にぶつかるんですよ。
プロテクターの位置から外れている部分にさ。

 

猿腕でも洋弓が続けられる理由。腕の向きを変える。

 

 

和弓はね、左手で持っていないといけないのですが、洋弓はストリング(?)で手首から落ちないような状態にすることが可能なのです。
・・・なんか表現が悪いな・・・

 
洋弓では弓を持っていないのです。

 
実際に矢を放つとき、親指の付け根で弓を押していました。
アーチェリー選手が矢を放った後の残身時、弓が前に倒れるのは実際は握っていないからなんです。
なので、肘部分を外側に出す姿勢を作ってリリースすれば、猿腕の人間でも痛い思いをしなくて済むのです。
(それでも、三日間に一度は痛い思いをしていましたが・・・)

 

 

和弓もやってみたいんだけどね・・・

 
競技人口としては洋弓より和弓の方が多いみたいですね。
実際、練習場として開放されているのも和弓の方が多い気がします。
アーチェリーできる!と、インドアを探すと道場っぽいところが多いです。
それでも、出来るだけ嬉しいです。

 

 

実はこんなにつぎ込んだ!アーチェリー道具。

 

 

実はマイボウを持っています(大汗)。

 
基本的なセットを学生時代に購入したのですが、それでも21万かかりました。
そのあと、ポンド(重り)を買い足したりしていたので、40万近くは道具に費やしています。

 
矢は・・・アルミ製を使っていました。

 
初心者の初心者ですね。

 
上級者はカーボン製を使っています。
カーボンの方が軽いのでよく飛びますが、価格も高いですね。

 

 

そんなにつぎ込んだのにアーチェリーから遠ざかってしまった理由。

 

 

まぁ、学生だったので、本業である学問に戻ったわけです。
アーチェリー練習場にはその時社会人の方もいらしていたので、

 
『社会人になったらまたできるじゃないか』

 
そういう考えも当時はありました。

 

 
まさか、社会人になってから1度しかできないという状況になるとは思わなかったし、
学生時に使用していた練習場が無くなってしまうとは当時、予想がつかなかったんですね。
(まぁ、始めた動機も不純な気持ちが一部ありました。)

 

 

そんな事情で、たまに玄関ドアの開閉抑えになっていたりする洋弓ケースですが、
10年以内には週に1度練習しにいきたいなと考えています。
でも、浮気して、和弓と洋弓同時にやるかも。

 

 

 

そんな人生送りたいな・・・

 

 

 

 







今更ながらきゅんきゅんする話。

今更ながらきゅんきゅんする話。

 

 

タイトルから言って『バカでしょ?』と感じてしまう内容です。
えぇ・・・書いている人間も色ボケでは?と、頭の片隅で思っているのですから。

 

 

スポンサードリンク



 

人間、たまにはときめかなくてはダメだ。

 

実際問題、簡単にときめくなんてできない。
目の前の男に一瞬で恋に落ちるなんてできない。
だから自分はもっぱら2Dに逃げ込みます。
経験上、どんなタイプの男に落ちるのかが分かっているので、本当に手っ取り早いです。

 

自分で書き始めていてなんだけど、どこに向かわせればいいんだ、このタイトル。

 

実は、書き直し3回目。
(エンドが決まらないから書き直し。・・・なんだろ、どの話題に変えてもどんどん内容が黒くなっていくんですが・・・)

 

 

えっと、要はどんな手法で脳内アドレナリンを噴出すればよいのか。
手っ取り早い手段として自分は小説だったり、コミック、アニメに求めることが多い。
小説だと、文字表現から妄想する時『?』ということもあるが、それはそれで楽しむ。

 
英文も、日本の古文もだけどさ、訳す人の表現によって、読みやすかったり読みにくかったりするよね。
一時期、訳者の名前で本を選別しているときもあった気がする。

 

 

最近はもっぱらコミックでアドレナリン出しています。
本当はね、小説読みたいんだけど止まらなくなるんだよね。

 
寝食忘れて読みたい。
本を読みながらいつの間にか寝てしまうのが一番の幸せだよね。

 

 

本も読んでいますよ?

 

 
本も読んでいますが、どちらかというとちょこっと専門に近いような本が多かったり、メンタル面で変えようとしている本が多かったりします。
何も気にすることなく、一日1冊ラノベ読んでいた学生時代が懐かしいっす。

 

 

昔より今の方が本を読むと楽しい気がする。
ブログやSNSでこの本読んで、ここが好きだった・・・と、感想が言えるじゃないですか。
その感想に共感をもって繋がっていくコミュニティも多分できていますよね?
昔はこの本読んでいいのだろうか・・・こんな感想持っていいのだろうか・・・
そんな不安感を持った時もある。

 

 

今はそれを個性としてコミュニティづくりに役立つ要因でもあるかもしれないが、やはり、その考えがNGならば、公開処刑という魔女裁判的な悲劇に落ちるのだろうか。
となると、やはり本音と建て前は別次元として分割しておかなくてはならないのだろうな。

 

 
いつから本音と建て前を分割できるようになったのだろう。
純粋とは離れていく精神。
これが大人ってことなのだろうか。

 

 

 

でも、大人に成りきれないから、自分はたまにコミックにきゅんきゅんを求めるんだろうなぁ・・・