koumi_akiraが投稿した記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

投稿者:koumi_akira

①コメントありがとうございます。Sさま。え?難しい本?

欠陥住宅系の本を紹介したページにて、コメントいただきました。
このサイト、ツイッターでいうとほぼ壁打ち状態で書いているので、コメントをいただけるのはかなり嬉しいです。
(そして、コメントなど頂けるとは思っていないものだから、返事が結構遅くなる・・・)
(すみません)

 

こんなコメントいただきました。感謝です。

 

コウミさん、こんにちは
Sと申します。今ってかなり図書館でどんな本でも揃うようになりましたよね^^
本屋で買おうと思った本が図書館にあるか調べてみるとあったりして(結構新しい本なのに)でも、コウミさんのように難しい本は読めないですが…応援してます!

 

Sさんへのお返事。ありがとうございます。

 

実は・・・図書館で全部借りれました(苦笑)
1冊も買わなくて済みました。

 

ちなみに難しい本・・・ではありません。
あれはその斜め上を行きまして、睡眠導入本です。
全く夜は読むことができません!

 

お金を使わないで色んな本が読める、図書館についてちょっと紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク




 

東京と関西にある国立国会図書館

 

自分は首都圏に住んでいる人間ですので、絶対に本があるのは東京の国立国会図書館になります。
ここは貸し出しは不可です。
館内のみの閲覧が可能、コピーは有料で司書の手でコピーとなります。
以前、仕事の関係で数か月、国立国会図書館のある国会議事堂駅に通ったことがあります。

国立国会図書館のHP>>>

開放的な3階強の吹き抜けエントランスがあり、叫んだらどんな反響音がするんだろうとワクワクするような空間が出迎えてくれます。

(叫んだら、一発で警備員から注意を受けるはずですから、行わないでくださいね。)

 

入館できるのは18歳以上という制限がある図書館。

 

入館するのにカードを作ります。

もちろん身分証明書が必要です。

  • 個人番号カード(マイナンバーカード)※表面のみ。個人番号が記載された裏面は送付しないでください。
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 学生証
  • 住民票の写し(3カ月以内に発行されたもの。ただし、個人番号が記載されているものはご利用いただけません。)
  • その他、公的機関が発行する手帳及びそれに準ずるもの

 

まぁ、よく知られている一般的なものですね。

ちなみに18歳未満は入館できません。

これは想像ですが、R18指定の本も保管されているので、その閲覧規制を設けてるのだと思います。

 

手荷物はコインロッカーにいれる。本を汚さない、持ち出させないための徹底ルール。

 

重要書の割合が多いのがこの国立国会図書館の特徴。
図書館内にある、お金が戻ってくるコインロッカーに手荷物は預けます。

 

持って入れたのは携帯とメモをとる手帳程度だった記憶があります。

 

飲み物とか食べ物は厳禁。
喉が渇いたら、再び図書館外に出て、コインロッカーから取り出してエントランスで飲むといった流れになります。

 

どちらかといったら、調べものの書類等を漁り、さっさとコピーして図書館外に出た方がよい場所となります。

 

スポンサーリンク




 

地元の図書館

 

住んでいるエリアにも図書館があります。

 

利用規約は

  • 市民
  • 市内の勤務するもの
  • 市に隣接するエリアの住民

だけでした。

 

これは結構厳しい条件になります。

 

隣接する地域の図書館の利用規約も確認しよう。

 

実は、自分の住んでいる市町村の規約が厳しいものでしたので、隣接する市町村も同じ規約だと思いこんでいました。
本を借りたい、でも自分の住んでいるエリアの図書館にはない。
そんな方は隣接するエリアや勤務先付近の図書館の利用規約をみてみましょう。

 

利用規約が

  • 日本国籍であること

これだけだったら、貴方も自由に借りれますよね?
(実は、隣接する市町村のひとつが、国籍だけわかればよいという利用規約でした。)

 

都道府県の図書館を利用しよう。

 

自分が大学生の時にも論文書くのに利用した図書館のひとつが都道府県の図書館。
ここも蔵書がたくさんあります。
ここも利用規約が緩いです。

 

地元の図書館に本がなく、都道府県の図書館に本があった場合、本の取り寄せが可能なこともあります。
ただし、これが結構お時間がかかりまして・・・
取り寄せに3週間から4週間かかります。

 

