『血のバレンタイン』という文字が躍っているんだけどさ・・・

自分の頭の中にはどうしても東芝ではなく、コロニー破壊しか浮かばなくてね。

 

 

 

 

ついつい、記事を書いているひとの世代はどんな世代なんだろうと思ってしまった。

 

 

スポンサードリンク



 

 

ん?日経ビジネスの元編集委員をしていたフリージャーナリスト?

 

 

50代の方が書いていた。
血のバレンタインという表現のものは映画があるんですね。

 

なんかさ・・・ざっくりみたところ、スプラッタだね、これ。

ほかにもギャング抗争の歴史もあるんですね・・・

 

 

 

・・・東芝の生き残りをかけた事業部切り売りはうまくいくのだろうか・・・
まさに世界を股にかけた切り売り作戦だが・・・