2017年04月の記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

月別:2017年04月

今更ですが行ってみる。website explorerを使う。

今更ですが行ってみる。website explorerを使う。

 

 

記事を書くことがいいことだと確かに書いていますが・・・
少しはそれなりに勉強します。
すでに地底探検でそろそろ海溝が見えてきそうなほどの深度になりそうなので、それなりに勉強しようと思うわけです。

今回はwebsite explorerを使ってみました。
まずは他人のサイトから調べることを行いました。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

 

website explorerの存在を知った訳を書いてみる。

naifix.comの記事でヒトデ祭りさんのサイトを裸にする企画で知りました。

 

 

 

初めてみた当時はふーん・・・という印象しかなく、何を言っているのかもわからない状態でした。
これ、アフェリエイター初期のあるあるですかね?

 

 

 

このwebsite explorerはリンク切れサイトを発見できるということから、自分で作ったサイトにおいて、リンク切れ発見ツールとして使用されているみたいです。
その辺りの知識がないので、自分はnaifixさんの記事で知ることができました。
でもこれ、自分のサイトではリンク切れチェック用として使用できますが、他の方のサイトだと、サイトの構成をすべて表示してくれる素晴らしいサイトなんですね。
いってみれば、ライバルサイトがどのASP会社を使って商売をしているのかがわかるということです。

 

 

seoチェキでも調べられるが・・・

 

 

ライバルサイトのサイトボリュームとか、いつから作られたのかとか、seoチェキでも分かりますが、website explorerの方がいつ頃記事をたくさん投稿しているのか等わかるので、ライバルサイトの研究や、次に自分がどんなサイトを作ろうとしているのか調べる時に役に立ちますね。

 

 

教える人間が正しいのか正しくないのかが判明する。

 

 

結論としては、

 
『(ブルータス)お前もか!』

 
結局ね、正しい情報を言っているように聞こえても、結局、蓋を開ければ異なることが多いんですよね。
だってさ、新しいサイトが出来ると、自分の収入は減るじゃないですか。

 

 

それに、その言葉の裏付けってなんですかね?

 

 

商売している上で成功したと言う数値だけなんじゃないですかね?
実際に現ナマ見せてもらったわけでもないし、全ての言葉を信用してはいけないと今回も感じた結論です。

 

 







作業出来ない週末・・・アクセスも伸びず。

作業出来ない週末・・・アクセスも伸びず。

 

 

まぁ、思った通り、今週末も全然アクセスは伸びず。
もう、仕方ないね。
今、一時的にping送信や、ランキングサイトのアクセスを行っていないのだから。
きっと、再開した時には圏外に飛んでいると思われる。

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

 

そんなところでさ。

 

 

恐ろしい記事を見てしまったわけだ。
埼玉県内で人並みの生活を送るのに、月収50万円必要なんだとさ。
これ、結構信憑性あるよね・・・と、思ったら、疑問点が多すぎて本当は60万円ないと暮らせないにも関わらず、無理繰50万円に納めたような気がする。

 

 

アンケート調査したところは、埼玉県労働組合連合会がメインみたい。
埼玉県労働組合連合会の組合員を中心に2016年1月に3000人にアンケート調査を依頼。
有効回答率約20%を得るのに597人の協力を得たのだが、時間は3ヶ月かかったそうだ。

 

 

回答者の7割以上が持つものを必需品として認識する。

 

 

例えば、車とか食洗機、ルンバとかのロボット掃除機ですかね。
597人中417人が持っていれば現在の世の中では持っているのが当たり前ということなんでしょうね。
それらがないと普通の生活が営めていないものという定義にもなるんですね。
自分が平均以下の生活をしているのかどうか・・・
比較しやすいですね。

 

 

そんな普通の生活を埼玉県で営むためには平均賃金として月収50万円必要。

 

 

年代別に分かれていますが、これだけ必要らしいです。
いずれも夫は正社員、妻はパート社員、子どもは二人、車はない。
そこまでは納得がいくのだが・・・
モデルケースを見てみると、頭に中にクエスチョンマークが飛び交うという状態。

 

 

