子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

記事一覧

弓が引きたいなぁという話。和弓の恋愛話は一礼して、キス。

弓が引きたいなぁという話。

 

先日、買ってしまったコミックが和弓の話でした。
脳内は黒メンヘラヒーローに振り回されています。

 

一礼して、キス(1)【電子書籍】[ 加賀やっこ ]
by カエレバ

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

上半身がうずうずします。

 

和弓は未経験ですが、洋弓は約1年ほど経験しています。
腕から背筋部分がばねのようになる、あの感覚が好きですね。
洋弓だから1年続けられたと思いますが、和弓だったら3ヶ月続けられるかなと言ったところです。

 

 

実は猿腕。(※下記、経験1年足らずで10年以上前の話なのでイロイロ間違いがあると思います。)

 

自分、猿腕なので、弦(げん)がぶつかるんですよ。
あ、和弓だと弦(つる)ですかね。
洋弓にはプロテクターが必須なのでつけて弓を引くのですが、それでもあたると痛い。
ちょうど腕の関節と肘に間にぶつかるんですよ。
プロテクターの位置から外れている部分にさ。

 

猿腕でも洋弓が続けられる理由。腕の向きを変える。

 

 

和弓はね、左手で持っていないといけないのですが、洋弓はストリング(?)で手首から落ちないような状態にすることが可能なのです。
・・・なんか表現が悪いな・・・

 
洋弓では弓を持っていないのです。

 
実際に矢を放つとき、親指の付け根で弓を押していました。
アーチェリー選手が矢を放った後の残身時、弓が前に倒れるのは実際は握っていないからなんです。
なので、肘部分を外側に出す姿勢を作ってリリースすれば、猿腕の人間でも痛い思いをしなくて済むのです。
(それでも、三日間に一度は痛い思いをしていましたが・・・)

 

 

和弓もやってみたいんだけどね・・・

 
競技人口としては洋弓より和弓の方が多いみたいですね。
実際、練習場として開放されているのも和弓の方が多い気がします。
アーチェリーできる!と、インドアを探すと道場っぽいところが多いです。
それでも、出来るだけ嬉しいです。

 

 

実はこんなにつぎ込んだ!アーチェリー道具。

 

 

実はマイボウを持っています(大汗)。

 
基本的なセットを学生時代に購入したのですが、それでも21万かかりました。
そのあと、ポンド(重り)を買い足したりしていたので、40万近くは道具に費やしています。

 
矢は・・・アルミ製を使っていました。

 
初心者の初心者ですね。

 
上級者はカーボン製を使っています。
カーボンの方が軽いのでよく飛びますが、価格も高いですね。

 

 

そんなにつぎ込んだのにアーチェリーから遠ざかってしまった理由。

 

 

まぁ、学生だったので、本業である学問に戻ったわけです。
アーチェリー練習場にはその時社会人の方もいらしていたので、

 
『社会人になったらまたできるじゃないか』

 
そういう考えも当時はありました。

 

 
まさか、社会人になってから1度しかできないという状況になるとは思わなかったし、
学生時に使用していた練習場が無くなってしまうとは当時、予想がつかなかったんですね。
(まぁ、始めた動機も不純な気持ちが一部ありました。)

 

 

そんな事情で、たまに玄関ドアの開閉抑えになっていたりする洋弓ケースですが、
10年以内には週に1度練習しにいきたいなと考えています。
でも、浮気して、和弓と洋弓同時にやるかも。

 

 

 

そんな人生送りたいな・・・

 

 

 

 







発達障害の方から教えていただく。

発達障害の方から教えていただく。

 

 

先日、栗原類さんが東洋経済に寄稿された文を読みました。

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

彼はADHD(注意欠陥・多動性障害)とADD(注意欠陥障害)があるそうです。

 

 

 

 

 

読んだら書評を書きます!

