koumi_akiraが投稿した記事一覧

子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

投稿者:koumi_akira

てっぺさんのブログにふるさと納税記事を寄稿したよ!

koumi_akiraが投稿した記事|子育てしながらアフェリエイト事件簿

ふるさと納税記事を寄稿したにもかかわらず、話の導入部分が全く関係ない【占い】の話になりますが・・・
なんかね、今年は過去の努力したことに結果が出るらしいです。

 

created by Rinker
¥2,160 (2019/01/23 07:41:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

努力・・・っていうか3年前に、欠陥住宅になったが為、金を稼がなくてはならず。
そんな理由でアフィリエイトを始めた自分にとっては、何が【努力】なのかがよくわからないのですが・・・

 

えぇ・・・
欠陥住宅になった起因理由からして正直腹立たしいものであり、今までの生きてきた人生の中で一番の汚点そのものですね。
大学受験落ちたことよりも苦痛極まりない汚点。

 

その直近汚点人生にも結果が出ると言うので。
今年は何事もチャレンジして行こうと思ったわけです。
(参考になるようでならない、ふるさと納税記事寄稿の理由。)

スポンサーリンク




 

ふるさと納税記事。確かに、今までの努力の結果も?!

 

ふるさと納税については8年近く行っているので、確かに今までの努力の結果、てっぺさんに記事を寄稿できるような体験ができていたのだな・・・と、今、書きながら思いました。
まぁ・・・肉はね。
誰もが頼むよね。

 

でもさ、実は8年間連続であちらこちらの牡蠣をふるさと納税で食べているとかさ・・・
そして受取りミス冒して返礼品が出荷先に戻っちゃうとかさ・・・
そんな経験までしているのは自分ぐらいかな・・・と思って書いてみました。

 

自分の手持ちブログで牡蠣パしている写真とか投稿してしまっているから、牡蠣写真提供はヤバイとか思っていましたが・・・
実は他のふるさと納税の返礼品の方が上位にあって、このワード書けないじゃんというのもありました。
(※日ごろのチェック不足がここに露呈する。本当に稼ぐ気があるのだろうかという謎。)

 

もっとリサーチしてリンク貼れば、いいのでは?
そんな反省も今回勉強になりました。
(※実行するかどうかは不明ですけどね。)

 

スポンサーリンク




 

ふるさと納税記事。結局納品まで何時間かけたの?

 

実は、書いてみたいと伝えた時、自宅にはいなくてですね・・・
ほぼ山の中にいました。

 

ふるさと納税寄稿マニュアルはいただいていました。

  • 寄稿記事金額明示
  • 文字数の目安
  • 寄稿記事掲載先
  • ふるさと納税仕組みは不要
  • 可能ならば画像
  • ふるさと納税返礼品を選んだ視点

ふるさと納税の説明は書かなくていいよ~っていう。
なので、実質2000円とかは書かずに・・・でも、他の投稿者の記事は全くみないで初回下書きは書きました。

 

ふるさと納税の仕組みはコチラのイラスト付きで描いてあるので、参考にしてくださいねw
>>>てっぺさんの【てっぺのマネーハック】「ふるさと納税」超入門>>>

 

初回下書きは、記事投稿作業しますとてっぺさんに伝えた日に投稿。
その間に他の方からの寄稿記事が投稿されていて、ちょっと方向転換するかとリライト1回。
なんかまだ違うな・・・と、リライト2回。
実際記事になっているのはリライト2回目の投稿をてっぺさんに内容確認してもらったものです。
(※本当にご迷惑をおかけしました。)

 

>>>【寄稿記事】【ふるさと納税】安心リピートできた自治体チョイス!2018年は豚肉の宮崎県木城町!>>>

 

どうしてこんな面倒な方法を取ったかというと、他の方の記事を読んでから書くと、その方のリライト記事になってしまうのを恐れたからです。

 

アキラ
アキラ
だってさ、肉も米も王道だしさ・・・牡蠣って大人でも好き嫌いあるし、ましてや生ものだから受取困るのナンバーワンだし!
アキラ
アキラ
そんな牡蠣をわざわざ書いたのは、【宛先住所別でも受け取れるよ】【備考欄フル活用すること】を言いたかった・・・

 

アキラ
アキラ
備考欄フル活用すれば、野菜や果物の配送受け取りもうまくいきます。これ、正解!

