カテゴリー:自己紹介的なものの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

カテゴリー:自己紹介的なもの

あのときボランティアという言葉を知った。阪神大震災から学んだこと。

あのときボランティアという言葉を知った。阪神大震災から学んだこと。

 

自分は被災していない。
でもあのときのことは今でも鮮明に覚えている。
なぜかというと冷静だったから。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

1月17日の午前4時には起きていた。

 

 

我が家にはビデオデッキに繋がっているテレビは一台しかなかった。
それはこたつの置いてある居間。
夜間は親がテレビを占領しているので、親が寝静まったあと、午前4時頃から布団から抜け出し、居間であらかじめ録画してあったビデオをみることが日常となっていた。
このときは友人から借りたZガンダムを見ていた。
Vガンダムの話しで意気投合し、『兄貴が録画してあるビデオを貸してあげる』と言われたという顛末。

 

 

 

まぁ、正直、コソコソビデオをみているので、何か起きては困るのである。

 
親は勉強していると思って夜中に起きているのを黙認しているのだから。

 

 

5時46分。ゆらゆら揺れる横揺れがとても長い。

 

こたつに腰まで潜り、うつ伏せになってテレビを見上げる様に見ていたあの日。
体が揺れている感覚を味わう。
何気に天井を見上げ、照明のを消す紐が揺れているのをみて地震かと判断する。
さすがに揺れが長すぎるし、親が起きそうだと思い、ビデオを消してテレビを点けた。
地震速報のテロップが流れ、あぁ、震度3で揺れたんだ・・・
そのあと、画面が切り替わり、震源地が濃い赤丸で塗られた日本地図が出てきた。
その瞬間は忘れない。

 
日本って、こんなに大規模に揺れるんだ・・・
そういう事実を初めて知った1月17日だった。

 

 

 

テレビ報道でボランティアという言葉が頻繁に流れた。

 

 

英語の教科書に出てくるボランティアという言葉。
これがテレビニュースでたくさん流れた。

 

 

被災地に行き、何をしているのかまで、正直理解はできていなかったが、ボランティアというものはとても名誉あることなのだと尊敬のまなざしを送っていたのを覚えている。
多分、そのころは悲惨過ぎた状況に対して報道が規制されていたのだと思う。
それに比べ、東日本大震災ではリアルタイムで流れる大きな情報から、個人レベルの小さな情報までなんと多く広まったことか。

 

 

情報規制が悪いとは言わない。

阪神大震災があったからこそ、東日本大震災において生かせたこともある。
ただ、人類というものは嫌なことを歴史の中に忘却してしまうこともある。
なるべくならば、後世に伝えるべく記録と記憶を紡いでいきたいと願う。

 

 

 

 

 

 







弓が引きたいなぁという話。和弓の恋愛話は一礼して、キス。

弓が引きたいなぁという話。

 

先日、買ってしまったコミックが和弓の話でした。
脳内は黒メンヘラヒーローに振り回されています。

 

一礼して、キス(1)【電子書籍】[ 加賀やっこ ]
by カエレバ

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

上半身がうずうずします。

 

和弓は未経験ですが、洋弓は約1年ほど経験しています。
腕から背筋部分がばねのようになる、あの感覚が好きですね。
洋弓だから1年続けられたと思いますが、和弓だったら3ヶ月続けられるかなと言ったところです。

 

 

実は猿腕。(※下記、経験1年足らずで10年以上前の話なのでイロイロ間違いがあると思います。)

 

自分、猿腕なので、弦(げん)がぶつかるんですよ。
あ、和弓だと弦(つる)ですかね。
洋弓にはプロテクターが必須なのでつけて弓を引くのですが、それでもあたると痛い。
ちょうど腕の関節と肘に間にぶつかるんですよ。
プロテクターの位置から外れている部分にさ。

 

猿腕でも洋弓が続けられる理由。腕の向きを変える。

 

 