 

 

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由【電子書籍】[ 栗原 類 ]
by カエレバ

 

 
漢字だらけだとわかりづらいですよね。

 
日常会話に訳すと、

 
【手先が不器用である、注意力散漫、集中力が低い、記憶力に問題がある】

 
ということだそうです。

 
小学生の通信簿によくでてくるコメントが並びますね。
一気に身近な存在になりますね。

 

 
そう、誰もが経験したことのあるところから一歩踏み出せない。
それが発達障害なのではないかな・・・そう、軽く考えます。

 

 

社会が重く考えるのではなく、軽く考えることが思いやりのある世の中なんだと思う。

 

 

確かに、【一歩踏み出せない】と簡単に言いましたが、
そこには本人の意思はあっても、脳の障害で踏み出せなくなっているのです。
それはきっと発達障害者である本人にとってはとても努力がいることだと思います。

 

 

自分は発達障害かどうかは調べたことがありません。

調べれば本当はあったのかもしれないし、実は後発性の障害が現在進行形であるか、それとも将来発生するかはわかりません。
しかし、広域の言葉で話すと、間接的にではありますが障害のある方とはお付き合いしています。

 
そのヒトにだけ優しくしようという気持ちはなく、自分はどうしたら一緒に楽しめるかを考えます。

 
それがお互いの存在を認める方法ではないかな?と、勝手に思っているからです。

 

 

彼らの中では普通の事でも、コウミアキラが行うことは宇宙人的な何かかもしれない。
だから、いつまでも思考を単純なレベルにすることが必要ではないかなと思っています。

 

 

彼らの存在があるからこそ、自分は傲慢な人間だと気が付くことができる。

 

 

子育てもそうだが、既に成長してしまっているので、当時どのように物を覚えていったのかなんて記憶はしていない。

 
やみくもに子供を怒っても【怒っていることがわからない】人物に対して理解してほしいというのは、自分の感情の押しつけだ。

 
そして、相手のペースに合わせることが出来ないのは自分がコミュニケーション不足なんだと考える様にしている。

 
せっかちな人間だ、許容範囲が少ない人間だと後悔する。

 

 

障害のあるヒトの方が健常者(すみません、他に言葉が見つかりませんでした)に比べ、努力の幅と成長の幅がとても大きい。

 
自分は本当に頭が上がらない。

 
だから、毎回教えてもらう。

 
努力することの素晴らしさを。

 

 

 

そして、自分が努力できていないことに対して、毎回後悔し、自分はダメ人間なんだとレッテルを貼り続ける。

 







サイト作りを考える。基本の5つ+1つ。

サイト作りを考える。基本の5つ+1つ。

 

そういえば、A8の初心者セミナを受講した時の記事を書いておくのを忘れていたことを思い出したので、今から書きます。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

どうして今更書きだすのかと言う事。

 

 

実はですね、自分の中でサイトの運営方針が大きな枠では決まっているものの、
実際に記事を書くとなると手が止まる。
そして好きなことはかけるけれどそれは実際のところ、収益ページというところに繋がらないんですね。
それではどうにもならないわけで。

 

 

 

今、サイトリサーチを行いながら、現在迷走運営しているサイトたちをどうにかしようと考えているのです。

 

 

初心者セミナーで教わったこと。

 

初心者セミナーとはいえ、期限付きの宿題もあります。
そして、まったくわからない人が参加するべきものではなかったのかな・・・というのがひとつの印象です。
セミナーの説明は理解できました。なんとなく。
でも、実際、手を動かして【どんなサイトを作りたいか】という実践に関しては、
ちょっと知識がない人間に関しては難しい内容だったのではないかと、
3ヶ月以上経た今はそう、感じるのです。

 

期限付宿題に繋がるサイト制作講習はこんな感じ。

 

 

①これから学んでみたいことをサイト軸に考える。
※具体的に書くと、そのあとの内容に繋がる。

 

 

②紹介する商品を10個以上洗い出してみる。

 

 

③②の中で、たくさんの記事が書けそうなものをひとつ選択する。

 

 

④どんな人に向けて商品や情報を書くかを考える。

 

 

⑤①から④を踏まえ、自分のサイトの名前を考えてみる。

 

 

実際、これでは手が進まなかった。

 

 

キーワードとなる単語を選んでも、分野としてざっくりしているし、
これではその商品を自分が選んで収益ページに設置すればいいのかわからなくなります。
だって、脱毛は脱毛で部分なのか、全身なのかもあります。
それと同時にコラーゲン化粧品を選ばなくてはならない。
なんかね、脳内パンク状態で、何から手をつければよいかわからなくなってしまったんです。
期限付き宿題は5ページ以上となっていたし、
ドメイン取得して、サイト作成して、記事書いて・・・
それを慣れていない人間が行うのだからもう、一大事!
サイト作成するのに調べながら作っているものだから、記事作成リサーチにまで進まない。

 

 

 

・・・無料ブログで作れってことっすかね・・・

 

 

