カテゴリー:自己紹介的なものの記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

カテゴリー:自己紹介的なもの

お賽銭下さい!予想外!欠陥住宅裁判、マジで早く終わる!?

自分の欠陥住宅裁判・・・
だんだん裁判官の方針がわかってきたところ。

 

本当に早期解決させようとしているんだ・・・と、いうところで、自分もさらに知識をつけていかなくてはヤバイのです。
さらに、自分に都合の良い結果が出たとしても、メデタシメデタシとならないのが普通の裁判との違い。
家を直さなくては住む事が出来ないという事実です。

 

家を直すための資金を早急に集めなくてはならないのも1つの条件ですが、その前に、まずは裁判を終わらせなくてはなりませんね。
ということで・・・
暫くまた、読書週間が始まります。

 

スポンサーリンク




 

今、自分が持っている本を再度読み直す。

 

現在、持っている欠陥住宅関連の本はこの2冊。
どちらも弁護士対象の本です。

created by Rinker
¥3,240 (2018/10/15 05:36:18時点 Amazon調べ-詳細)

どちらもそれなりの役に立っています。
※役に立ったところ

  • 証拠物件に取扱説明書・施工説明書も可
  • 瑕疵一覧表の書き方

 

ただ、この2冊だけでは下記のことが足らないのです。
あくまでも弁護士の実務の流れを書いているものですから。

 

  • 建築施工の常識部分
  • 過去の欠陥住宅凡例

 

裁判というものは過去の判例を覆すのが難しいものです。
逆に、過去の判例に当てはめて自分の主張が正しいと立証できればよいのです。

 

そんなもの弁護士がやればいいじゃないか・・・と思われる方もいらっしゃるかと思います。
他の業務も抱えている弁護士が、自分の物件だけのめり込んで作業してくれると思います?
それなりの作業はしてくれると思いますが、弁護士はやはりある程度の了見の範囲内での作業となります。
よって、自分で調べたものを弁護士の口から発してもらうことが、裁判官にとっても良い印象を与えるのです。
弁護士が調べたものにのっかっる手法の方もいらっしゃっるでしょうが、裁判官に問い詰められるとボロが出てきます。
弁護士はあくまでも代理人という立場であることを忘れてはいけないということなのです。

 

お賽銭ください!欠陥住宅本を購入したいです。

 

さくっと金額も表示させておきますが、欠陥住宅関連の本、5000円台です。
読むにも頭が痛いですが、買うのも頭が痛いです。
実際、図書館で借りると言う手もあるのですが・・・
国会図書館も都立図書館も館内での閲覧しか認めません。
仕事休みたくても有給が正直なところもうわずかしかないんですね・・・。
(弁護士との打合せで結構消えてる・・・)
国会図書館の本も一部はデジタル化してあるのですが、結局館内にての閲覧。
ケンブリッジ大学のホーキング博士の論文みたいに誰でもアクセスできる環境にはなっていないのです。

 

地元の図書館には置いていないので、現在、県立図書館から取り寄せを検討しています。
でも、予約いれてから手元に届くまで3週間以上かかると言われています。
直接借りに行くには新幹線乗車券が必要という距離。
最終的にはそれも必要な手段ではあると考えています。
(実際、大学時代、必要な図書があって借りに行って自炊した経験がある。)

 

相変わらずから回っているけど、ちょっと背中を押してあげるよという方!
ちょっとでいいのでご協力お願いします!

 
図々しくも作りました。
>>欲しいものリスト>>

 

購入検討中の本はこちら。

※中古本含め、安い金額で購入予定。

 

  • 建築訴訟 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ)
>>判例と裁判官が組み立てる理論の解明のため。裁判官を納得させる理論を作りたい。

  • 建築設計・施工 クレーム対応マニュアル
>>建築施工方法はほぼマニュアルがないのが現実です。内装においては特にです。常識的範囲を頭に入れておきたい。

  • 改訂 欠陥住宅紛争解決のための建築知識
created by Rinker
¥4,629 (2018/10/15 05:36:20時点 Amazon調べ-詳細)
>>一定の知識はあると自分は思っていますが、それが机上の空論なのか、実務レベルなのか不明です。よって、学びが必要だと感じています。

  • 建築紛争ハンドブック
>>実はALC構法についての紛争例が欲しいのです。施工マニュアルはネットで探し当てたのですが、判例が欲しい。

 

図書館で貸出可能な本で、読まないといけない本。

 