和弓はね、左手で持っていないといけないのですが、洋弓はストリング(?)で手首から落ちないような状態にすることが可能なのです。
・・・なんか表現が悪いな・・・

 
洋弓では弓を持っていないのです。

 
実際に矢を放つとき、親指の付け根で弓を押していました。
アーチェリー選手が矢を放った後の残身時、弓が前に倒れるのは実際は握っていないからなんです。
なので、肘部分を外側に出す姿勢を作ってリリースすれば、猿腕の人間でも痛い思いをしなくて済むのです。
(それでも、三日間に一度は痛い思いをしていましたが・・・)

 

 

和弓もやってみたいんだけどね・・・

 
競技人口としては洋弓より和弓の方が多いみたいですね。
実際、練習場として開放されているのも和弓の方が多い気がします。
アーチェリーできる!と、インドアを探すと道場っぽいところが多いです。
それでも、出来るだけ嬉しいです。

 

 

実はこんなにつぎ込んだ!アーチェリー道具。

 

 

実はマイボウを持っています(大汗)。

 
基本的なセットを学生時代に購入したのですが、それでも21万かかりました。
そのあと、ポンド(重り)を買い足したりしていたので、40万近くは道具に費やしています。

 
矢は・・・アルミ製を使っていました。

 
初心者の初心者ですね。

 
上級者はカーボン製を使っています。
カーボンの方が軽いのでよく飛びますが、価格も高いですね。

 

 

そんなにつぎ込んだのにアーチェリーから遠ざかってしまった理由。

 

 

まぁ、学生だったので、本業である学問に戻ったわけです。
アーチェリー練習場にはその時社会人の方もいらしていたので、

 
『社会人になったらまたできるじゃないか』

 
そういう考えも当時はありました。

 

 
まさか、社会人になってから1度しかできないという状況になるとは思わなかったし、
学生時に使用していた練習場が無くなってしまうとは当時、予想がつかなかったんですね。
(まぁ、始めた動機も不純な気持ちが一部ありました。)

 

 

そんな事情で、たまに玄関ドアの開閉抑えになっていたりする洋弓ケースですが、
10年以内には週に1度練習しにいきたいなと考えています。
でも、浮気して、和弓と洋弓同時にやるかも。

 

 

 

そんな人生送りたいな・・・

 

 

 

 







ヘルニアは本当に大変だったよという話

ヘルニアは本当に大変だったよという話。

 

こちらは10年前(2006年頃)の備忘録です。
すでにこの手術方法は無くなっています。
新たな手術法が広まったからです。

 

 

 

でも、家族の中には手術の跡はまだあり、
その手術を行った後、今でも苦しみは残っています。
失敗したわけではないです。
そういう手術方法しか当時なかったから、
そうせざるを得なかった。
そこで回復させなくては家庭を保てなかった。
そういう事情があったのです。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

幸せからの転落。まだ一週間も経っていない。

 

結婚式を行いました。
その前から腰が痛いと家族は言っていましたが、
本人も自分も単純に『腰痛だから湿布はっとく?』
その程度の認識でした。

 

 

ですが、ある朝、ベッドから起き上がれなくなったしまったのです。
理由は『腰が痛い。腰に力をいれると痛くて立てない。』
冗談ではないですが、【にくづきに要と書いて腰とはよく言ったものだ】
そう、感心するほど、ベッドから出てこれなくなっていました。
それが、結婚式から7日目のことでした。

 

 

テーブルにつくのにも、なにかしら手摺が必要となり、
壁やら家具やらに手を置いて体を支えながら歩く状態。

 

 

 

ワンフロアマンションの構造がこの時ほどありがたいと感じたことはなかったです。

 

 

近所の整形外科へ。結果はヘルニア。

 

 

個人的にはまたか・・・という感想。

 

 

実は約1年前、ヘルニアの手術をしていたのです。
そのときは3日間ぐらいの入院。
ヘルニアになった要因としては、
青年期のときに発達した筋肉が年齢と共に減少してきたことではないかということ。

 

 

まぁ、すぐに切ればいいじゃない・・・そんな単純な考えでしたが、
実は神経がでてきたところは簡単に切れる場所ではなかったのです。

 

 

背骨に出るか、内蔵に出るか。

 

よくあるヘルニア手術は背骨側に神経がぴょこっと出てしまいます。
10年前(2006年頃)で一日入院で終わる内容と言われました。
手術時間も30分程度。
飛び出ているところを切るだけだから、
手術の時に開く場所も少ないようです。
※あくまで10年前(2006年頃)に医者から言われたことです。

