カテゴリー:子供と日常のあれこれの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

カテゴリー:子供と日常のあれこれ

子供を初めて親に預けた4時間半にご褒美はあげるべきか。

子供を初めて親に預けた4時間半にご褒美はあげるべきか。

 

 

インフルエンザB型に初めてかかった子供を親に預け、どうしても外せない打ち合わせを行ってきた。
家を出る前に足に泣いてすがりつく子供に話しかけたことはこうだ。
『お昼寝したらチョコケーキ買ってきてあげるよ』
これで子供がおとなしく寝てくれる布石を打ってみたわけだ。
そこに子供はなんとも親泣かせなヒットを打ってくる。
『チョコケーキよりもママがいい』
確実に胸きゅんする言葉をべそかきながら言われると、決心が揺らぐ。
それでも打ち合わせに出かけた。
そして、打ち合わせ完了後、即座に家に電話をしてみると・・・

 

 

 

『(子供)まったく寝てないわよ。ずっとテレビつけたままおもちゃで遊んでた。』

 
私が寝ちゃったわ・・・と、朗らかに話す親にヲイヲイと感じながら取り合えず帰宅を急ぎながら思った。

 

 

留守番ができた4時間半にご褒美はあげるべきか。

 

 

 

皆様ご協力ありがとうございました。

 

アフェリエイト事件簿_チョコケーキ
投票数7票。
チョコケーキ買うが57%
チョコケーキ買わないが43%

 

 

さて、結局どうなったのか・・・
時系列通りに綴っていこうと思います。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

実は、ほかにも施策があったのだ。

 

 

前日はインフルエンザに子供がかかったので、何かあっては大変と親は思ったのだろう。
毎晩1缶飲んでる発泡酒をやめて、不測の事態に備えていたのだ。
初めて子供を見る親に苦労をかけたので、ピザを持ち帰ることにしていた。
ピザを引き取った後、入っていた親からのメールの内容に目がテン。

 
『ラーメンが食べたいと言っています』

 
車の中にはすでにチーズの香りが漂っています・・・

 

 

 

 

 

 

たかだか4時間半、いつもの保育園ならば12時間。
離れて生活しているのに昼寝もしないで遊んでいる子供にチョコケーキを買う必要があるのか?
ここで、子供に直接聞いてみようと思い、電話をすることにした。

 
『明日お昼寝するからチョコケーキ食べたい』

 
予想通りの回答だった。

 

 

チョコケーキを目の前に・・・

 

 

チョコケーキを子供に購入した。
つくづく甘い親だと思った。

 
誕生日でもないのに、ケーキにろうそくを立てて吹き消すというので、ろうそくも立てて部屋の電気を消灯して喜ばせる。
そして・・・子供がフォークを握り突き刺す。

 

 

 

 

 

 

 

 

親が作った冬瓜とひき肉を煮た煮物に。

 

 

 

 

 
ひとつき、ふたつき、みつき・・・
冬瓜を5つ以上食べて、『ごちそうさまでした』
一度、布団に入って5分、寝たふり演技を行い、再び食卓に戻ってフォークを握り突き刺す先は冬瓜。

 

 

 

『チョコケーキ、ママ食べちゃうよ!?』
『いいよ~』

 

 

 

・・・これはなんだ?
昼寝していないということがわかっているから自分は食べませんという行動か?
それとも、明日も昼寝をしないという宣言なのか?

 

 

結局、子供のために購入したケーキはひとくちも子供の口に入ることなく親の胃袋へ消えた。

そして、3回ほど購入しているこのチョコケーキを初めてしっかり食べたのだが、4種類の味で構成されていることを今回初めて知った・・・
そう、今まで子供が毎回ガツガツ食べていて、まともに味見をさせてもらえなかったのでわからなかった。
それだけ子供はチョコケーキに対してまっしぐらだったのである。

過去に店頭で床に寝転んでまで買ってくれと泣き喚いたチョコケーキだったのに・・・

それが今回は冬瓜へまっしぐら・・・
なんとも想定外の結末でした。

 

 

 

 

翌日・・・
昼寝はしっかりしました。
そして、添い寝のつもりだった自分も、しっかり睡眠とらせてもらいました。

 

 

 

今回はっきりしたことは、子供を思い通りにさせるためのワイルドカードを一枚失ったという、将来への不安を感じる親が誕生したということだ。

あぁ・・・困ったな・・・

 

 







2月最終週の土日。ブログ更新は考えずに生活。

2月最終週の土日。ブログ更新は考えずに生活。

 

 

 

