子育てしながらアフェリエイト事件簿

子育てしながら、大事なおうちをリフォーム・・・そしたら欠陥住宅に!再リフォーム費用稼がせてください!

記事一覧

4月になってしまった。
1日だからエイプリルフールで宣言する・・・という訳ではないのだが、
今月から30万狙って頑張ることにする。

 

なぜ30万?を狙うのか?

 

単純に毎月の収入が30万あれば、なんとか会社を辞めても大丈夫そうだという心理である。
前から会社を辞めたいと思っていたのは確かだが、昨今のコロナウィルス状況に対して、今、在籍している会社は何も行わないのである。
PCを与えられた一部営業等においては、在宅勤務。
しかし、自分のような見積・発注等行う、業務関連は出勤を命じられている。
いや、どちらかというと逆だろ・・・と普通は考えるだろう。
作業内容は自宅で出来るものばかり。
それにも関わらず、コロナウィルスがばらまかれている中、出勤しろというのだ。
申し訳ないが、命捧げるほどの私は社畜ではない。
私はまだ、生きなければいけない理由があるし、子どもとの約束がある。
なんとしても生きなければいけないし、子どもを生かさなくてはならないのだ。

 

2月、専務は発言した『コロナウィルスを社内に持ち込まれても(会社として対策する計画はないから)仕方ない』

 

オリンピックイヤーということもあり、テレワークを推奨されている東京都だが、どうやらこの会社には計画が全くない。
そして、テレワーク?何それ?美味しいの?
そんな状況である。
なぜ、そんなことを言えるのか・・・
この会社の大きな特徴として、徒歩通勤、自転車通勤の人間が過半数をしめる。
よって、テレワークについて考える頭は無い。
むしろ、交通費を払ってやってるのに遅く来るとかオカシイという感覚なのだろう。
まぁ、会社のある地域では、コロナ患者の公表が『都内』統一に含まれている為、隣でコロナ患者がいてもわからない状況。

(※先日テレビで『都内は世田谷区、港区のコロナ患者発症が多い』と報道があったが、どの区にも数人ずつはいるように感じる。)
しかし、自分が住んでいる地域では、徒歩20分圏内にコロナ感染患者がもう5人以上10人未満というなのだ。
いつ・・・自分がクラスターになってもおかしくない状態ではある。
それもあり、強いストレスを感じた日常を送っている。

 

 

私は生きたい!首都圏封鎖は行う予定はないのか?

 

 

正直な話、フランスやイギリスのように東京封鎖してくれたら、私の極限のストレスは解消されるのである。
このストレスによって、実は現在頭痛薬を飲んでいる。
今までにないクビからもパルス的な痛みが走るようになったのである。
三日に一回だったのが、毎日数回に変化した3月末。
脳神経外科に行き、MRIを取ることに。
そして処方された薬を数日飲んだが、逆に痛みが増えてきたため、先日更に薬が追加されることとなった。

 

 

東日本大震災では、こんなにストレスを感じたことはなかった。
それは地震の揺れが発生することで得るストレスだったので、揺れない限りは安心感があったのだろう。
でも、今回は目に見えない。
よって、強いストレスが発生してしまったようである。

 

ちなみに、通院のために会社を休んだ日においては、頭痛は発生せず、出社しているときに発生することが多いのである。

 

 

コロナウィルス=インフルエンザという認識が強い人間たち

 

 

結局、自分が勤務している会社の人間たちは【死ぬことはない】という、理屈を持っている。
所詮【コロナウィルス=インフルエンザ】の認識の枠から出ることはない。
ほぼ他人事なのだ。

 

自分の同僚が感染した。
自分の親族が感染した。
自分が感染した。

 

そうならない限り、対策を考えようとしない。
日本人独特の考えかただ。
よって、海外に住んでいる日本人が、どんなにSNSで警鐘をならしても、日本は対策をしない。

自分としてはもっと人生を楽しみたいので、さっさと対策をしない場所から逃げることを検討する。
そのための30万円だ。
とはいえ、自分はイタリアの急変5日間のメモを見て、色々焦っている。
しかし、それは周囲と大きな温度差があることも肌で感じている。

 

 

会社を辞める⇒金がなくなるから止めろ(会社にいけ)という親

 

 

自分の親に会社辞めようか考えていると話すと、収入がなくなるからやめろと。
・・・死んだら収入なくなりますけどね。
一気に冷えました。
今、一緒にいないからいいことに、働けと。
ホント、疫病神極まりないです、この親。