 

 

ただ、一部の人は、内蔵側に神経がぴょこと出てしまうことがあります。
内臓側・・・どう切開するんですかね・・・
今では、内視鏡手術が発達しましたので、大きな傷も出来なくなりました。
※3年ほど前、テレビでこのニュースを知りました。
長年保存療法を杖をつきながら続けていた方が、手術を受けていました。

 

 

まぁ・・・話の雰囲気から分かりますよね。
家族がかかったヘルニアは内臓に飛び出るタイプでした。

 




 

 

4ヶ月間治療を行いました。

 

その結果、医者からは保存療法を一度は勧められました。
アラサ―で寝たきり。
保存療法なので、いつよくなるかはわかりません。
そんな未来を提出されました。

 

 

4ヶ月間の治療の中身。

 

 

処方されるのは痛み止めロキソニンと、胃薬。
でも、毎日飲んでいるとその痛みどめも効果が薄くなるので、
どうしてもというとき以外、飲んでいなかったようです。
同じ痛みどめでボルタレンに変更したときもありますが、
やはり毎日は飲んでいませんでした。

 

 

もちろん、会社にはいけません。
一度、上司に呼ばれて行った時があります。
もちろん、コルセットをつけてです。
立ち上がり時、座る時に痛むということなので、
通勤電車に乗っても、吊皮につかまることにしていましたが・・・
どうしても立っていられなくなり、
40分の通勤距離で2回、途中下車したそうです。

 

 

治療方法はブロック注射だけ。

 

 

記憶が薄れてきていますので、
ブロック注射の名称を忘れかけています。
神経根ブロック注射、こちらを二種類受けていました。
でも、一過性のようでした。
たしか、2週間に一度の割合で注射をしていました。

 

 

そこで、なにかしら効果が出て、保存療法というステージにうつれるのかと思います。
でも、残念ながら効果を得ることはありませんでした。

 

 

ヘルニアになった家族は、食欲はあります。
足にしびれがあると話していましたが、
アキレス健側だったか、足の甲側だったか・・・忘れてしまいました。
ただ、左側を下にすると眠れる、楽だ・・・そう言っていてのは覚えています。

 

通った病院は二つ。

 

 

ひとつは近所の町医者の整形外科。
もうひとつは会社近くの大学病院。

 

 

ヘルニアになった家族が会社に向かっているところ、
体調が悪化したということで、町医者に電話。
会社近くの大学病院の紹介状を書いてもらったのです。
実は、その大学病院、町医者の出身大学で、
たまたま、整形外科部長が町医者の同期の人間だったという、
なんとも幸運な機会に恵まれたのでした。

 

 

しかし、その外科部長先生が話したのは、
『手術はしたくないんだよね』
診察から帰ってきた家族はそう言われたと泣きそうな顔で話しました。

 

 

手術をしたくない理由。

 

 

今から10年前の2006年では、まだ、内視鏡手術は内臓の手術として行われていましたが、
一般的ではなかったと思います。

 

 

記憶が曖昧になってしまっていて申し訳ないですが、
家族のヘルニアを治すにはPF法(PL法?)を行うしかないと言われました。
その方法は、
健康な背骨をわざわざ破壊し、飛び出しているヘルニア神経を切るということ。
背骨を固定するため、砕けた骨をチタンフレームのボックス二つに入れて、
背骨を固定する。

 

切開するのは腰の筋肉。

 

 

たかだか飛び出た神経ヘルニアをとるために、
健康な腰そのものを破壊する方法でした。

 

 

医者が手術を勧めない理由・・・わかりますよね。
なるべくならば、したくない。
でも、ヘルニアになった家族と自分の気持ちは、
医者の気持ちを100%理解することはできませんでした。



 

 

毎日寝ていて、何もできなくて、気が狂いそうになる。

 

 

ヘルニアになった家族はそういいました。
大学病院の整形外科部長が手術したくない。
そう言われてしまってはどうすることもできません。
自分は家族を連れてもう一度町医者のところに行きました。

 

 