 

頼んでいるジャンルは重なるのは仕方ないし、サイト強化にも同じジャンルのふるさと納税記事の方が多分上位になるはずです。
寄稿をして代価はいただくという同意の上の口頭契約ですが、個人的にはそこに付加価値を追加して恩返しが出来ればという気持ちがありました。

 

  • 自分のチャレンジを受け入れていただいたこと。
  • 本業+ワンオペ子育て故の外出不能。

 

最終的に、9000文字以上書いていました。
一般的な感覚からいうと、時間がもったいないという人もいるかもしれません。
でも、寄稿する責任もありますし、読んでなにかヒントをもらえるような記事にしたいという希望はありました。
若干余分なことを書いていたので一部修正も発生しました。
(※つい、余分なことを書いてしまう癖が・・・余分なものは別記事として投稿するということをした方が良いですね。)
偶然にも自分の言いたいことは残っていたのでまぁ、よかったよかったというところです。

 

元記事作成 3時間
リライト① 3時間
リライト② 2時間

 

こんな感じでしょうか?
リライト②の時間が短縮した理由は2記事書いてあったので、そこでどうしても言いたいことが整理できていたからですね。

 

スポンサーリンク




 

ふるさと納税記事。実はけっこうな諸刃の剣。

 

てっぺさんは収入も公開しているので、今年ふるさと納税でもらったものを全部公開しても問題はないのではと思います。
お金に関するブログですからね。

 

でも、節約をベースにしているブログに、今年のふるさと納税返礼品を全部公開すると・・・年収がほぼばれてしまいます。
マックスまで頼んでいたとしても、ブログに載せるのは平均年収の半分程度の1~2万程度にしておいた方がよいかと思います。

 

ふるさと納税を出来る世代って決まっていますし、女性の参入が少ないのは少額寄付でどれだけの返礼品がもらえるかを知らないことも要因のひとつではないかとも思います。
読者ターゲットを絞り、そこからニーズがある返礼品をチョイスして記事にする。

 

ふるさと納税記事が増えてくると、そんな戦略もたてなくてはならないかもしれませんね。

 

ということで、ふるさと納税の寄稿。
これにて終了!
てっぺさん!ふるさと納税寄稿に参加させて頂き、ありがとうございました。

 

※追記※
これも実は複数回リライトしていたりするかも・・ね?!

 







11step発売開始!SEOに頼らず今の10倍以上のアフィリエイト報酬を叩き出す

さて、【11step】について、もう少し詳しくお話ししていきますね。

 

「Googleアップデートの影響で報酬が下がってしまった・・・」

 

「SEOの変動を受けて、サイトの順位が下がり、収入が不安定になってしまった・・・」

 

「どれだけ収益が上がっても、いつまでも安心できない。」

 

「月の報酬が100万円を超えても、200万円を超えても全く安心できないし。」

等々・・・

 

SEOアフィリエイトをしている方ですと、このような不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?

 

SEOを実践されている方なら、重々ご承知かと思いますが、今はまさにSEO激動の時代であり、良い影響を受けている人もいますが、必ずしもそうではないという状況があります。

 

このような状況を受けて、今あなたが実行しているサイトアフィリエイトなどのビジネスにプラスアルファで10倍以上の収益を上げてもらい、新たな収入の柱を作ってもらおうと、

 

「11step」

 

という教材が開発されたそうです。
しかも、ステップメールの決定版ともいえる教材にもかかわらず、あり得ない金額で・・・

 

11stepの詳細ページはこちら>>>

 

スポンサーリンク




 

「11step」で伝えている手法を説明するよ!