きっと、この人といる限り、私の人生は亡くなるのだろうな・・・と感じました。
世田谷区のコロナ発症者が多いとニュースで流れたら、親戚が慌てて感染していないか連絡してきたという呟きを拝見しましたが。
あぁ・・・うちの親は働けというのだから、こんな感覚はないのだろうな・・・と、本気で思いました。
70才も過ぎ、自分の楽しみに周りを振り回していることすら気が付かない。
その割には文句だけ言い続ける。

 
あぁ・・・

 

ホント、親の面倒見ると言うより、自分の人生が豊かになる道すら見えてこないな。

 
そう、思ってしまいました。

本当は2月ぐらいに旅行に行こうと考えていました。
台湾でも、京都でも。
でも、この親が『コロナにかかるかもしれないから』と言って止めたんだよな。
考えたら、一緒に住んでいたからそういうんだろうな、自分の感染を考慮して。

 

 

感染者の立場になって考えると、死ぬ前に楽しみたいという理屈では?

 

政府も決定的な対策してくれないし、会社もテレワークは考えないので、気持ちよく海外旅行楽しんで、感染して帰ってきてもよかったのではないかとも思えてしまった。
海外帰国者が非常識だと思ってきたけど、どうせ死ぬならいいよね、旅行費払ってしまったし、もったいない。
そんな主張も納得できてしまう。

 
だって、コロナウィルスを国内に持ち込んでも、罰金刑にはなりませんからね。

逆に、入院費も【治療費の自己負担がない指定感染症】のため、無償らしい。
ただ、経済的に困難な病院は、無意識に入院費用を請求してくる可能性があるので、政令で公布されている指定感染症なのに費用負担をさせるのか?と伝えた方が良さそうです。
指定感染症は、【感染が発生した状況・原因の調査・動向の把握】【就業制限】【公費による診察・検査・治療】が対象となるようです。
感染して治療で直った方々にとっては、多少後ろ指刺されることも一定期間発生するかもしれませんが、自殺するほどの苦しみは無いと思います。

 

ようやく政府が渡航関係を止めたので、あとは国内だけの問題となりますが、感染経路がわからない感染者が増えているので、これではどこに行ってもいいやと・・・自由に歩き回る人間も発生するでしょうね。
食料品を買いにでるだけでも感染しそうだったら、自炊疲れるし、外食しようよ・・・という方もいるだろう。

 

だったら、今後のこともあるし、コロナに感染しておいてもよいかとも考えてしまう自分がいる。
現実問題として、徒歩20分圏内にコロナ感染患者がもう5人以上10人未満なところに住んでいるのだから、買い物していてもかかってしまう。
そして、発症したテナントにはいかなかったが、その近くにいたので、コロナ菌とこんにちははしている可能性も考えられる。
さらにバス通勤と電車通勤・・・。
いつ感染してもおかしくないんだよな・・・。

 

 

やり忘れたことをやらなければ!遺書も書くべきではないかという思考

 

 

今、強いストレスから発症したと想定される頭痛に対して、緩和剤を処方されている。
・・・よくよくみたら、痛みだけではなくだるさをとるものも入っている。
これ、コロナに感染していてもわかりずらくない?
最近、コロナ感染者が実体験を投稿してくれるので、どのような隔離なのか含め参考になることも多いです。
ただ、重症になってしまうと、一気に人生がなくなりそうですね。

ということで、先に遺書を作っておこうかなと個人的には考えています。
大きな理由としては子どもがいるから。
まだ、買い物も満足にできない子どもなので、子どもに陰性が出て隔離となった場合、誰が面倒をみるのか。
独り残されてしまった場合、どうなるのか。
それらを残しておかなくてはならないです。

どうやら、特別方式の遺言書が、このコロナのケースに当てはまるようです。

 

 

特別方式の遺言書は、死期が迫っている時に用いられる特別なもの

 

 

特別方式の遺言書とは、病気や災害などにより、自分の四季が迫っている時に用いられるものとのこと。
種類としては主に3種類あるようです。
①一般臨終(危急時)遺言
②船舶遭難者難船臨終(危急時)遺言
③伝染病隔離者の遺言

 

これらに該当する内容の遺言書をあらかじめ仕上げておくことが正直懸命かなと。
作成後20日以内に家庭裁判所に届け出ることが条件なので、もし、コロナウィルスになった際、入院は交通機関NG、徒歩で入院のようなので、近くに赤い郵便ポストをみかけたら投函しておけばよいのだろうと思います。

 

もし、生き残ったら・・・
その時は家庭裁判所に謝罪して引取にいこうかと、個人的には思います。

 

 