急ぎで読みたい本がある場合は、直接借りに行った方がよいでしょう。

 

【注意】地域図書館だから必ずしも借りれるというわけではない。

 

地域図書館だから必ず本が借りれるというわけではありません。
実際に、東京都港区に読みたい欠陥住宅裁判の本があったのですが、それは貸し出し不可でした。
図書館内での閲覧は可でしたけれどね。

 

しかし、同じ本にも拘らず、貸出可能な本として蔵書されていたのが地元の都道府県管轄の図書館。
知っていると知らないとでは大きな差が生まれますね。

 

スポンサーリンク




 

本は資産です。そこは間違えてはいけない。

 

いまどき、インターネットがあるのだから、そこで調べれば載っているでしょ?
と、誰もが思うのですが、どんなに頑張って調べても、載っていないものはあります。
その代表が裁判事例。

 

確かに、裁判所の判例検索かければ出てきます。
裁判所の判例を調べるページはこちら>>>
欠陥住宅は損害賠償案件に含まれます。
検索ページを見てもらえばわかるけど、

  • 裁判所名
  • 事件番号
  • 裁判年月日
  • 全文

で検索かけるからまず、わからん。
全文って・・・pdfに記載されている言葉から引っ張ってくるけど、トラブルになっているキーワードを検索かけなくちゃ出てこない。
さらに裁判年月日も裁判所の受領日なのか、判決日なのか・・・それを調べなくてはならない。

 

はっきりいって、弁護士や検察官、裁判官用の検索ページになっている。

 

そうなるとね、書籍になっている裁判の判例書を読んでいかなくてはならなくなるのです。
自分は、今、こんなに本があって幸せを感じています。

 







11stepの仕組みを伝えるよ!ミニサイト作りにも生かせる。

さて、昨日お話ししました【11step】について、もう少し詳しくお話ししていきますね。

 

メルマガ発行者には適切……と、書いてしまいましたが……

 

11回メールが送られてきただけで購入するか?

 

すっかり欠陥住宅騒動で人間不振なので、疑り深い人間になりました。
そのわりには教材貧乏になって、さらにノウハウ集めして、サロンっぽいところ入って……
金がないのに垂れ流ししてます

 

マズイです。
大抵年末が近くなると、ヤバいと焦りだします。
きっと、365日10月のカレンダーを下げていれば、すでに一定の稼ぎは出来ているのでは?

 

そんな私が手を出した新しい教材……

 

━━━━━━━
「11step」
━━━━━━━

 

なにがいいって……
ミニサイト作るには、押さえなくてはならないポイントが書いてあるのです。
1記事ではペラサイト。
でも、特化サイトならば、おおよそ10記事前後で作成しますよね?

 

11stepの詳細ページはこちら>>>

 

ミニサイトをたくさん作りたい
早く収益に結びつけたい方は、一見の価値はあるかと思います。

 

実践者のnoteだけではわからない。ともさん式ステップメールで視界が開けた話。>>>

 

スポンサーリンク




 

「11step」の販売元はCatch the Web

 

Catch the Webといえば、いくつか教材を販売しているともさんです。

今回の11step、ともさん式ステップメールの1番の特徴が、再現性が高くステップメールの構築が誰にでもできるように体系立てて構築されたノウハウになっています。

 

と言われても分かりにくいですよね。
簡単に説明すると、再現性を高くできるように、「2つの仕組み」が作られました。

 

その2つの仕組みとは、

 

質問に答えるだけでステップメールで書く内容の素材が自然と出てくる「シート」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

順番通りに教材の内容に沿って書くだけでステップメールが構築できる11の「型」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この「シート」と「型」という2つの仕組みを使うことで、貴方を悩ませ続ける実りに繋がらない作業時間から解放されるのです。

 

具体的にあなたがやることは、

 

「シート」に書かれている質問に答えていくこと、
(自然とステップメールで書くことが整理され、書く内容の素材が集まります)

 

そして、

 

素材が集まったらあとは、11の「型」に沿って、メールを書く。

 

この2つだけです。

 

これだけで、自然と反応率の高いステップメールを構築できるようになりますし、様々な商品、商材でも、自動で売上が積み上がっていく仕組みを構築可能になります。

 

このような「シート」と「型」を活用いただくことで、
ステップメールが全くの未経験であっても、限りなくハードルを下げて実践していただけます。

 