 

この「11step」で伝えている手法は、「ステップメール」というものです。
(※ステップメールとは、セットしておいたメールが時間の経過とともに自動的に読者さんに配信される仕組みです。)

 

ステップメールと聞いて、

 

もしかすると、サイトアフィリエイターの多くは、自分には関係ないと思っているかもしれませんが、今あなたが所有しているサイトをそのまま活用してステップメールで収益を倍増させられるとしたらどうですか?
それも、そこまでの労力をかけずにです。

 

というのも、ステップメールは、

 

アフィリエイター、自社教材・サービスをもっているなど関係なしに、ビジネス・副業・恋愛・投資・美容・健康・語学・学習・スピリチュアル・自己啓発・趣味・スポーツなどなど、どんなジャンルを手がけている人であっても活用できます。

 

また、ステップメールは一度仕組みを構築してしまえば、自動で報酬を発生することも可能です。

 

しかも、一度仕組みを構築すれば、ほとんどほったらかし状態で月数十万、上手く行けば月数百万円という大きな報酬を得ることも可能なんです!

 

でも、ステップメールってそれだけすごい効果があるんだから、難しいんじゃないか大変じゃないかと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、今回お伝えしている「11step」が特にこだわったのが、

 

再現性が高く、誰にでもステップメールの構築ができる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
というところだそうです。

 

どういうことかというと、

 

この再現性を高め、ステップメールの構築が誰にでもできるように、教材製作者のともさんがある「2つの仕組み」を生み出してくれています。

 

その2つの仕組みとは、

 

質問に答えるだけでステップメールで書く内容の素材が自然と出てくる「シート」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

順番通りに教材の内容に沿って書くだけでステップメールが構築できる11の「型」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この「シート」と「型」という2つの仕組みを使うことで、貴方を悩ませ続ける実りに繋がらない作業時間から解放されるのです。

 

この「シート」と「型」という2つの仕組みだそうです。
そして、具体的にあなたがやることは、「シート」に書かれている質問に答えていくこと、(自然とステップメールで書くことが整理され、書く内容の素材が集まります)

 

そして、

 

素材が集まったらあとは、11の「型」に沿って、メールを書く。

 

この2つだけでいいと、11step製作者のともさんはおっしゃっています。

 

これだけで自然と反応率の高いステップメールを構築できるようになって、様々な商品、商材でも、自動で売上が積み上がっていく仕組みを構築することができるようになるそうですよ。

 

そして、

 

このような「シート」と「型」を活用いただくことで、ステップメールが全くの未経験であっても、限りなくハードルを下げて実践できるようです。

 

そんな、作業量に比べて、圧倒的な成果を出せる、
作業対効果バツグンの「11step」の中身を少しだけ見てみると、

  1. メディア訪問者に自動でセールスをしてくれるステップメールの仕組みとは?
  2. ステップメールがもたらす強力なメリットと小さなデメリットとは?
  3. 通常のメルマガとはまったく異なるステップメールの役目
  4. メールマーケティングのデメリットを解消するステップメールの秘密
  5. 11通のメールで商品購入に促すための超具体的手順
  6. 各メールで必ず伝えておかなければならない重要事項とは?
  7. 1通目にこそ、魂を注がなければならない理由
  8. 商品名や価格を出すのに最適な通数とは?
  9. “濃い読者”を集めるために意識しなければならない大事な考え方
  10. ステップメールを送る前からファン化させてしまうテクニック
  11. 読者が思わず反応してしまうランディングページの王道的な“型”とは?
  12. ランディングページの中でもっとも重視すべき項目
  13. ランディングページでキャッチコピーの次に読まれるある項目とは?
  14. たった11通のメールで読者をファンにさせ、購入へと導く具体的テクニック
  15. メディア、雑学ブログ、アフィリエイトなどあらゆるジャンルで汎用可能な理由
  16. あなた自身を前面に出さなくても高額商品が売れてしまう理由
  17. 「何を書けばいいかわからない」が一瞬で解決するシートの使い方
  18. 書く前に勝負は決まっている!勝つために必要な準備の具体的手順
  19. 成功者がライティングよりも時間を書けている“ある設計”とは?
  20. ステップメールがスラスラ書けるようになるシートのすべて