“ 【30代夫婦で小学生と幼稚園児】
さいたま市郊外で月5万5千円の賃貸住宅(2LDK、約43平米)で暮らす1カ月の生活費は
▽食費約10万8千円▽交通・通信費約3万8千円▽教育費約2万7千円などの計約43万円となった。”

 

 

“ 【40代で中学生と小学生】
30代より食費と教育費がそれぞれ約1万円増える一方、教養娯楽費は約1万3千円減るなどした結果、
額面の月収は約54万円(年収約647万円)が必要。
平均の485万円との差は少し縮まる。”

 

 

“【50代で大学生と高校生】
東京の私大に通わせる前提で
▽教育費が40代よりも約9万円多い約13万円
▽交通・通信費も同1万1千円多い約5万円と大きく増える。
教養娯楽費を30代より1万7千円余り少ない約2万8千円に抑えるが、全体の支出は約58万円で、
税などを加えた額面は約68万円(年収約821万円)と、平均の545万円を276万円上回る。”

 

 

主な支出 30代 40代 50代
食費 10万8192円 12万1468円 12万5462円
住居費 5万7292円 6万2500円 6万4583円
交通費・通信費 3万8210円 3万8747円 4万9752円
教育 2万6986円 3万7486円 12万8724円
教養娯楽 4万5663円 3万2429円 2万8193円
その他 15万3914円 16万1354円 18万7940円
総計 43万257円 45万3984円 58万4654円
必要年収(税含) 599万円 647万円 821万円
平均賃金 411万円 485万円 545万円

 

 

その他という項目を入れてみた。

 

 

総計金額と食費、住居費、交通費・通信費、教育、教養娯楽を足した金額とどうしても差があるような気がしたので、【その他】という項目を設置。

 

 

“たとえば洗濯機は約6万円のものを国税庁の決まりをもとに耐用年数を6年として割り算し、
月額を836円とするなどして、家具・家事用品の月額負担は1万8356円と積算した。”

こんな文言が履いてある割に、家具・家事用品項目は抜けていたり・・・なんかあべこべ。

それにね、子どもの幼稚園送迎に車がないということは自転車か徒歩ということ。
さいたま市郊外で車がないということも驚きなのだが・・

 
郊外の駅前の賃貸住宅に住んでいるのか?

 

 

食費10万も日常的に外食しているような数値だし、実際にはそんな金額にはいかないと思うが。

 

 

個人的に参考になるのは住居費、交通費・通信費、教養娯楽。

 

 

発表された数値よりも、我が家が低く保てていればその分貯金できるという目安ですね、きっと。
埼玉県とはいえ、ベッドタウン化しているので、東京で住むと言う場合でも、これらの数値は目安になりますね。
これらの数値以下ならば、東京でも暮らしていける自信に変わると思います。

ところで、節約するというと、正直そこをどうやって少ない出費で多くの経験を子どもにさせるかですね。

 
多分、教育という項目には幼稚園代が含まれていないと思われるので、毎月少ない金額でコスパが良いものを子どもに経験させるのが必要ですね。
教育に2万7千円・・・子供二人だから、1人分のおけいことして1万3千円・・・簡単に計算しても習い事を2つ行っている計算ですね。

 

 

 

幼稚園代はその他に入っているのか?

 

 

50代になると、教育に12万円となっているのだから、これは学費ではなさそうです。
となるを、その他の中に学費関係は含まれているような気がします。

 
ヲイヲイ・・・その他、どんだけブラックボックスなんだ・・・

 

 

 

ある程度、不利になる点は臭いものには蓋方式で詳細はかなり抜けている気がします。

 
最低で50万円・・・そう考えなくては夫婦+子供二人の生活はできないのが現在の世の中なんですね。

 

 







ランキングねぇ・・・ランキング・・・

ランキングねぇ・・・ランキング・・・

 

 

アフェリエイト=ステマという感じでニュースが出ていますが・・・
まぁ、そうだよね。
と、自分は納得せざるをえない。
だってASPって、法人化する時会社概要は広告業だよね。

 

 
さすがに『ライター』とは書かないよね。

 

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

 

1位2位3位のランキングは各サイトにより異なるよね。

 

