100万文字修正チャレンジを行ってみる。

 

 

先日、興味深いつぶやきがありました。
100万文字ぶっこみチャレンジ日誌という内容でした。

 
あぁ・・・こういう方法があったか・・・

 
チャレンジしてみようかと思い、実現できるか考えてみました。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

実現は可能だと思う。

 

 

現在、記事修正を行っている。
だいたいの記事が当初の投稿で300文字前後。

 
ヤバイと思って、追記しても1000文字は超えていない記事がほとんど。

 
写真も一緒に投稿しているからいいやという甘い考えもあったので、1000文字以下運営です。

 
だからこそ、収益に結びつかないのですね。
(サイトの中に2000文字規模の内容記事が1/3占めていればもう少しなんとかなりそうですが。)

 

 

 

記事修正・・・楽しみがない。

 

 

 

既に投稿されている記事ですし、こまめにサチコとかみれば良いのかもしれませんが、自分はサチコの見方がよく分からなくて放置しています。

 
本来ならば、サチコで読まれている記事を確認して、そこに紐づいて記事を増やしていけばよいのかもしれません。

 
サチコの見方がよくわからないし、そこに時間を費やすよりも、どんどん記事を書いていこうという方を先行しています。

 
どうせ、記事を投稿したあとの情報がサチコには出てくるので、記事をどんどん投稿しないと、サチコもサーチしてくれません。

 
10000文字サイトを常に投稿しているのでしたら、何かしらの文字が検索されますが、ほぼ単一ワードに近い記事ばかりなので、根本的に検索アウトです。

 

 

 

だいたいひとつの記事に対して、文字数をいくつ追加すればよいのか?

 

 

 

記事数を分母とすれば、だいたい1000文字以内です。
このサイトだと、500文字を各記事に追加していけば、目標クリアに近づきます。
ただし、50記事未満のサイトになると、1記事に3000文字投稿しなくてはならなくなり、修正作業という内容から離れますね。

 
それならば、新しい記事を投稿したほうがよさそうです。

 

 

 

修正にはこだわらず作業を行うか?

 

 

 

新規投稿記事をこの100万文字チャレンジに行ってみるかということです。
悩みますね・・・
でも、修正作業をやる気にさせるベクトルが欲しいので、ひとつき運営してみてから結論を出してみようかな?

 
それと、文字数稼ぐ為に修正作業を行うのはいいのだけれど、120記事以上投稿してあるサイトから作業しないと意味がない可能性がある。
その辺り、よく考えて作業しよう。