このようなPDF200ページ以上に及ぶ内容となっているみたいですね。

 

さらに追加で、特典として、3つの内容が含まれています。

 

11stepの詳細ページはこちら>>>

 

11step|【特典1】Mail writing Start-up Bible
(メールライティングスタートアップバイブル)

 

この特典では、メルマガ初心者の「これが分からなくて書けない」という疑問を潰してくれます。

 

例えば、

 

メルマガを書いたことがない方からすると、どんな体裁で書いたらいいのか、どんな内容を入れたら読んでもらえるのか、どんな口調がメルマガに向いているのか、わからないことだらけかと思います。

 

そこで、

 

「メルマガライティングで最も重要な8つの最低限ルール」

 

をはじめ、

 

「スラスラとメルマガを書きだす3つのコツ」

 

といったことや、改行などの細かいテクニックまで。

 

これまでメルマガを書いたことがない人や、始めたばかりの人が、必ず知識として持っておくべき内容がこの特典で説明されています。

 

この特典があれば、

 

ステップメールどころか、メルマガもやったことのない初心者でも作業

11step|【特典2】Benefits Strategy
(爆発的な成約率を上げるための特典戦略)

 

この特典では、

 

特典の重要性からお伝えしていき、
誰でも簡単に特典を作成することができる
具体的なノウハウまで学ぶことができるようになっています。

 

また特典が完成したら終わりではありません。

 

あなたが作成した特典をどのように訴求すれば、
その価値が最大限に伝わるのか。

 

“伝え方”や“伝える最適なタイミング”
まで網羅して学ぶことができる内容となっています。

 

11stepの詳細ページはこちら>>>

 

11step|【特典3】StepMail Design Self Q&A Sheet
(ステップメール設計シート)

 

これは、「11step」のステップメール構築法が、再現性の高い理由の1つとして紹介させていただきました。

 

事前の設計や、素材を集めるためのリサーチは、

 

ステップメールのライティング以上に、
重要になってきます。

 

しかし、

 

いざリサーチを進めようとしても、その進め方自体がわからない時に、

 

あなたがステップメールで訴求すべき強みや、
A,素材を効率的に集めていくため、

 

セルフQAシートを活用します。

 

あとはこのシートに書かれている質問に
答えていくだけで、

 

あなた自身ですら、
今はまだ気づけていない、

 

商品の強み、魅力に気づくことができるようになります。

 

このように、

 

教材だけでも、
ステップメールを完全に理解するために必要なことは
全て網羅されています。

 

11stepの詳細ページはこちら>>>

 







②コメントありがとうございます。Tさま。戦うのは大変です。

欠陥住宅系の本を紹介したページにて、コメントいただきました。
このサイト、ツイッターでいうとほぼ壁打ち状態で書いているので、コメントをいただけるのはかなり嬉しいです。
(そして、コメントなど頂けるとは思っていないものだから、返事が結構遅くなる・・・)
(すみません)

 

こんなコメントいただきました。感謝です。

 

こんにちは!Tちゃんと申します(^ ^)
せっかく夢を抱いて購入したマイホームが欠陥住宅問題に悩まされるとはですね、、、
がんばって戦ってくださいね!

