久々のブログ更新。
カエテンシリーズの最新テーマ【 カエテングラフ kaetenGraph 】の先行販売が始まりました。
今回はこのブログのテーマでもあるカエテンと、JIN、自分が挫折したAFFINGERのマニュアルについて書きました。

 

スポンサードリンク




 

 

【 カエテングラフ kaetenGraph 】は有料テーマだよ

 

このブログサイトのテーマは【KAETENJOY-WP】です。
2018年7月23日のクロネさんのツイッターアンケート調査をみて、うわ・・・KAETENいないじゃんということにしっかり気が付いたことをまずご報告。

 

逆を言えば、ライバルがいないということで、テンプレートの真新しさがあるのではないかとも思ってしまう今日この頃。
そんな想いもありますが、新しくWPテーマ【 カエテングラフ kaetenGraph 】が発売されましたので、まずはご連絡します。

 

 

 

【 カエテングラフ kaetenGraph 】の販売元と運営統括責任者はひで蔵さん

 

販売元:office hidezo
運営統括責任者:坂井英晃(ひで蔵)

 

このブログサイト、モバイルからの閲覧が約43%です。
これはもう、半数と言ってもよいのかな?

 

【 カエテングラフ kaetenGraph 】は最近ではほぼ当たり前のレスポンシブwebデザインに対応していますので、どの端末から見ても、同じデザインで見ることが出来ます。
まぁ、デザインの良し悪しはサイト管理者の技量によります。

 

>>カエテングラフの素敵デザインはこちらをクリック<<

 

(※心のツブヤキ)
自分は技量もないし、このブログサイトを作った時から、
『何を書いていこう』⇒『あぁ、毎日ブログ投稿するうえで事件が起こるから、事件簿でいいや』
と、こんな短絡的な考えで作ってしまったので、カスタマイズ愛があまりないというか・・・
だいたい、このブログサイトで何をしたいのかが未だにわからず、低飛行的な意識のままであります。

 

あ、ちがう、ちがう。
今は、【 カエテングラフ kaetenGraph 】のセールスですね。

 

【 カエテングラフ kaetenGraph 】先行販売中。終了は2018年7月24日(火)23時59分です。

 

現在先行販売が行われているので、最安値と言えば最安値の8,000円台
1万円以下のお値段で、1,000円札は戻ってきます。
まぁ、有料ワードプレステーマ、【 カエテングラフ kaetenGraph 】を購入しても、立ち飲み居酒屋で千ベロ1回はできるというやつです。

 

2018年7月20日(金)12時00分 先行価格で販売開始
2018年7月24日(火)23時59分 先行価格の終了
2018年7月25日(水)0時00分 正規価格に値上げ

 

25日(水)からの金額がいくらになるか不明ですが、【KAETENJOY-WP】は先行販売が9,000円台だった気がする。
そこから13,000円台に値上がり。

 

勝手に予測すると、【 カエテングラフ kaetenGraph 】の方が先行販売時も1,000円ほど安く、記事装飾機能も18種類400個あるので、先行販売が終わったら12,000円台の販売になるのではないかなと。
自分はちょうど、悩みに悩んだ挙句、JINを購入した後、この【 カエテングラフ kaetenGraph 】の販売予告が来まして・・・

(※心のツブヤキ)
げ・・・テンプレ貧乏か!?
と、思いつつも【 カエテングラフ kaetenGraph 】購入してしまいました。
なんらかんら言って、体が慣れてしまったから購入しているという意識も五分五分であります。

【 カエテングラフ kaetenGraph 】の良いところ

 

マニュアル通り設定していけば問題なしと言うところでしょうか。
せっかくなので、自分が使った有料テーマ比較してみましょうか。

 

テーマ乗せ換えで一番マニュアルが良くできているのはJINですね。

 

テーマ自体が短時間で魅せられることに重きを置いているので、【忙しいひとでもここだけ設定して!】というページが出来ています。
これは結構ありがたいです。

 

販売ターゲットが既にブログサイトを持っている方としているのでしょう。
また、初心者においてもテーマ内の設定を最小限にしている着せ替え機能を取り入れ、記事を書くことに集中させるようにしてくれています。

その強い意志の表れが、記事投稿のテキストタグの下にあるバツ印の【集中モード】(笑)
ひつじさんらしいと口元がにやけました。
会社員ブロガーを始め、あまり時間が取れない方にはおすすめな有料テーマだと思います。

 

絶賛放置なAFFINGER。カスタマイズ何それ?美味しいの?