  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第1集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第2集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第3集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第4集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第5集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第6集〉
  • 消費者のための欠陥住宅判例〈第7集〉
  • 建築紛争解決とADR (日弁連ADRセンター双書)
  • 建築紛争から学ぶ設計実務: 負けない設計者になるために
  • 建築紛争判例ハンドブック
  • 弁護士泣かせの建築紛争解決法 (研修叢書)

 

自分の小遣いで買えるなら買って読もうと思っている本。

nbsp;

他の本の中身と内容が重なりそうなので、必要なのか悩む内容です。

 

  • 建築紛争の基礎知識
  • 判例で学ぶ 建築トラブル完全対策
  • ここが知りたい 建築紛争 ―建築士と弁護士が事例で読み解く実務
  • 建築関係紛争の法律相談 (新 青林法律相談)
  • 建築紛争に強くなる!建築基準法の読み解き方―実践する弁護士の視点から
  • 建築請負・建築瑕疵の法律実務―建築紛争解決の手引

 

・・・全部購入すると、将来、欠陥住宅スペシャリストになりそうです(苦笑)
ご予算20万円規模・・・そこまでしたら弁護士つける意味があるのか?と言われそうですね。
つけないとダメだからつけているのです(笑)
そして、専門書過ぎて処分するのが大変な可能性が高い・・・
弁護士ならばいいですけどね・・・更新料が高いから、弁護士だけにはなりたくないと思ってしまいますが。
多分、自分の瑕疵に不必要な内容も記載されていると思いますので、ピックアップして読みすすめていきたいですね。
(多分、無理だと思いますが・・・)

 

極力図書館で借りてきますが、11月誕生日なのでプレゼントもらえたら嬉しいです!

 







何かわからない物質という理由で紹介状が3回でた話

何かわからない物質という理由で紹介状が3回でた話。

 

 

3年ほど前のことです。
これはヘルニアよりも軽く読める事例かと思います。
あくまで個人体験の回想なので、
参考程度にしてください。
 

スポンサードリンク



 



 

 

 

家族の手首に何かが起こったこと。

 

 

本人曰く『ぶちっと音がしたあと、どんどん膨らんだ。』
手首の外側というのでしょうか、延長すると小指がある手の側面に、
ぷにぷにする物体が現れました。
そのうち、押すと軽く痛みが発症するようになりました。

 

 

近所の町医者でみてもらう。

 

 

レントゲンをとっても、MRIをとっても、
骨には異常がない。
でも、膨らんだ中身が何かはわからない。
とりあえず冷やしましょうということで、
処方されたのは湿布のみ。

 

 

毎日湿布を貼る⇒皮膚が炎症を起こしだす。

 

 

結局、毎日手って使いますよね。
冷やしても毎日使うからあまり効果がなくなってきたんです。

 
そのうち、同じところに湿布をはるので、
皮膚が赤くなってきました。

 

 

再度病院へ。

 

 

近所も町医者行きます。
手首は専門外ということもあり、総合病院への紹介状をいただきます。
どうやら、単純に膨らんだ中の液体を注射器でとるわけにはいかないようです。

 

 

紹介状をもらって総合病院へ。

 

 

ここで見てもらいますが・・・
『この病院の方が手首の専門の先生がいる』
そう言って、○○病院の紹介状をいただくことになります。

 

 

紹介状をもらって○○病院へ。

 

 

こちらとしてはたかが手首・・・そう考えていたのですが、
実は手首には多くの神経があるようです。
まぁ、そうですよね。
冷たい熱いも手で判断しますし、滑らかか、ざらざらかも手で判断です。
神経がどこを通っているのか、
細かな神経がここにあるのか。

それは専門ではないとわからないようなのですね。

 

 

 

『うち(○○病院)では手術ができないので・・・』
○○病院で終わりかと思ったら、再び紹介状が手渡される。
いやさ・・・どこかのテレビ番組であるじゃん。
『この食べ物を探せ!』的な番組。
手術の設備がある病院にもかかわらず、手術ができない理由。

 
【痛みを発している膨らんだものの正体がわからない】

 
・・・聞いている自分もわかりません。

 







 

 

紹介状の先はがんセンター。

 

 

正体がわからないとがんセンターになるようです。
陽性なのか陰性なのかも開いてみないと分かりません。

 
ということで、手首に正体がわからない【物体】を仕込んだ家族と自分は、がんセンターに行くことになりました。

 

 

今までのレントゲンやらMRIやらの検査結果資料をみて、
触診する医者。

 
『痛いの?』

 
どうしてそうなったかの説明をしても反応がどちらかというと薄い医者。

 

 

 

