嫁ペナルティ(Yペナ)を発動してしまった方々に・・・

 

 

 

心ここにあらずで無意識で嫁ペナルティ(Yペナ)を発動してしまった方々・・・
2017年週末はなんと連休である。
この時になんとか嫁ペナルティ(Yペナ)を解除するべく行動計画を立てよう!
スポンサードリンク



 

 

嫁ペナルティ(Yペナ)とは?

 

オクサマスターツール 夫婦関係最適化ソフトhttp://okusamastartool.com/

 

このサイトに詳しく書いてありますが、簡単に引用抜粋してしまうと、

“無意識(意識)的に嫁を怒らせてしまった”

これに限ります。
今週は3月14日というホワイトデーイベントがありました。
しっかり返礼しましたか?
もう、愛情はすっかりなくても食事等は作ってもらっているはずです。
(食事も作ってもらっていなかったら、Yペナ末期ですので素直に出された書類に押印する覚悟を常に持つことです。)
それにもかかわらず、残業という言葉を使って手ぶらで帰ってくるという人間は、週末Yペナ解除の為計画を発動した方がよいかと思います。
リビングデッドになっているorベッド内で自宅警護している状況ではありません。

 

 

 

①早急にプレゼントを行う事。

 

 

 

まだ14日中に気が付いているのならば、24時間開いているコンビニに行き、なんでもいいからスイーツを購入しましょう。
100円のプリンでも問題ありません。
帰宅した時点で購入したことが演出されればYペナは短期に解除可能です。
『仕事していて買おうとしたら店が閉まってしまっていた。これしかなかった。』
そんな言い訳もなんとか可能です。
ちなみに、都内勤務である場合、たいてい昼ごはんは外出します。
飲むものを買いに行くのもコンビニのケースが多いです。
社内でも同僚が女性陣へ返礼をしています。
正直【気付かなかった】【忘れていた】では済まされません
ただし、アマゾンに依頼して翌日配送になってしまったはまだ、言い訳のひとつとして嫁ペナルティ(Yペナ)解除の可能性を秘めています。

 

 

 

 

②週末、食事に誘う。

 

 

 

子育て世代はもちろんの事、週末は疲れます。
土日どこかの1食は外食をしたいです。
レストランに行くのが大変ということでしたら、宅配ピザでもよいと思います。
何しろYペナ解除が目的です。
嫁の家事を少しでも減らすことが一番の目的です。

 

 

 

③嫁の自由時間を作る。

 

 

 

喫茶店でのんびりしてきていいよなど、家事から嫁を離しましょう。
キレイ好きな嫁ならば、掃除代行を頼んでもいいでしょう。
掃除代行の腕が悪くても嫁は深くは怒らないと思います。
『次はもっとよい掃除代行頼むようにするよ』
と、言い、謝れば良いのです。
嫁は自分の為にお金を投資してくれたこと、プロに頼んでくれたことに意義を感じることがあります。

 

 

 

Yペナが重くなる可能性がある危険をはらむのは掃除。

 

 

 

よく、Yペナ解除のために掃除をするという話があります。
しかし、この掃除は実は諸刃の剣です。
いつもは時間がないから短時間で掃除していたところを、しっかり掃除してきれいにしたいという嫁の欲求が満たされないことが多いのです。
そう、いつもの掃除ならば正直やってもらわなくていいのです。
それ以上の掃除を求められるのです。
そして、それ以上の掃除を行った時、Yペナが解除されるかと思いきや、このようなことが発生することもあるのです。
『厭味ったらしく掃除して・・・いつもの掃除の仕方が汚いとでもいう訳?』

 

 

 

これは火に油を注ぐケースです。

 

 

 

結論。嫁ペナルティ(Yペナ)を解除するための方法。

 

 

 

①早急にプレゼントを行う事。
②週末、食事に誘う。
③嫁の自由時間を作る。

 

 

 

以上。
嫁ペナルティ(Yペナ)を解除の健闘を祈ります。