 

Tさんへのお返事。ありがとうございます。

 

頑張ります!
頑張らないと住めないですからね・・・

 

まぁ、一言でいうと、人間は信じちゃいけませんよね。
最近、子どもにも言うのですが、一番怖いのは人間だよといいます。

 

子どもの時分としては、怖いのはおばけという感覚になりますが、おばけって出てくるだけですよね。
何かすると慌てて逃げたり、武器を振り回したりするのは人間が抱く恐怖からですよね。

 

スポンサーリンク




 

家を建てることの恐怖は見えなくなること

 

基本、建物の大事なところ。
柱や建物の基礎部分、屋根・・・
これって、住むときには見えなくなるところなのですね。

 

だから、手抜きをすることも多い。
手抜きどころではなく、工事を行わない人間もいる。

 

理由は簡単ですよね。
見えないところだから、作業しなくてもわからない。
作業しないならば、その分、見積もりに入っていた材料費用を買わなくて済む。
その分、利益が増える。

 

クレームが出たらやり直せばいい

 

一度工事してそれなりに満足度が与えられ、信頼関係を築ければ、工事部分の具合が悪くなった時に連絡がきます。
そのときに前回の手抜き工事がばれないように修正していけばよいのです。

 

『この工事は有償工事になりますね~』

 

そういえば、お金も取れます。
だいたい工事部分の不具合が出てくるのは1年後ですから、保証期間は切れているんですよね。

 

人間は怖い。自分が満足した形になるまで信用するべきではない。

 

人間と言うものは複数のことを抱えながら生きています。
そしてその中で、一番自分が楽な方法をとる方、自分の好きなものを行う方・・・絶対に出てきます。
付き合いが1年にもなると絶対にほころびが出てきます。

 

1年間丁寧に対応できる方は、早々いません。
同性同士だと緊張感を保つことはできますが、異性同士だとどこか緊張感が緩むようですね。
ボロがでます。

 

冗談を言っても、目が笑っていない。
そうですね・・・新垣結衣みたいな冷静沈着な姿を常に心に持っていることが大事だと思いますよ。

 







①コメントありがとうございます。Sさま。え?難しい本?

欠陥住宅系の本を紹介したページにて、コメントいただきました。
このサイト、ツイッターでいうとほぼ壁打ち状態で書いているので、コメントをいただけるのはかなり嬉しいです。
(そして、コメントなど頂けるとは思っていないものだから、返事が結構遅くなる・・・)
(すみません)

 

こんなコメントいただきました。感謝です。

 

コウミさん、こんにちは
Sと申します。今ってかなり図書館でどんな本でも揃うようになりましたよね^^
本屋で買おうと思った本が図書館にあるか調べてみるとあったりして(結構新しい本なのに)でも、コウミさんのように難しい本は読めないですが…応援してます!

 

Sさんへのお返事。ありがとうございます。

 

実は・・・図書館で全部借りれました(苦笑)
1冊も買わなくて済みました。

 

ちなみに難しい本・・・ではありません。
あれはその斜め上を行きまして、睡眠導入本です。
全く夜は読むことができません!

 

お金を使わないで色んな本が読める、図書館についてちょっと紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク




 

東京と関西にある国立国会図書館

 

自分は首都圏に住んでいる人間ですので、絶対に本があるのは東京の国立国会図書館になります。
ここは貸し出しは不可です。
館内のみの閲覧が可能、コピーは有料で司書の手でコピーとなります。
以前、仕事の関係で数か月、国立国会図書館のある国会議事堂駅に通ったことがあります。

国立国会図書館のHP>>>

開放的な3階強の吹き抜けエントランスがあり、叫んだらどんな反響音がするんだろうとワクワクするような空間が出迎えてくれます。

(叫んだら、一発で警備員から注意を受けるはずですから、行わないでくださいね。)

 

入館できるのは18歳以上という制限がある図書館。

 

入館するのにカードを作ります。

もちろん身分証明書が必要です。

  • 個人番号カード(マイナンバーカード)※表面のみ。個人番号が記載された裏面は送付しないでください。
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 学生証
  • 住民票の写し(3カ月以内に発行されたもの。ただし、個人番号が記載されているものはご利用いただけません。)
  • その他、公的機関が発行する手帳及びそれに準ずるもの