結果的に手術をすることになるのですが・・・

手術前日あれこれ。

 

 

今回の手術は4泊5日の入院。
手術前の検査入院に1日。
手術日で1日。

 
術後経過で3日だったかなぁ・・・ちょっと記憶が曖昧です。

 

 

なぜ3年前の記憶なのにあやふやかというと・・・
手術前に衝撃的なことがありすぎたからです。

 

 

 

入院手続き。そして検査。手術。

 

 

実は朝ごはんに冷凍保存していたトンカツを用いて、かつ丼を作りました。

 

 

 

手術前日に検査をするから夕食は食べれないと言っていたのかな?
空腹時間が続くだろうし、肉ならば腹持ちもいいだろうと考え、かつ丼でいいや・・・と、短絡的な考えをしました。

 

 
まぁ、これも要因の一旦を背負う形とはなったと思います。

 

 

 

送迎は友人にしてもらうと話をしていたので、自分は手術日だけの立ち会いにしました。

 

 
手術日当日、朝9時ぐらいからと言われていたので、8時には現地に到着していた気がします。
ほぼ始発に近い状態で電車にのり、病院につきました。

 

 

この時には医療保険に入っていたので、病院のベッド代程度のお金は戻ってくるようにしていました。
個室代金もあまり高くはなかったため、個室にしてくれと言われ、4人部屋ではなく個室にしたのを覚えています。

 
個室とは言っても、部屋だけで、トイレとかは共同という部屋でした。
だから個室代が安かったのですね。

 

 

 

まだ全身麻酔を受けていない家族と話しをしたのですが・・・

 

 

『危うく手術延期になるところだったよ』

 

 

 

・・・何を言っているのだこいつ・・・
こちらとしては有給休暇をとっている上、保険に入っているとはいえ、手術代金とかお金がまたかかるのかと思うと、瞬間湯沸かし器のように頭が真っ白になりました。

 

 

手術延期になりそうになった理由

 

 

 

どうやら友人に送ってもらうとは言っていましたが、手術を受ける家族は病院入院手続きギリギリに病院に到着したそうです。

 
走って病院に到着し、そのまま呼吸が落ち着いた状態で手術前検査を受けることに・・・

 

 

 
血圧を測ったら250あり、

 
『これでは手術できませんね』

 
と、あっさり言われたそうです。

 

 
時間を置いて再度血圧を測ってもらい、血圧が下がったので手術が受けられるようになりました。
あとは肝臓の数値が高かったらしいので、これも手術を受けるのに不利な要因ということで指摘をうけたそうです。

 

 

 

 

手術は無事成功。

 

 

 

時間としては4時間ほどでしたでしょうか。
手術は無事に成功しました。

 

 
家族と言う事で、ホルマリンに漬けられた病理体というのでしょうか、手首を膨らませていたものを執刀医が見せてくれました。

 

 
ヒトコトで言うと、鳥軟骨が瓶に入っていました。

 

 
白・・・かったですね。

 
脂身のぷよぷよという感じではなかったです。
歯触りが感じられそうな硬さを感じました。

 

 

 

今でも、このとき医者にひとこと話して携帯で写真撮っておけばよかったかな・・・と思っています。

 

 

 

 

セカンドオピニオンは大事。

 

 

 

 

たかだか手首に発生した鳥軟骨ごときに病院を4箇所もタライマワシにされ、
挙句の果てに全速力で走って入院手続きしたために、血圧250をたたき出した家族。

 

 

 

 

 

今でこそ笑い話となりますが、振り回される側としては溜息しかでない話です。

 

 

 

 







枝毛がひどくなってきた。どうする?切る?抜く?

枝毛がひどくなってきた。どうする?切る?抜く?

 
どうやらストレスを抱えると枝毛が増える性質のようです。

 
まぁ・・・最近は地中探検しそうなほど深いストレスに対しては、年齢から『白髪』という、特段目立つものになってきています。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

枝毛の先っぽを切る?切る位置は枝毛の部分だけ?