『大学病院の先生が手術したくないと言っているので、○○病院の紹介状を書いてください』
ヘルニアになって4ヶ月経ちました。
出社をしていないヘルニアになった家族の健康保険代は、
会社からは引かれないので、毎月自分の給料から支払っていました。
会社に籍は残しておきました。
家族の勤務先にも迷惑をかけている気持ちもあったと思います。
永遠に続きそうなこのループから抜け出したい気持ちもありました。
自分は町医者にいいました。
セカンドオピニオンを受けたいと。

 

 

町医者はいいました。
『う・・・ん。また神経根ブロック注射から始めなくてはならないかもよ』
『・・・そうですか』
2週間ごとの神経根ブロック注射を4回、
それを2種類。
4ヶ月・・・
『あそこはヘルニア手術で有名だから、3ヶ月は待たないとならないよ』
手術までに3ヶ月・・・
『でも、治してあげたいんです。どうにかなりませんか。3ヶ月待ってでも、手術受けさせたいです。』
町医者との結論はその場では出ませんでした。
処方されるのは湿布とボルタレン。
痛いとき以外は飲まない飲み薬。
家の薬箱はロキソニンとボルタレンがどんどん貯まって行きました。

 

 

町医者が大学病院の整形外科部長に連絡してくれたようで、
ようやく手術が決まりました。

 

 

手術の理由として、
2種類の神経根ブロック注射をそれぞれ4回以上施術しても効果がない。

 

 

手術費80万円をどう支払うか。

 

 

結婚式終わった7日後、ヘルニアを発症しました。
手元には現金がありませんでした。
そして、結婚式が終わり気持ちに余裕が出てから、
掛け捨ての保険等にはいることを検討していたので、
保険に入っていませんでした。
だって・・・
こんなことになるとか想像もできなかったのですから。
インターネットで調べたのか・・・
それとも健康保険から配布される冊子で知ったのか・・・
この手術は高額医療にあてはまるのではないだろうか。
自分はそう考えました。
健康保険事務所に連絡し、相談も兼ねて提出書類を頂きに行きました。

 

 

手続をしに何回か伺い、書類を整えました。
今でいう、出産一時金と同じ仕組みだったのかと思います。
でも、それを会社を通さずに自分が動いて作業していました。
サラリーマンとしての勤務もありましたので、
正直、何を提出したのかは忘れてしまいました。
忙しすぎたからかもしれません。

 

4月末執刀。

 

 

冬から春に季節が移り、ようやく手術日を迎えました。
おかしなことに、腰を固定すれば車は運転できるようです。
それだけ車の座席の品質がよいのだろうか・・・
入院するために車を運転する家族。
助手席に座りながら本当に病気なんだろうか・・・
そんな考えもよぎりました。

 

 

手術前の検査に2日かかったでしょうか。
確か、入院して3日後に手術となりました。
昼間の手術ではありましたが、ほぼ始発で病院にむかったのを覚えています。
この手術が失敗したら、このヒトは車椅子か。
それでも上半身は動くし、パラリンピックもあるし、
何とか支えていけるだろう。
そう考えていました。

 

 

手術には8時間かかりました。
麻酔時間含めると10時間はかかっていました。
疲れてしまったので、待合室で仮眠をとっていた気がします。
麻酔が切れて意識が戻るまでいたのか・・・もう、忘れてしまいました。
ただ、8時間って、大手術なんだ・・・
それを知ったのは1年後のことでした。




1週間ベッドで固定。

 

 

わざわざ背骨を折っての手術。
骨が接合するまでベッドで固定です。
排泄に関しては全てカテーテル等。

 

 

そして、1週間動かないことで、全身の筋肉がどんどん退化していきます。
ベッドから起き上がれるようになって行ったことは、
歩くリハビリでした。
そして、手術から5週間経過したでしょうか。
梅雨前に退院し、自宅療養となりました。

 
退院後、腰が痛いと言うので周辺の筋肉をマッサージしたことがあります。
手術を行った部分の筋肉は手術前と比べ、ぺったりとまったいらになっていました。
ホチキスの跡もなまなましく、
以前のような筋肉は付くのだろうか・・・
そうぼんやり考えました。

 

 