ついに!
ブログ更新を考えずに生活をしました。
それでもアドが働いていましたので、2桁は頑張っていました。
2桁でも十分です。

 

 
だって、何もしていなかったんだから。
本当に。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

ストレスがなかった、少しだけ。

 

 

 

あぁ・・・投稿しておきたいのに・・・という、気持ちがほぼ1時間おきに来たり、早く昼寝しないか・・と、イラっとしたりしていましたが、そんなイライラとはおさらばでした。

 

 
おかげで、翌日月曜日、子どもにとってはあまり怒られなかったのが嬉しかったのか、いつにもましてグズリが拡大したようです。

 

 
違う意味で残念です。

 

 

 

月曜朝からストレスが復活した。

 

 

 

結局、朝から家事をすることは変わらず・・・
週末に行えなかった資格更新のweb勉強も日曜夜にと思っていたができず。
だいたいさ・・・なんで窓経由じゃないと出来ない設定なんだ?

 

 
ipadでも更新できるような対応にしてほしいなぁ・・・

 

 

 

何も変わらなかったことは疲労。

 

 

 

子どもと出かけたり、買い物行ったり・・・
結局、平日の疲れと共に、日曜夜には体が疲れてしまって・・・

 

 

 
まぁ、それでもいいや。

 

 

 

今週は2桁はアドが働いてくれていたんだから。

 

 

 







兼業主婦と専業主婦についてのコラムにびびる。

兼業主婦と専業主婦についてのコラムにびびる。

 

 

自分は兼業主婦(フルタイム勤務有)の人間ですが、自分の発言が専業主婦だったということを知りました。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

子育て中と言う事も有り、使える小遣いの額も正直専業主婦並みですが、発言や行動も専業主婦並みでした。

 

 

“「1円でも安いところに、買いに行かないとダメじゃない!!」と説教された。そっちはヒマかもしれないが、こっちは仕事していて時間が大事なんだ! 貧乏くさいこと言わないで!”

 
と、書いてありましたが、自分は専業主婦の友人に『1円でも安いところに、買いに行かないの?節約できるじゃん』と話したことがあります。

 
二人の子持ちでママ友とお茶したりしているという話を聞いた時、『こっちは平日フルタイム勤務で土日も子どもみているし、(子どもを幼稚園に入れている時間は)専業主婦ってそんなに暇なわけ?』とマジで思ったことがあります。

 
それで「お金がないのよね~」と言われたので、『1円でも安いところに、買いに行かないの?節約できるじゃん』といい、『25円ぐらいのもやしと80円のえのきでナムルつくればいいじゃん。』そう言ったのです。

 

 

 

兼業主婦だから金が余っている訳ではない。

 

 

専業主婦だから暇というわけではないでしょうが、兼業主婦だって、稼いでいる人間と稼げない人間がいる。

 
子どもを放置して自分の出世を考えることも可能な職場ならばいいですが、自分はすでに稼げる上限が決まっているため子どもの為にヘルパーを雇う必要性はない。
そりゃ、子育てをヘルパーに任せて1日50万稼げるというのならばやってもいいさ。
ぶっちゃけ赤字にしかならないもの。

 
それならば、現状の勤務体系でいいと思うし、正直もっと条件が良い場所があるならば、条件のよいところに勤務した方がマシだとも思っている。

 

 

 

 

世の中、色々な考え方がある。

 

 
稼いでいるのにせこいと思われるかもしれないが、通帳に記載される残高は裏切ることはあまりしないので、そこだけ信じれれば今後もいいのかなと思っています。

 

 







キレるお年寄りは将来の自分と思うことがある。

キレるお年寄りは将来の自分と思うことがある。

 

 

 

客観的に自分の親を見ていて思う事。

 
短気だなぁと思う。

 

 

スポンサードリンク



 

 

元々短気だったのかもしれない。

 

 

 

働いていたとはいえ、自分の時間で回りが動かないとすぐにイライラしてくるのは昔から変わらない。

 
その窮屈な生活にとても疲れたことがある。

 
団塊世代というものはそういう人間の塊と考えると、個人的にちょっと楽にはなれる。

 

 

しかし、やはり問題は起きる。親孫対決が発生する。

 

 

まぁ、どっちもどっちというべきなのかもしれないが、子は親が好きなのである。
子は親が一番に話しを聞いてほしい存在でいてほしいのである。
しかし、子から見ると祖父母にあたる人間も話したくて仕方がない。
年甲斐もなく、自分の子に対して1番に話しをしたいのである。
真ん中に挟まれた自分は、両方の話を聞かなくてはならない上、両方を構わなくてはならない。