ですので、特にステップメール未経験者をターゲットとしてアフィリエイトすることを想定している方は、この「シート」と「型」があることで、ステップメールを完成させるまでのハードルが、一気に下がるということを1つのポイントとしてご紹介いただけますと成約率も高まるかと思います。

 

「11step」の内容を一部お知らせ

 

そんな「11step」は、 4つの章で構成されています。

 

  • 1章:ステップメールの基礎と11STEPについて
  • 2章:ステップメール構築で最も重要なリサーチ・設計・素材収集の全て
  • 3章:ステップメールの構成と各メールの書き方詳細
  • 4章:LP・バナー作成ノウハウ

 

さらに詳しい教材の内容を箇条書きにしました。

全部で20項目!

 

つい最近までこの作者の「ともさん」がコンテンツを追加していたそうです。
pdfだからこそできるのかもしれませんね。

 

  1. メディア訪問者に自動でセールスをしてくれるステップメールの仕組みとは?
  2. ステップメールがもたらす強力なメリットと小さなデメリットとは?
  3. 通常のメルマガとはまったく異なるステップメールの役目
  4. メールマーケティングのデメリットを解消するステップメールの秘密
  5. 11通のメールで商品購入に促すための超具体的手順
  6. 各メールで必ず伝えておかなければならない重要事項とは?
  7. 1通目にこそ、魂を注がなければならない理由
  8. 商品名や価格を出すのに最適な通数とは?
  9. “濃い読者”を集めるために意識しなければならない大事な考え方
  10. ステップメールを送る前からファン化させてしまうテクニック
  11. 読者が思わず反応してしまうランディングページの王道的な“型”とは?
  12. ランディングページの中でもっとも重視すべき項目
  13. ランディングページでキャッチコピーの次に読まれるある項目とは?
  14. たった11通のメールで読者をファンにさせ、購入へと導く具体的テクニック
  15. メディア、雑学ブログ、アフィリエイトなどあらゆるジャンルで汎用可能な理由
  16. あなた自身を前面に出さなくても高額商品が売れてしまう理由
  17. 「何を書けばいいかわからない」が一瞬で解決するシートの使い方
  18. 書く前に勝負は決まっている!勝つために必要な準備の具体的手順
  19. 成功者がライティングよりも時間を書けている“ある設計”とは?
  20. ステップメールがスラスラ書けるようになるシートのすべて

 

11step|販売するのは10月25日から!

 

10月25日からの販売になります。
それまで暫くお待ち下さいね。
ようやく公開可能となった、公式ページはこちらになります。
11stepの公式ページはこちら>>>

 

10月25日(木)19時から10月31日(水)23時59分までの7日間のみの販売になります。
どうぞ、お見逃しなく。

 







実践者のnoteだけではわからない。ともさん式ステップメールで視界が開けた話。

暫く情報教材を避けていました。
何故かと言うと、読んでも何か腑に落ちない。
実現しようとしても、レシピの取りこぼしがあるのか、なかなか成果に結びつかない。
そのうちに・・・もうブログの更新だけでいいかな・・・

 

という気持ちになって数か月。

 

あぁ、もちろん・・・
有名どころのnoteは買いました。
自分でも再現できそうなマクリンnoteはベストです。
ちょうど、楽天イーグルス感謝祭に便乗してぽちっと押してもらえているようです。

 

そんな、ヘタレ人間が久々に『これ・・・いい!』と思ったものを紹介します。
この投稿はまだ、購入した教材の内容が反映されていないと思いますが・・・
ちょっと数日間頑張って更新していきますね。
購入した教材の名前は「11step」

 

思わず購入してしまったその教材の名前は、

 

━━━━━━━
11step
━━━━━━━

 

 

スポンサーリンク




 

「11step」とは???