結局、ぺったりとしたままの腰の筋肉が3年間続きました。
10年経った今でも、手術前のような状態には戻っていません。

 

 

しかし、現在は内視鏡手術になったので今はこのようなことはないと思います。
3年前、テレビで見たときは2週間ほどの入院期間だそうです。

 

体に負担がかからない手術がどんなに回復力が早いのか・・・

 

 

 

今となっては当時手術したことが正しいのか、
技術の発展を踏まえ、寝たきりで過ごさせた方がよかったのか・・・
正直わかりません。

 

 

ただ、今でも感謝することが数点あります。

 

 

執刀してくれた大学病院の整形外科部長に感謝を。

 

 

セカンドオピニオンに同意してくれた町医者に感謝を。

 

 

毎日面会時間が19時までというにも関わらず、
18時50分に行き、19時半まで病室にいても見守っていてくれた看護婦の方々に感謝を。

 

 

大変だね・・・と、理解を示してくれた同僚に感謝を。

 

 

いきなり呼び出した勤務先の他部署の部長・・・
頑張ってねと言ってくれたその言葉に感謝を。
最後に、医療の進歩に感謝します。

 

 







ヘルニアは大変だったよという話

ヘルニアは大変だったよという話

 

 

なかなかよく聞く病気のひとつとして、ヘルニアがあります。
告白すると、自分も頸椎ヘルニアのキャリアです。
ただいま共存しています。

 

 

スポンサードリンク




 



 

 

 

ヘルニアが存在しているよということが、わかった話。

 

 

とある資格試験を勉強していました。
資格試験前、自分は休みを取りたかったのです。
追い込み勉強がしたくて。

 

 

でも、会社勤務しているのでそんなに軽く休みがホイホイとれるわけでもなかったのです。
月末の試験と、月末の経理系入力・・・
チームで行っているし、迷惑はかけられない。
でも、同僚は休んでいいよ。
頑張ってきなよと言ってくれている。

 

 

変な責任感を頭の中でぐるぐるかき混ぜながら、
業務を行っていました。

 

業務追い込み2週間。

 

 

2週間前から、休む分の仕事をしておこうと朝9時から夜21時まで入力をしていました。
そのうえ、帰宅後家事を行い、勉強を行い、24時前には就寝。
朝3時に起きて勉強・・・
睡眠時間を削った上、
会社では入力作業。

 

同じ姿勢を続けていたため、
体がおかしくなるのは当たり前でした。

 

 

資格試験3日前。ようやく休みが取れる。
今日から追い込み勉強開始!
でも、気持ち悪くて起きられない。
パソコン見ても気持ち悪い。
本を開いても気持ち悪い。
頭痛薬を飲んでもきかず・・・さらに寝ていても吐き気がする。
手もしびれているのは入力作業のしずぎだろう。
肩こりはひどいけれど・・・
多分疲れが出てしまったのだろう。
あと二日間、徹夜すればどうにかなる。
そう考えた自分は体を休めることにしました。

 

翌日も止まらない気持ち悪さ。

 

 

何かがおかしい。
そう考えた自分は、整形外科にいきました。
市販の湿布薬だと効かないぐらい凝っている肩こりなのだろうと思い、
病院で強めの薬を処方してもらおうという楽観的な感覚でした。

 

 

症状を話し、レントゲン、MRIをとり・・・
『ここがね、ハート形になっているんだ』
ヘルニアと聞いて、一気に青ざめました。

 

 




 

 

まずヘルニアとは何か。

 

 

素人説明ですが、骨の中に神経が通っています。
その神経がなんらかの圧力が加わり、丸い神経の形状が変わってしまいます。
ただそれだけです。
丸かったものが形が変形するイレギュラーなことが発生し、
痛いんです。

 

 

腰と首・・・どちらが手術が大変か。リスクから考える。

 

 

もし、手術をして失敗したとしましょう。

 

 

腰でしたら、下半身に続く神経にダメージが残ります。
最悪、下半身不随で車椅子生活です。
もしかしたら、排泄関係にも支障が残るかもしれません。

 

 

首でしたら・・・腰の応用で考えてみましょう。
首の下には下半身だけではなく、上半身もあります。
そう、最悪、首だけ動かすことができる寝たきりになってしまうかもしれません。