 
とてもストレスである。

 
時に孫がご飯を食べない、それを祖父母が見て文句をいう。
その矛先は自分の子。
自分はそんな風に育てなかっただの、わがまま聞きすぎるだの言いたい放題。

 
そりゃそうでしょうよ・・・
3食のご飯の食べが悪いからといい、おやつは与えられた記憶はあまりない。

 
風邪をよく引くから寝かせられていることが多い。

 
保育園児と幼稚園児ですでに基礎体力が正直なところ異なっている。

 
30年前とは子育て方法だって違う。

 
違っていて当たりまえ。

 

 
当たり前のことをに文句を言われてもどうしようもない。

 

 

 

色々・・・それこそクソミソに言われてイライラするのも我慢するけれど、こういうストレスが老後になったら一斉開放して爆発してしまうのだろうか・・・

 

 

そんな自分の将来・・・

 
今から、不満があった時は我慢しないで怒った方がよいのだろうか・・・と、日々悶々としていたりもします。

 

 

 







ママ起業セミナーってあるんだね。高額セミナー料らしいね。

ママ起業セミナーってあるんだね。高額セミナー料らしいね。

 

 

『ママ活』っていろいろあるんだね。
妊活・保活・幼活・起活・・・
今回は起活、起業するママについて書いてみる。
自分が考えた結論としては、女性特有の醜い感情が起業を目指すんじゃないかなっていうこと。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

起業するママはこんなことを夢に描いているようです。

 

 

 

どうやら趣味の延長としてのママ起業が人気のようですね。
アロマセラピストや、焼き菓子手作り教室・・・
子育てしながらなので、子どもを連れてのセミナー参加。
・・・軽く思ったのですが、子供をそんな場所に連れて行ってしっかり話を聞けるんだろうか・・・と、感じてしまいました。
専業主婦にはなりたくないという意見もあるようですが、起業ってそんなに簡単なものではないだろうと自分は思います。

 

 

 

記事には書かれていないが・・・ママ起業の方にはその先が見えているのだろうか?

 

 

 

銀行から融資を受けなくても、講習をした時の講習費は所得になるよね?
では、その講習費から材料費や光熱費を引いた金額を申告しているのだろうか?

 

 

 

実際、知人がパン教室を開いている。

 

 

 

パン教室はだいたいが自治体の保健衛生所に届け出を出さない。
正直無法地帯。
ライセンスは料理教室で資格が取れる。
気軽に自宅で運営はできるものの・・・病原菌の存在はどうなっているんだろうと考えてしまう。
もちろん、税務署に申告しているという話もあまり聞いていない。
そして、子どもは保育園にも預けていない。
そう、パン教室はおもちゃで遊んでいる子供と同室で行われているのだ。
起業という言葉に当てはまるのかという次元になると正直わからない。

 

 

 

もうひとつのケースは実際に雑貨デザイナーとして働いている知人がいる。

 

 

 

その人は毎年申告をしている。
でも、それだけでは平均的な年収には満たないのでパートでも働いている。
雑貨運営もそこそこ順調なので、パートをしなくても大丈夫なようだが、性格的に働き者らしい。
それでも、毎年青色申告。
法人にするほどではないようだ。

 

 

 

自分のまわりの事象をから考える。

 

 

 

起業と言ってもママ起業はどうも趣味の延長で儲かるという視点での活動ではない。
自分の作品を見て欲しいという欲求が強く、ほめられたいという意識が感じる。
そう、子どもを育てることにおいて、専業主婦の会話では当たり前なのだ。
そこから何かしら一歩前進するには起業するというベクトルを育てた方が、尊敬の目を向けられる。
まぁ、女性本来の嫉妬や羨望が根底にあるような気がする。

 

 

 

ママ起業を行っても子供を保育園には預けられない。

 

 

 

幼稚園の月謝分を稼ぐほど、稼げるものでもない。
正直、自分の化粧品代だけ稼げればいいという程度の内容なのだ。
その程度ならば、ポイントサイトの登録して毎日クリックして小遣い稼ぐのと同じだし、メルカリで宛名シール作って販売する内容と変わらない。
FBのいいね稼ぎのセミナーにお金を費やすならば、いいねしてくれる人間を集めてお金を払った方が早いと思う。

 

 

 

所詮、ビジネスについて手っ取り早く学ぶのは会社組織にいる方が早い。

 

 

 

目の前で行われてるプロジェクトがどのような進行を遂げるのか、それを学ぶ方がよいと思う。
ならば、ママ起業なんてするよりも先に就職した方がいいと思ってしまうんですけどね。