9月20日に安室奈美恵さんが引退宣言をしました。

 

25年間パフォーマンスをしてきたという報道でした。
凄いな・・・と思ったのですが、あれ?
一般の人は引退=定年まで働くとしたら43年。
25年って結構短いな・・・

 

スポンサードリンク



 

43年分働いて築けるものを25年働いて築いたと考えてみる。

 

一般の人が1年で働いて稼ぐものを単純に計算すると、彼女は1.72倍働いて稼いでいたからこそ、引退できるだけの資産を確保できたと仮に考えよう。
芸能人だし、もっと資産は一般の人よりも数倍上だろう。
だから、最低でも1.72倍は働いたということになる。

 

自分も1.72倍、働けばどうにかなるのだろうか・・・

 

印税という考え。毎年がっぽがっぽ一定金額は入る。

 

CDシングル以外で計算することにする。
CDアルバムが14枚
CDベストアルバムが6枚
カラオケやテレビ報道においての楽曲使用料・・・
勝手な想像だが、年間1000万円は余裕で入ってくるのではないだろうか。

 

本当に、隠居生活を送っても。
これってすごいよね。
反対に、テレビで報道されると使用料としてまた印税が入ってくるのだから・・・

 

これって、Gの波に揺れて絶対帝国が作れないアフィリエイターよりもいい商売だよね。
なんてふと思ってしまったのだが・・・
一定収入が不労所得で見込めるものって何だろう。

 

変動があまりない不労所得について考える。

 

①不動産賃貸。

 

でも、今はこの土台も揺らぎつつあるよね。
建設時に安く仕上げたり、メンテナンスのことを考えないで建てると、30年後に立て直しが必要になる。
常時満室ならば儲けが出てくるのが建設後、10年以降だったりするので、微妙線を感じる。
貸しビルに関しても、これに同じ。

 

②太陽光発電

 

これは天気との向きあいだから、晴天率がよいところで行えばよい。
ただし、結構反射する光でご近所トラブルが多い。
また、わざわざ山を開墾して建てると、治水減少というもあり、土砂崩れを起こして太陽光パネルの破損が考えられる。
でも、安いパネルではなく、一定の費用をかけた太陽光パネルならば・・・
収益分岐については遅くなるかもしれないがうまく行くのではなかろうか。

 

③株式投資

 

売らないで保持するという選択肢でも、結構な初期投資金額を作らないとそうそう、年間1000万円の不労所得は生まれない。
そう考えてしまうのですが・・・
こまめに売買を繰り返して手玉を増やしてから、不労所得とするのがいいのだろうか?
どちらにしても、初期からほったらかしという訳にはいかない気がする。

 

他にもあるだろうが・・・

 

放置しておいても結局、株のように売るとか買うという行動は起こさないといけない。

 

印税とはそのようなものが発生していない。
25年かけて積み重ねた将来への収入。
自分も今から行うとすると、引退の25年後には65歳。

 

・・・羨ましいという話ではなく、ごく普通の引退時期。
でも、そこまでに何を積み重ねるかで、羨ましいと思われる不労所得を生み出せるか出来るかもしれない。

 

よし!
頑張るぞ!

 

追伸①

 

引退という期限を決めて作業するということが、自分の力をいつまでに向上させなくてはという気力にもつながる。
これって大事だと思う。
シングルマザーとしても子供が小さい時には平日にはコンサートしない等、自分ルールを作って徹底していたらしい。
それでも、ずっとトップを守っている根性。
尊敬します。