師匠師弟関係って、アフェリ業界多い気がする。

 

 

気のせいかもしれないけれど、アフェリ業界の成功者の間では師匠師弟関係が多く成り立っている気がする。

 

 

スポンサードリンク



 

 

そしてwinwinの関係が成り立つようになっている。

 

 

師弟となったものは、師匠の話を忠実に再現していく。

 
そこまで指導できる師匠のサポート力も強い。

 
そして師弟も脇道にそれず作業していく力がある。

 

 

師弟は短期で収益化できることが可能である。

 

 

ただし、サポート力としては、文章の書き方だったり、見栄えだったり、ノウハウ以外にも結構時間をかけて育てているパターンが多い気がする。

 

 

手法は無数存在する。自分の方式に実行しやすい作業方法をする師匠に出会えるのが一番の近道。

 

 

一人一人作業時間も異なるし、師匠と同じスペックの師弟がいるというわけではない。

 
年齢も異なるし、世代も異なるし、経験値も異なる。

 
ある人はAを説明してBもCも理解できて実行する能力があったとしても、こっちの人はAすら理解ができない人もいる。

 

 

師匠として活動する人は、Aの説明を3歳児でもわかる言葉に直すと、一気に初心者からの弟子は増えていくと思われる。

 
でも、大抵の師匠クラスの人は、そこまでの説明は行わない。

 
なので、師弟として生き残り成功を収める人間は1年近くアフェリエイト活動を行い、共通言語がなんとなくわかるか、その場でどんどんわからない共通言語から質問ができる人間でないと成功しないのではないかと思う。

 

 

最終的に言いたいのは、記事を書くということも大事だが、実際のところ、一定の知識を保有した上での記事書きが必要なのだということなんです。
師匠師弟関係を結ぶ前にね。

 

 

赤ん坊がハイハイするのを見守ってくれるようなそんな師匠はいないということをよく踏まえて、教えを乞うことが大事です。