 

AFFINGER・・・ありますが、カスタマイズ挫折しました。
あのね・・マニュアルみてもよくわからない。
あれは初心者向きじゃない。
だって、マニュアルに記載されている文字をコピペしてググってググってググって・・・

 

最終的に何をしたくてこのテーマ購入したんだろうになったんですね。

 

購入した理由がありました。

  • 記事に吹き出し機能を付けたい
  • コンテンツスライダーを付けたい

 

で、購入して設定にもぞもぞしてたら、【KAETENJOY-WP】のアップデート連絡が来て、内容見たら吹き出し機能付いてるの!

 

一気にやる気なくしてカスタマイズ放置ですが、AFFINGERのテーマの力が強いんでしょうね。
内部リンクのSEO対策設定空欄にも拘わらず、アドセンスで一番稼いでくれています。

 

そのキーワード選定した本気記事3記事ぐらいなのに・・・毎月100円は稼いでくれている。
(※早く記事含めて全体の設計をやり直したい・・・)

 

AFFINGER並みの内部リンクのSEO対策設定。全てがマニュアル【 カエテングラフ kaetenGraph 】

 

AFFINGER並みにカスタマイズ時間がかかりますが、マニュアルがしっかり作られているので心配なく設定できるのがカエテンシリーズ。
とはいえ、前作のノウハウを【 カエテングラフ kaetenGraph 】が引き継いでいるので、新しいテーマにも拘わらず、マニュアルの充実が強くなっているというだけとは思います。

 

このテーマ【KAETENJOY-WP】にはダッシュボードにCTAページしかありませんが、【 カエテングラフ kaetenGraph 】には、トップページコンテンツ、ランディングコンテンツも今回は設定されています。
とはいえ、自分も良くはわかっていないので、CTAページ共々、身に着けるまではまだ数か月かかりますが・・・

 

カエテンシリーズはランキング機能がないです。
※ショートコードを組み合わせればできるのですが、自分はあまり興味がないというか時間がないから探すのも億劫。

 

だから、どちらかというと特化ペラサイト増産型にはよいテーマなのかもしれません。
自分もペラサイトだけで売れたことがあります。

 

 

  • ひとつひとつ徹底的なカスタマイズができるので、凝り性の方にはおすすめ。

 

ページ単位でCSS設定、head設定ができるので、ひとつひとつ設定してけば確実に上位になります。
新規で作ったサイト・・・記事タイトルは全く関係ない言葉だらけでしたが、各記事に設定してある内部SEO対策のキーワード設定で1位にさせられました。

 

まぁ・・・そのあと、テーマをJINに変更させてしまいましたが・・・

 

サムネイルの上にカテゴリーを載せたいという理由だけでテンプレートを変えた。
2日間以上CSSとググり作業して、いらんところ触ってサーバーまで落としたから・・・もう自力で作るの諦めたの。

 

あ・・・朝ごはん作る時間が来たから、ちょっとこの辺りでまとめでもよい?

 

【 カエテングラフ kaetenGraph 】の最大のデメリット。

 

マニュアルはしっかり書いてあります。

 

レンタルサーバー「 ロリポップ 」は次の理由で一部のテーマ機能が利用できません。

 

とはいえ、ロリポップのファイヤーウォールを切ればいいだけなのです。
ロリポップサーバーNG記述の下の方にこのような文字があります。

 

WAF ( ウェブアプリケーションファイアウォール ) の設定を 無効 にすれば入力可能にできます。

 

実は、このブログドメインが突っ込んであるサーバー、ロリポなんだよね。
でも、それなりに出来ているでしょ?
苦手なCSSに触らないような記事を作って行けば、大きな問題はないのです。

 

ちなみに、mixhostのサーバーにあるドメインのブログサイトは色んなことやらかしてサーバーごと落とすこともやりますが・・・

 

ロリポップサーバーで反映されないところ、その対処法も記載ページがありますので、そちらを確認しながら作業をすればなにも問題はありません。

 

カスタマイズ好き、ワードプレスの仕組みを徹底的に独学したいなら【 カエテングラフ kaetenGraph 】

 

一言でいうと、こうかな。
無料テーマよりは設定があるからコピペ作業だけで見栄えのある記事はできる。
でも、JINのように全て設定されているわけではないから、時間はかかる。

 

でもね、自分の思い通りに設定ができると、記事投稿以外の部分でも愛着が出てくるんですよ。
だから、売り上げが無くても続けていられるというか・・・
人間の心理とはそんなもんです。