 

枝毛を発見したら切りますか?
学生のころ、休み時間に友達の髪に枝毛があったので、数人でハサミをもち、ちょきちょきしていたのを思い出しました。
(なんてことして休み時間を過ごしていたんだ・・・)

 
でもね、枝毛になるってことは、それなりに髪の毛自体が健康ではないんだよね。

 
たまにね、セルフカットするとその先っぽが白くなったりして・・・
なんだこれ?
毛先が丸くなるというか・・・

 

 

 

それもやっぱり、眺めているとイレギュラーな髪の毛という感覚に囚われ、またカットする。

 
カットしてもカットしてもなんだか先っぽが白い丸になる。

 
いったい何センチカットすればよいんだ?って悩んでくる。

 

 

 

 

 

抜いたらきれいな髪が生えてくるんじゃないか・・・
そう、思うようになってくる。

 

 

白髪もイレギュラーな髪な気がする。

 
白髪も違和感溢れる髪の毛だよね。
男性でいっぱい白髪があると、年齢が高いような気がするしさ。

 

 

たまに、髪が真っ白で60代だけど、肌つやはまだ光を反射しそうな一定の脂があるタイプの男性を見かけたことがある。

 
多分、30代後半か40代ぐらいなのかな・・・
ちょっと驚くよね。

 
そこまでいくと、白髪を抜いてはいけない気がするし、髪を染めないのですか?と聞きたくなる。

 

 

 

髪を染める判断って、どこからなんだろうね。

 

 

1/10?白くなったら?
でも、真っ黒の髪だと、1本でも目立つから染めたいぐらい。
だからついつい白髪を抜いてしまうんだな・・・

 

 

髪の毛は抜いたら生えてこない?

 

 

よく、髪の毛は抜いたら生えてこないという話を聞くのですが、本当なのですかね?

 

 

実は生えてこなくなるようです。

 

 
毛根が傷付いてしまうらしいですね。

 

 

 

 
毛が生えてこないようにするためには、かなりの回数を抜かなくてはならないらしいので、
ちょっとやそっとのストレス性脱毛ではないようです。

 

 

さすがに禿るまで髪の毛を抜くのは自分でも気が付きますしね。

 
途中でヤバイかも・・・と、思い始めますよね。

 

 

 

 

ということで、そろそろ髪の毛の毛先にに枝毛が目立ってきたので、髪をカットしにいくかなぁ・・・
(時間がまたなくなる・・・シクシク)
 

 

 







コウミアキラのアフェリエイト事件簿(休日編)

コウミアキラのアフェリエイト事件簿(休日編)

 

平日はほぼ作業ができていない。
ならば、休日に作業を集中させているのかという話になりますよね?
ところがどっこい。
正直それほどでもないんですね。
増えても2時間程度かな・・・

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

時系列はこんなかんじ

 

 

4:25~6:30

だいたいこの時間帯に起床。デスクトップPCに電源を入れて記事投稿を行う。
アドセンスを見てがっかりするのもこの時間。

 

 

6:30~7:00

風呂に入る。髪質が渇きにくいタイプなので、夜、風呂に入ると風邪をひく可能性が高いため。
たいてい湯船に浸かりながら携帯でつぶやいているか画像編集している。
(それでも日々風邪を引いているのは謎)
気分転換をするためにはいるという感じ。

 

 

7:00~8:00

朝ごはんを作っておく。

 

 

8:00~8:30

そろそろ子供を起こす。起こさないといつまでも寝ている。
朝ごはんを食べさす。なぜか膝に座りたがる。

 

 

8:30~12:00

食器を洗い、洗濯物を干す。
子供と公園に繰り出す。

 

 

12:00~13:00

昼食時間。
『パパとママの分も作るね』
子供に食育としてサンドイッチを作らせるも、自分の分が完成するとそのまま食べてしまう。
慌ててパパとママの分を作り、子供が食べ終わる前に食事を整える。

 

 

13:00~15:00

買い物に出かける。洗濯物を取り込む。
子供は保育園では寝る時間にも関わらず、寝ようとしない。

 

 

15:00~18:30

子供の昼寝添い寝。本を読んでも30分は起きている。
そろそろ寝なさいと小言をいい、なんとか寝かせる。

一緒に寝てしまわなければ、この時間が唯一の作業時間。

 

 

18:30~19:30

夕飯の支度をする。
子供を昼寝から起こし風呂に入れる。
昼間買ったバスボールに興奮し、とても騒がしい。

 

 

19:30~20:30

夕飯を食べる。
相変わらずフォークの握り方がグー握りで注意するが、子供に叩かれる。

 

 

20:30~21:00

子供テレビタイム。
親はワンセグでテレビをみるという悲しい事態が毎日起こる。
記事投稿を行う。

 

 

21:00~22:30

歯みがきをこどもに施し、寝かしつける。
そして、そのまま寝ることが多いが、起きていたら携帯で記事書き。

 

 

基本、子供の面倒を見ています。

 

自分の時間もですが、アフェリの時間もないですね。
相方がみるのはほとんどないので、ストレスも溜まりますね。