なぜ30万?を狙うのか?⇒どうせコロナにかかるでしょ?必要ある?という思考に・・・

 

 

首都圏封鎖を待っている間に月30万目指して頑張るのがよいことなのか、いっそのことコロナに感染したあと月30万目指してもよいのではないかとも思ってくる。
そう、どうせ感染する。
日本だって過少報告している可能性がぬぐえない。

 

とはいえ、現在勤務している会社、コロナ対策のメールとともに、給与20%減額という連絡をする会社なんだよね。
国民全員に肉券、魚券配ったら、国から補助もらったんだから・・・と、確実に実行する口実にするよね。
だから、コロナにかかろうがかかるまいが、自分は30万円稼がないといけないという事実が寝転がっている。

とりあえず、月30万円になるまで、馬車馬のごとく働くべきだ。

時短(時間短縮業務)を利用して感じたこと。もっと早くに利用すれば良かった。

子育てしながらアフェリエイト事件簿

所属する会社によっては時短(時間短縮業務)が利用可能な会社と、利用できない会社がある。また、必ず時短(時間短縮業務)を利用しなくてはいけないという事実はない。
正直、お金が欲しかったので時短(時間短縮業務)は使わなかった。
延長保育で追加料金を払ってでも、自分は自分の時間が欲しかった。
一日30分でもいい。
そうじゃないと気が狂いそうだったからだ。

 

>>>気が狂いそうな理由のひとつである欠陥住宅調停(2019年)

 

時短(時間短縮業務)を利用しても、自分のように仕事量は決して減らされず、増やされていたら、会社の出退勤形態を確認しつつ、抗議をいれた方が良い。
自分は増やされているが、出勤形態を逆手にとる形で小さな自由を手に入れた。

自由を手に入れるのは難しいことだ。

 

でも、それも虎穴には入らずんば虎児を得ずということ。
マイナスをプラスに返ることが必要ということだ。

 

スポンサーリンク




時短(時間短縮業務)を使う|デメリットまとめ

 

残念なことに、アフィリエイト作業はほぼ出来ていません。
2019年1月にとあるグループに入ったのですが、結局活動できず。
理由はやはり両立が出来なかった。

 

その時に並列させようとしていたものを下記に挙げてみますね。

一番は給料が減ると言うこと以外、何物でもない。

 

しかし、その他にも実際に体験してみて感じたデメリットを書き出してみる。
そのあと、メリットを紹介して、時短を使う方がお得か、損か考えた方が良いと思う。

給与について時給換算して減額させる会社に所属していると、給与が減るというデメリットはある。

 

しかし、会社によっては減額が発生しない会社もあるのかもしれない。

 

 

時短(時間短縮業務)を使う|時間あたりの仕事量が増える

 

多くの場合、時短にするからと言って、任される仕事量が減るというわけではない。
むしろ1時間減らそうと、仕事量は同じなのである。
よって、より早く作業を行わなくてはならないため、仕事も雑になりミスが増える。
そう、どちらかというと時間あたりの仕事量は二倍近くに増える。
地味に体力を失われて疲労が溜まる。

 

 

時短(時間短縮業務)を使う|緊張感が常にあり、神経が休まらない

 

 

仕事量が減らないという点にリンクするのだが、子どもを迎えに行かなくてはいけない時間が決まっている。

その時間から1分でも遅くなると、遅れたと言うことで対価費用を払わなくてはならなくかる。
自治体によって金額は異なるが、おおよそ1時間遅れただけで300円費用が取られる。

それだけならまだいい。

 

迎えに行った時には、子どもは腹を空かせている。
帰宅直後から夕食作りとフル稼働することになる。
これで、残りのHPも吹き飛び・・・。

 
子ども並みに夕飯食べながら、親の方が寝ることになる。
(※むしろ、夕飯は子どもだけに食べさせ、親は疲労困憊で動けず、寝てることもよくある。)

 

スポンサーリンク




 

時短(時間短縮業務)を使う|メリットまとめ

 

メリットは早く子どもを寝かせられるぐらいか?
勉強がしたいと話していた子どもだったが、最近は勉強しない。
家に帰ってもテレビ三昧だ。
そんな状況で時短を使うメリットを書いてみる。

 

 

時短(時間短縮業務)を使う|暇なときは帰れるという手軽さ

 

 

定時勤務だと、暇でもその時間まではいなくてはならない。
(まぁ、細々色んなことをしておるので、本当の意味で暇ということはないのだが・・・)

 
体調悪いし、眠いし早く帰ろう・・・。
そんな日に業務内容が少ないと嬉しくなる。

 