 

まぁ、よく知られている一般的なものですね。

ちなみに18歳未満は入館できません。

これは想像ですが、R18指定の本も保管されているので、その閲覧規制を設けてるのだと思います。

 

手荷物はコインロッカーにいれる。本を汚さない、持ち出させないための徹底ルール。

 

重要書の割合が多いのがこの国立国会図書館の特徴。
図書館内にある、お金が戻ってくるコインロッカーに手荷物は預けます。

 

持って入れたのは携帯とメモをとる手帳程度だった記憶があります。

 

飲み物とか食べ物は厳禁。
喉が渇いたら、再び図書館外に出て、コインロッカーから取り出してエントランスで飲むといった流れになります。

 

どちらかといったら、調べものの書類等を漁り、さっさとコピーして図書館外に出た方がよい場所となります。

 

スポンサーリンク




 

地元の図書館

 

住んでいるエリアにも図書館があります。

 

利用規約は

  • 市民
  • 市内の勤務するもの
  • 市に隣接するエリアの住民

だけでした。

 

これは結構厳しい条件になります。

 

隣接する地域の図書館の利用規約も確認しよう。

 

実は、自分の住んでいる市町村の規約が厳しいものでしたので、隣接する市町村も同じ規約だと思いこんでいました。
本を借りたい、でも自分の住んでいるエリアの図書館にはない。
そんな方は隣接するエリアや勤務先付近の図書館の利用規約をみてみましょう。

 

利用規約が

  • 日本国籍であること

これだけだったら、貴方も自由に借りれますよね?
(実は、隣接する市町村のひとつが、国籍だけわかればよいという利用規約でした。)

 

都道府県の図書館を利用しよう。

 

自分が大学生の時にも論文書くのに利用した図書館のひとつが都道府県の図書館。
ここも蔵書がたくさんあります。
ここも利用規約が緩いです。

 

地元の図書館に本がなく、都道府県の図書館に本があった場合、本の取り寄せが可能なこともあります。
ただし、これが結構お時間がかかりまして・・・
取り寄せに3週間から4週間かかります。

 

急ぎで読みたい本がある場合は、直接借りに行った方がよいでしょう。

 

【注意】地域図書館だから必ずしも借りれるというわけではない。

 

地域図書館だから必ず本が借りれるというわけではありません。
実際に、東京都港区に読みたい欠陥住宅裁判の本があったのですが、それは貸し出し不可でした。
図書館内での閲覧は可でしたけれどね。

 

しかし、同じ本にも拘らず、貸出可能な本として蔵書されていたのが地元の都道府県管轄の図書館。
知っていると知らないとでは大きな差が生まれますね。

 

スポンサーリンク




 

本は資産です。そこは間違えてはいけない。

 

いまどき、インターネットがあるのだから、そこで調べれば載っているでしょ?
と、誰もが思うのですが、どんなに頑張って調べても、載っていないものはあります。
その代表が裁判事例。

 

確かに、裁判所の判例検索かければ出てきます。
裁判所の判例を調べるページはこちら>>>
欠陥住宅は損害賠償案件に含まれます。
検索ページを見てもらえばわかるけど、

  • 裁判所名
  • 事件番号
  • 裁判年月日
  • 全文

で検索かけるからまず、わからん。
全文って・・・pdfに記載されている言葉から引っ張ってくるけど、トラブルになっているキーワードを検索かけなくちゃ出てこない。
さらに裁判年月日も裁判所の受領日なのか、判決日なのか・・・それを調べなくてはならない。

 

はっきりいって、弁護士や検察官、裁判官用の検索ページになっている。

 

そうなるとね、書籍になっている裁判の判例書を読んでいかなくてはならなくなるのです。
自分は、今、こんなに本があって幸せを感じています。