 

 

青ざめた理由は自分の症状が怖かったこと。

まず、前日の症状をおさらいしてみましょう。

 

 

吐き気がする気持ち悪さ
本、パソコンも見れない気持ち悪さ
手がしびれている

 

 

手術をする場所は頸椎でも頭に近い場所だったのです。
そして、こういう場所は手術でも難しいので、
医者が手術をしたがらない場所です。

 

 

 

処置方法は注射。

とにかく症状緩和のため、ブロック注射になります。
2週間に1度、ブロック注射を受けて症状の緩和を目指しました。

 

 

そして一時的にではありますが、ブロック注射でなんとか症状の進行は治まりました。
背中の凝りがひどいため、凝りを取るよう電気を流したりして、
筋肉が動きやすいようにしました。

 

 




 

 

そして共存できているのか。

 

 

なんとか病院にいかないように済んでいます。
一気に悪化したヘルニア症状なので、
どのような時に発生しやすいのか、
自分でもわかるようになったのです。

 

 

疲れを貯めないようにする。
同じ姿勢でパソコンで入力していることも要因なので、
肩周りをこまめに動かしたりして、
作業を行っています。
特に、首回りのすじを伸ばしたりするのも大事です。

 

 

手にしびれを感じてきたら休む。
もうパソコンには触りません。
1時間ぐらい、時間をあけるようにしないと気持ち悪くなるのが目に見えています。

 

 

ヘルニアは再発性の高い病のひとつです。
1年後には治っているという方も中にはいますが、
自分はそうではないですね。
また、手術をうけるにしても手術を受けるまでの間、
どれだけ苦労するかわかっているので、
なるべく共存できる間は共存を選んでいます。

 

 

 

最後に、どうして自分のヘルニアに対して、軽く対応ができたか。

 

 

 

実は、その数年前、家族がヘルニアで大手術をしていました。
次はその話をしますね。

 

 

 







病気になったら大変という話

病気になったら大変という話

 

大規模医療キュレーターwelqがなくなったこともあり、
医療系の記事自体の存在が軽くみられることがなくなったので、
実体験を書いてみようと思う。

 

 

どうして書いてみようかと思ったかは、
自分も10年前、実際に高額医療ということで困ったし、
経済的にも余裕がなかった。
でも、手術を受けさせなくてはならないという事情があった。

 

 

もし、同じような状況に立った人が、
絶望を感じないよう、
ひとつの解決方法として、
何か伝えられるようなことがあったらと思って記述します。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

医療系知識や、方法の情報手段の取得は限られる。

 

自分も当時そうでした。
実際に病気になり、病院に行き、そこで医師から説明を聞きます。
そこで知識を得ます。
現在はセカンドオピニオンも比較的オープンになりましたが、
10年前は言葉が出来あがったばかりという状態でした。

 

 

医師との信頼関係はどこで生まれる?

 

医師は治療を受けたいという患者を拒否することはできません。
なので、医師には選択権はないのです。
でも、患者はどの病院に行くかという初歩の段階で選択することができます。
そのあと、治療を行いつつ、会話をして信頼関係と発展します。
でも、その治療方法において、YESなのかNOなのか・・・
それは医療知識がない一般人には判別がつかないのです。

 

 

こころが純粋なヒト、優しいヒトほど信頼関係にすがる気がする。

 

 

これはあくまで個人の考えです。
医者にも専門があります。
専門外のことを治療してくれと言われてもできません。
でも、純粋なヒトほど、優しいヒトほど・・・
自分の心に抱いた信頼関係にすがってしまうように感じます。

 

 

医者だって経験値でものをいう場合があります。

 

 

あなただけのケースに当てはめているわけではありません。
医者の知識と経験を、医者の頭脳の中で統計をとり、
『あなたは○○という病気かもしれない』
そう言っていることもあるのです。

 

 

実際にYESというのはあなたです。

 

 

自分の病気を治すのも、大事な家族を治すのも、
あなたが決断するのです。
そこには医者に負けずとも劣らない知識が必要となります。

 

 

 

私は、その知識をお手伝いするため、
今回過去の体験を記載していこうと思います。