 

時短(時間短縮業務)を使う|お金がないときは定時まで仕事すれば良い

 

 

会社の給与計算方式が、定時まで働けば満額。
時短で早く帰った時間だけさっぴくという内容。
忙しければ、仕事すればよいという流れ。

 

 

時短(時間短縮業務)を使う|子どもの通院に休みを使わなくてもよくなった

 

 

単純な子どもの風邪(咳、鼻水程度)で病院に連れて行く為だけに、実は時間休暇をしようしていました。
(※時間休暇は1時間から利用できた)

 
わざわざ、部署内の人間に子ども病院連れて行くからと話すわけですよ。
これ、小さなストレス。
だって、子どもを病院に連れて行く→そのうち発熱で休むんじゃないの?というフラグに考えが繋がる訳です。

 
早退するのに全て個人情報をダダ漏れにさせる・・・。
同意を得るのには都合がよいのですが、結構イヤなんです。

 

スポンサーリンク




 

時短(時間短縮業務)を使う|自由が生まれた

 

 

日本人多くの認識として、【残業=頑張ってる】と見る方がいる。
このシステムは時短使っているのに、残業までして忙しいということを数字として見れるシステムだし、何より暇なら帰れるというオプションがある。
ただ、保育園に預ける費用も発生するので、一定の残業時間が確保される繁忙期がメインとなる。

 
でもさ、お金払ってでも自由を手に入れたい時ってあるんだよね。

唖然とする方もいるかもしれませんが、本当に自由がないという方は、お金払ってでも自由を手に入れる。

 

それは、旅行先に新幹線で行くか、飛行機で行くかの悩みと同じようなモノ。

家計的には逼迫するのであまりおすすめはできませんし、会社の給与規約が不利に働くならば短期で終わらせた方がよい場合もあります。

また、副業等他で収入の柱があれば・・・時短(時間短縮業務)を使うハードルがもっと低くなるのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク




 

2019年早いけど1年振り返ってみる。アフィリエイトで稼げない!どんな1年だったの。

子育てしながらアフェリエイト事件簿

こんにちは。
コウミアキラです。
さて・・・
名前の由来となった小海線も台風19号被害の運休から、なんとか復活を遂げました。

自分も、復活だけじゃなく、その上の飛翔を遂げなくてはならない。
頑張りましょう。

今回は現在の収益について話します。

本当に忙しくて何もアフィリエイトは出来ていないのです。

 

スポンサーリンク




2019年1月|出だしはなんとか可能だったが、結論は動けない。

 

残念なことに、アフィリエイト作業はほぼ出来ていません。
2019年1月にとあるグループに入ったのですが、結局活動できず。
理由はやはり両立が出来なかった。
その時に並列させようとしていたものを下記に挙げてみますね。

 

①自分のアフィリエイトサイト
②欠陥住宅資料
③ワンオペ育児
④フルタイム勤務

 

もう・・・家事は食事関係以外ほぼしていません。
寝る時間を確保するためです。
でも・・・出来ないモノはできない。
サイト立ち上げることすら時間がないんだな・・・と、その時把握しました。

 
もしかしたら、ペラサイトならばどうにかなるのかもしれませんね。
【でも】【たら】という発言を考えてはいけないと思うのですが、1月の段階で長い目で見ればもっとやり方はあったのかな・・・と考えてしまいます。

 

2019年2月|もう触れない。アフィリエイトサイトには触れられない。

 

欠陥住宅・・・実は昨年末に色々ありましてですね。
今、one way soldier状態なんですね。
それが本当にキツいと感じたのがこの時期。

 

約一ヶ月で資料提出を裁判官から言われたこの時期でした。

およそ200枚に渡る3センチかける5センチの画像が、欠陥住宅のどこに当たるのかを図示すること。

 

しかしこの3センチかける5センチの画像写真。

自分が撮影したモノではなく、欠陥住宅を起こした人間達が撮影したモノなのです。
どこにあるのかわからない。

 

幸いなことに、部屋ごとに壁紙が異なっていたので、なんとかエリア的には分けることが可能でしたが・・・、わからないところは何度見てもわかりませんね。

その資料作成に費やした家庭用プリンターのインクが約3セット、A4用紙200枚となりました。費用でいうと、これだけで20,000円になっていました。

 

スポンサーリンク




 

2019年3月|次から次へ。喜ぶべき子どもの成長が、重荷と感じる。

 

子どもは成長するモノです。
例え、ワンオペ育児でも。
ランドセルを購入しなくてはならない時期となってしまいました。

 