 

読み方は「いれぶんすてっぷ」ですというそうです。

 

そんな「11step」は、

たった11通のメールで、ほぼすべてのジャンルにおいて、様々な商品、商材を自動でセールスできるようになる、ステップメール構築ノウハウの決定版ともいうべき教材ということで、購入者対象者はメルマガ発行者になります。

 

  • 1章:ステップメールの基礎と11STEPについて
  • 2章:ステップメール構築で最も重要なリサーチ・設計・素材収集の全て
  • 3章:ステップメールの構成と各メールの書き方詳細
  • 4章:LP・バナー作成ノウハウ

 

という全4部構成です。
pdfデータなのですが、まだまだ読み切れていません。
なんか・・・ひとつの章が100頁以上あるんですよ(苦笑)
さらにメモまでとっていたら・・・時間がかかってしまいました。

 

さらに詳しい教材の内容は、

 

今もリアルタイムでこの作者の「ともさん」がコンテンツを追加していたそうです。

 

  • メディア訪問者に自動でセールスをしてくれるステップメールの仕組みとは?
  • ステップメールがもたらす強力なメリットと小さなデメリットとは?
  • 通常のメルマガとはまったく異なるステップメールの役目
  • たった11通のメールで読者をファンにさせ、購入へと導く具体的テクニック
  • メディア、雑学ブログ、アフィリエイトなどあらゆるジャンルで汎用可能な理由
  • あなた自身を前面に出さなくても高額商品が売れてしまう理由
  • 「何を書けばいいかわからない」が一瞬で解決するシートの使い方
  • 書く前に勝負は決まっている!勝つために必要な準備の具体的手順
  • 成功者がライティングよりも時間を書けている“ある設計”とは?
  • ステップメールがスラスラ書けるようになるシートのすべて
  • メールマーケティングのデメリットを解消するステップメールの秘密
  • 11通のメールで商品購入に促すための超具体的手順
  • 各メールで必ず伝えておかなければならない重要事項とは?
  • 1通目にこそ、魂を注がなければならない理由
  • 商品名や価格を出すのに最適な通数とは?
  • “濃い読者”を集めるために意識しなければならない大事な考え方
  • ステップメールを送る前からファン化させてしまうテクニック
  • 読者が思わず反応してしまうランディングページの王道的な“型”とは?
  • ランディングページの中でもっとも重視すべき項目
  • ランディングページでキャッチコピーの次に読まれるある項目とは?

 

11step|販売するのは25日から!

 

25日からの販売になります。
それまで暫くお待ち下さいね。

 

11stepの詳細ページはこちら>>>

 

販売期間は10月25日(木)19時から10月31日(水)23時59分までの7日間。
再販するかはまだ情報がありません。
詳細ページをみて、気になる方は購入した方が良いでしょう。

 

タイトルと中身が合致していないnoteを何冊も購入するより、絶対に損はしませんよ!

 







お賽銭下さい!予想外!欠陥住宅裁判、マジで早く終わる!?

自分の欠陥住宅裁判・・・
だんだん裁判官の方針がわかってきたところ。

 

本当に早期解決させようとしているんだ・・・と、いうところで、自分もさらに知識をつけていかなくてはヤバイのです。
さらに、自分に都合の良い結果が出たとしても、メデタシメデタシとならないのが普通の裁判との違い。
家を直さなくては住む事が出来ないという事実です。

 

家を直すための資金を早急に集めなくてはならないのも1つの条件ですが、その前に、まずは裁判を終わらせなくてはなりませんね。
ということで・・・
暫くまた、読書週間が始まります。

 

スポンサーリンク




 

欠陥住宅裁判|今、自分が持っている本を再度読み直す。

 

現在、持っている欠陥住宅関連の本はこの2冊。
どちらも弁護士対象の本です。

created by Rinker
¥3,240 (2019/02/23 19:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

どちらもそれなりの役に立っています。
※役に立ったところ

  • 証拠物件に取扱説明書・施工説明書も可
  • 瑕疵一覧表の書き方

 

ただ、この2冊だけでは下記のことが足らないのです。
あくまでも弁護士の実務の流れを書いているものですから。

 

  • 建築施工の常識部分
  • 過去の欠陥住宅凡例

 

裁判というものは過去の判例を覆すのが難しいものです。
逆に、過去の判例に当てはめて自分の主張が正しいと立証できればよいのです。

 

そんなもの弁護士がやればいいじゃないか・・・と思われる方もいらっしゃるかと思います。
他の業務も抱えている弁護士が、自分の物件だけのめり込んで作業してくれると思います?
それなりの作業はしてくれると思いますが、弁護士はやはりある程度の了見の範囲内での作業となります。
よって、自分で調べたものを弁護士の口から発してもらうことが、裁判官にとっても良い印象を与えるのです。
弁護士が調べたものにのっかっる手法の方もいらっしゃっるでしょうが、裁判官に問い詰められるとボロが出てきます。
弁護士はあくまでも代理人という立場であることを忘れてはいけないということなのです。