そんな腐ったみかん脳になりながら、作りました。
多分、基本は同じなんだとおもう。

 

 

 

疲れてなんか、みせられるようなものでもない状態で提出してしまったので、
担当の方からは塩対応の連絡をもらいました。
自分でも、これ・・・どうしよう・・・
そんなサイトです。
そのあと、5個ほどサイトの基本設定を行ったので、さすがにどうやってサイト設定すればよいのかがわかってきました。
(でも、相変わらず、目次設定とかが分かっていないですけれどね。)

今、新たにサイトを作ろう、もうしくはサイトを整理しようと考えている方は、
このような形でサイトを作った方がよいかと思います。
(注※2017年1月に思った事なので、後日、また、こんな方法がよくなったと書くかもしれません。)

 

 

 

必ず書くこと

 

 

 

・サイトコンセプト(※上で言うと①と③)

 

 

・ターゲット(※上で言うと④)

 

 

・ターゲットに伝えたいこと

 

 

・キーワード(※上で言うと②)

 

 

・記事タイトル

 

 

・サイトタイトル(※上で言うと⑤)

 

 

キーワードは必要なのか・・・
自分はキーワードをタイトルに入れてしまっている人間です。
でも、記事にキーワードを入れておけば、サイトタイトルには入れなくてもいいのではないかとも考えます。

 

 

検索命ならば入れておく方法が良い気もしますが、
長く愛されるサイトにしたいのならば、印象に残るキャッチフレーズを取り入れたサイトの方が、リピーターが増える気もします。

 

 

自分のサイトがいつか大規模サイトになったら、タイトル変更させてもいいかな・・・思ってみたりもします。

 

 

 

 

 







今更ながらきゅんきゅんする話。

今更ながらきゅんきゅんする話。

 

 

タイトルから言って『バカでしょ?』と感じてしまう内容です。
えぇ・・・書いている人間も色ボケでは?と、頭の片隅で思っているのですから。

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

人間、たまにはときめかなくてはダメだ。

 

実際問題、簡単にときめくなんてできない。
目の前の男に一瞬で恋に落ちるなんてできない。
だから自分はもっぱら2Dに逃げ込みます。
経験上、どんなタイプの男に落ちるのかが分かっているので、本当に手っ取り早いです。

 

自分で書き始めていてなんだけど、どこに向かわせればいいんだ、このタイトル。

 

実は、書き直し3回目。
(エンドが決まらないから書き直し。・・・なんだろ、どの話題に変えてもどんどん内容が黒くなっていくんですが・・・)

 

 

えっと、要はどんな手法で脳内アドレナリンを噴出すればよいのか。
手っ取り早い手段として自分は小説だったり、コミック、アニメに求めることが多い。
小説だと、文字表現から妄想する時『?』ということもあるが、それはそれで楽しむ。

 
英文も、日本の古文もだけどさ、訳す人の表現によって、読みやすかったり読みにくかったりするよね。
一時期、訳者の名前で本を選別しているときもあった気がする。

 

 

最近はもっぱらコミックでアドレナリン出しています。
本当はね、小説読みたいんだけど止まらなくなるんだよね。

 
寝食忘れて読みたい。
本を読みながらいつの間にか寝てしまうのが一番の幸せだよね。

 

 

本も読んでいますよ?

 

 
本も読んでいますが、どちらかというとちょこっと専門に近いような本が多かったり、メンタル面で変えようとしている本が多かったりします。
何も気にすることなく、一日1冊ラノベ読んでいた学生時代が懐かしいっす。

 

 

昔より今の方が本を読むと楽しい気がする。
ブログやSNSでこの本読んで、ここが好きだった・・・と、感想が言えるじゃないですか。
その感想に共感をもって繋がっていくコミュニティも多分できていますよね?
昔はこの本読んでいいのだろうか・・・こんな感想持っていいのだろうか・・・
そんな不安感を持った時もある。

 

 

今はそれを個性としてコミュニティづくりに役立つ要因でもあるかもしれないが、やはり、その考えがNGならば、公開処刑という魔女裁判的な悲劇に落ちるのだろうか。
となると、やはり本音と建て前は別次元として分割しておかなくてはならないのだろうな。

 

 
いつから本音と建て前を分割できるようになったのだろう。
純粋とは離れていく精神。
これが大人ってことなのだろうか。

 

 

 

でも、大人に成りきれないから、自分はたまにコミックにきゅんきゅんを求めるんだろうなぁ・・・