 

 

ランキングはそれぞれのサイトによって売りたいものが異なるから、比較されていなかったりする。

 

 
自分の売りたいものを店頭に並べるのは店舗も同じ。
だってさ、同じセブンでも、店長の判断で、水4列並べにするとかあるじゃない。

 

 
他の店舗だと水2列お茶2列だったりするのにさ。
水4列並びに店は品ぞろえ悪いと買い物客から思われるけれど、バックヤードの在庫置き場のスペースが少なかったら、4列並べでも売れるんだからいいという判断にもなるでしょ。

 

 

 

自分はランキングサイトに手を出していない。

 

 

 

自分はランキングサイト作ってないから言えるんだけどさ、紹介する方もその商品に魅力がないと紹介しないわけで。
今回は単価が魅力だから商売根性剥きだしでサイト作っているんでしょうな。

ランキングサイト、作ろうと思ったんだけど、自分が扱いたい商品は密林にしかなかったし、口コミみても【すぐ壊れる】とか書いてあると自分も喜んで買いたいとは思えなかった。

 

 
1位とか順位つけずに『ここがおススメ』という表現に変えていく方向になるんだろうか、今後は。
押しが弱いと思われたら☆みっつとか、ビジュアルに走るしかないんだろうね。

 

 

 

回りの反応を見て思ったのが、みんなランキングサイト作っているんだねということ。

 

 

 
ランキングサイトを作っていない自分が、商売っ気がないというかなんというか・・・

 

 

 

 
だから、稼げないんだろうねという自分のヘタレ具合に深海に沈んだ。

 

 

 







どうにもならないと思いつつ、毎日投稿はしている。

どうにもならないと思いつつ、毎日投稿はしている。

 

 

1500記事投稿を目指して今、ひとつのサイトに注力させているのですが・・・
なかなかうまく行かない。

 
その理由はわかっている。

 
導入がブログという点。

 
確かにブログに寄った記事だと読み手は増える。

 

 
でも、追及したいところは収益を求めるサイトという土台。
収益を求めるような記事を投稿すると、途端に読み手はいなくなる。
それがここ2週間で気が付いたこと。

 

 

スポンサードリンク



 



 

 

 

 

仕方ないで終わるのか、なるほどで終わるのか。

 

 

結局、どうやったら読みやすいかとか、どうやったら収益化するかとか・・・
相変わらず手探りだし、どこに答えがあるのかわからないまま。

でもね、2週間手をつけていないサイトが読まれていたりすると、何か良いことをかいたんだと思ったりする。

 
いや、多分、もしかしたらそこはあまり関係ないのかもしれない。

 

 

自分は凡人という点。

 

 

仮設ですが、ようやく、Gから認識されるようなサイトになったんだと思われる。

 
6ヶ月経つと認識されるような話をどこかで目にした気がする。
今、記事投稿しているのはドメインとって7ヶ月目のところ。
ようやく・・・と言ったところか。

 

 
Gも七五三かとふと思った。

 

 

 

七五三とはよく言ったものだと思う。

 

 

幼子の成長を祝う七五三。

 
自分の人生をなぞらえるとだいだい、七五三の時に気持ちに迷いが生まれる。

 

気が付いたのは仕事を辞めたくなる気分になるのがだいたい七五三。

 

 

三ヶ月ぐらい経って、忙しすぎて辞めたくなる。
五ヶ月ぐらい経って、仕事が単調になって辞めたくなる。
七ヶ月ぐらい経って、自分にはこの仕事が合っていないと辞めたくなる。

 

 

 

これが最短だと、三日で会社への足取りが重くなったりする。
まぁ、ある意味三日坊主だ。

 

 

 

この七五三時期に訪れる心の葛藤を乗り切れば、なんとか続けることができるのではないかと思う。

 

 

 

現在七ヶ月となったサイトたち。

 

 

 

とりあえず、なんとか七ヶ月だから、歯を食いしばって努力をしよう。
ここを過ぎたら・・・次は三年になるのか?
いや、それは長いな・・・

 

 
十二ヶ月という一年目を節目とするか?
なんとか頑張り続けてやる。