 

欠陥住宅裁判|お賽銭ください!欠陥住宅本を購入したいです。

 

さくっと金額も表示させておきますが、欠陥住宅関連の本、5000円台です。
読むにも頭が痛いですが、買うのも頭が痛いです。
実際、図書館で借りると言う手もあるのですが・・・
国会図書館も都立図書館も館内での閲覧しか認めません。
仕事休みたくても有給が正直なところもうわずかしかないんですね・・・。
(弁護士との打合せで結構消えてる・・・)
国会図書館の本も一部はデジタル化してあるのですが、結局館内にての閲覧。
ケンブリッジ大学のホーキング博士の論文みたいに誰でもアクセスできる環境にはなっていないのです。

 

地元の図書館には置いていないので、現在、県立図書館から取り寄せを検討しています。
でも、予約いれてから手元に届くまで3週間以上かかると言われています。
直接借りに行くには新幹線乗車券が必要という距離。
最終的にはそれも必要な手段ではあると考えています。
(実際、大学時代、必要な図書があって借りに行って自炊した経験がある。)

 

相変わらずから回っているけど、ちょっと背中を押してあげるよという方!
ちょっとでいいのでご協力お願いします!
図々しくも作りました。
>>欲しいものリスト>>

 

欠陥住宅裁判|購入検討中の本はこちら。

※中古本含め、安い金額で購入予定。

 

  • 建築訴訟 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ)
>>判例と裁判官が組み立てる理論の解明のため。裁判官を納得させる理論を作りたい。

  • 建築設計・施工 クレーム対応マニュアル
>>建築施工方法はほぼマニュアルがないのが現実です。内装においては特にです。常識的範囲を頭に入れておきたい。

  • 改訂 欠陥住宅紛争解決のための建築知識
created by Rinker
¥4,629 (2019/02/22 22:48:00時点 Amazon調べ-詳細)
>>一定の知識はあると自分は思っていますが、それが机上の空論なのか、実務レベルなのか不明です。よって、学びが必要だと感じています。

  • 建築紛争ハンドブック
>>実はALC構法についての紛争例が欲しいのです。施工マニュアルはネットで探し当てたのですが、判例が欲しい。

 

欠陥住宅裁判|図書館で貸出可能な本で、読まないといけない本。

 

  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第1集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第2集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第3集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第4集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第5集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第6集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第7集〉
  • 建築紛争解決とADR (日弁連ADRセンター双書)
  • 建築紛争から学ぶ設計実務: 負けない設計者になるために
  • 建築紛争判例ハンドブック
  • 弁護士泣かせの建築紛争解決法 (研修叢書)

 

欠陥住宅裁判|自分の小遣いで買えるなら買って読もうと思っている本。

 

他の本の中身と内容が重なりそうなので、必要なのか悩む内容です。

 

  • 建築紛争の基礎知識
  • 判例で学ぶ 建築トラブル完全対策
  • ここが知りたい 建築紛争 ―建築士と弁護士が事例で読み解く実務
  • 建築関係紛争の法律相談 (新 青林法律相談)
  • 建築紛争に強くなる!建築基準法の読み解き方―実践する弁護士の視点から
  • 建築請負・建築瑕疵の法律実務―建築紛争解決の手引

 

・・・全部購入すると、将来、欠陥住宅スペシャリストになりそうです(苦笑)
ご予算20万円規模・・・そこまでしたら弁護士つける意味があるのか?と言われそうですね。
つけないとダメだからつけているのです(笑)
そして、専門書過ぎて処分するのが大変な可能性が高い・・・
弁護士ならばいいですけどね・・・更新料が高いから、弁護士だけにはなりたくないと思ってしまいますが。
多分、自分の瑕疵に不必要な内容も記載されていると思いますので、ピックアップして読みすすめていきたいですね。
(多分、無理だと思いますが・・・)

 

極力図書館で借りてきますが、11月誕生日なのでプレゼントもらえたら嬉しいです!

 

欠陥住宅裁判|コメントをいただきました!ありがとうございます。

 

それぞれの投稿ページにてお返事しました。
どうもありがとうございます。

 

①コメントありがとうございます。Sさま。え?難しい本?>>>

 

②コメントありがとうございます。Tさま。戦うのは大変です。>>>