3連休は何も自分のことはできなかったよという話。

 

結局、いつもの通りですが、自分のことは何もできませんでした。

既に羨ましい通り越して、自分の存在はなんだろうと涙が出そうですね。

 

 

スポンサードリンク



 

自分優先にするなら方法や手段はある。

 

自分のだけの時間を過ごそうと強行手段を使えばそれは可能かと思います。

でも、それを使うと家族との絆は薄くなります。

頼られている期待に応えるのも務めです。

 

だから家族でいられるのです。

 

頼られなくなったらそれで家族は終わりなような気がします。

 

何を連休中にしていたかの備忘録

 

1日目・・・家具の建物間異動。翌日の買い物準備。

2日目・・・墓参り。

3日目・・・買い物。

 

移動中に携帯で記事書けるでしょう?

 

その考えはとてもまともです。

でも、現在、動画好きのちびに移動中携帯をとられてしまっていたのでできず。

その間、本を読めばいいだろうと自分も思いましたが、一緒に動画を見ろと強要されます。

 

そういうことを予見していたので、その日は朝1時から起きて作業。

ママは眠いと話し、ちびに昼寝を逆強要させてなんとかかわします。

 

 

いかに子供を昼寝させるかが問題。

 

 

主婦ならば、日々子供といるのでこどものペースもつかめます。

ですが、保育園にいれていると正直それが乱れます。

こどもは親といられるということでアドレナリンが暴走します。

それはたいてい甘えにつながり、できることもできなくなったり、反抗したり、おどけたり、ちびが自分の魅力を精一杯アピールしてきます。

 

 

その姿はとてつもなく必死で、他人と話すことすらバツと言って禁止させます。

 

自己顕示欲の塊です。

 

それはとても楽しいし、かまってあげたいのもやまやまです。

でも、睡眠時間が11時間は取らせないと体の成長もだけれど、脳も成長しないので寝かせないとだし、こちらも作業する時間を作らないとどうにもならないし・・・

 

 

それに応えきれない自分がとても無力だと思うし、日々反省です。

まだ、後悔できる時間があるだけ、早く気が付けたと思えばよいのでしょうか・・・

 

 

人生、いろいろ残念なことが多すぎます。