過去ブログをどうやって活用するのか考える

 

 

今、どうやって過去ブログを活用するのか考えている。
当時のブログは正直今よりもカスだと思うが、10年後、振り返れば、今書いているブログもカスを言えると思う。

 

 

スポンサードリンク



 

 

さて、どうしようかと悩む。

修正いれることは必須。

 

 

それは分かりきっている。
でもさ、当時のブログもそれなりにかわいいのであり、そのままにしておくのもひとつの方法なのである。
せっかくだから、現在から過去を振り返りコメントすることでもよいのではないかと思う。

 

 

それが読まれるのか、読まれないのかが微妙。

 

 

投稿日付も含め、どこを軸にするのかも微妙だよね。
元記事の内容もしっちゃかめっちゃかだしさ。
今、みても笑える。

 

 

笑える理由の一つとして、10年前からアフェリエイトは毎日更新を義務としていた。

 

 

毎日更新の記事数や期間に関しては当時の自分はよくわかっていない。
後半になると目的が異なってきているし・・・
まぁ、それはそれでいいのかなと思うんだけどね。

 

 

読まれるのか読まれないのかという点。

 

 

ブログ内の後半投稿記事は読まれている記事なので、全体的に修正すればよいかと思う。
前半は・・・読まれなくてもよいと自分の中では割り切る点もある。
では、なぜ読まれないと思われる記事を投稿するのか・・・
実際に読まれるのか読まれないのかが謎だし、ブログ公開当時は読まれていた記事でもある。

 

 
なんか、コメントもついていたしね。
10年前はあまりブログ書いているひとも少なかったから、それなりに希少生物のひとつだったんだろうね。

 

 

 

そして、そのころ、URLをのせてくれている方で更新されているのが1/3という状態(笑)
流行り廃りのある商売ということが分かるよね。