欠陥住宅に振り回されていても、やらなくてはやらないものがありますよね。
土日は子どもを連れてランドセル巡りが加わり、さらに通院もあり、ストレスが過多になっていったのを覚えています。

 

 

2019年4月|追加される行事。子どもの成長と共に加わる役目。

 

年度が替わったと同時に、子ども関係のイベントも増えていきます。
欠陥住宅問題も大きな山を越えたように感じていたのですが・・・。
これがなかなか終わらない。

 

気分転換で作ったモノを販売することにより、なんとか5桁の売り上げ。
ホント、1万円超えただけ。
これでは子どもの習い事代にしかならない。

 

ただ、アップデートの度に減少していく呟き等を見ていたこと、そろそろ子どもにも親から離れて、自立を促すような仕組みを作ることが大事だと思い、もうひとつの収入の柱を考えなくてはならなくなったきたと感じ出しました。

 

スポンサーリンク




 

2019年5月|収入の柱・・・期間限定をひとつ作る。

 

偶然にも登録制のモニターになれた。
1年間限定だが、問題として三日に1度は入力が必要。
これが結構面倒・・・ではありますが、1回分の飲み代程度にはなりますので引き受けることに。

 
毎日のアフィリエイト作業の方が、楽だと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、固定給をひとつ増やしたのだと考えると、大事な柱の一つだと思えませんか?

この頃にはほぼアドセンスの収入もなくなってしまっています。
月に500円ぐらいになっています。

 

 

2019年6月|欠陥住宅問題の流れが決まる。いや、1枚の書類で決めてしまった。

 

 

ぼんやりとしたスケジュールが原告であるコウミアキラ側にも、被告である会社(現在は一級建築士事務所に登録、当時は工務店)にも、裁判所側にもありました。
立証証拠を突きつけていく中で、とある書類を提出したら、その流れに日程を落として動くことになりました。

 

よかったのか・・・悪かったのか・・・

 

 

裁判所は8月が全面休暇なので、7月に2回も裁判所詣が発生。
もちろん、資料修正、立証証拠提出はそれぞれあります。

深いストレスを感じ、持病についても医者の診断に疑問があるので通院を辞めました。

 

スポンサーリンク




 

2019年7月|気分転換ができない。いつも考えるのは攻め際と引き際。

 

マジ、ゲロんちょしそうだった7月。
なんの立証証拠出さなくちゃいけないんだっけ・・・。
と、頭真っ白になりながら、書き上げていました。

 

 

これでラストだ!と、思いながら、頭を掠めるのは相手にも逃げ道を確保しなさいという言葉。

 

とはいえ、書かないとどうにもならんので、実際の不具合ではなく、無事完成して住んでいたら今頃はのタラレバ話を書いたら、証拠として採用される。
結構、なんでもありだな・・・と感じた。

 

 

2019年8月|裁判所休暇中。自分も休暇中・・・だけど、頭の中はぼんやり進める。

 

 

裁判所に行くことがないからといっても、何もしなくて良いというわけではなく。
過去に提出した立証証拠を確認することを行っていた。
自分に有利な内容のものは出ているか・・・。
瑕疵一覧表の穴埋めは出来たけど、そこにまだ追加できる内容の証拠書類が出ていたら、番号を整理しなくてはならない。

 

 

とはいえ、束の間の休みだったので、頭の中をクリアにするために忘れることも必要。
新たな視点を見つけることが目標でもあった。
自分は玄人ではない、素人としての立ち位置が常に必要。

そろそろアフィリエイト作業復活を!と、作業を少し始める。

 

スポンサーリンク




 

2019年9月|生活サイクルが変わったことで、疲労回復に時間がかかる。

 

 

子どもが何に目覚めたのか勉強したいと・・・。
今更ながら時短の利用を開始する。
>>>時短(時間短縮業務)を利用して感じたこと。もっと早くに利用すれば良かった。
会社業務としては時間が余ってきた時だったので・・・都合がよいと考えていたのだが。
業務内容は全く減らず、逆にひとつ増えた。

 
子どもを迎えに行く時間に制限が出たので、大きなストレスを抱えることになる。
時間内に業務を終わらせなくてはならないので、疲労が寧ろ増え、帰宅しても何も作業ができなくなる。
そして、週末の作業日すら、体力回復時間に充てなくてはならなくなった。

 

 

そして結果的には子ども・・・勉強などしない。
いらっとした結末の末、再び延長保育を利用。
会社に提出した時短はそのまま利用続けることに。

 

 

2019年10月|欠陥住宅問題!一つの山を超えたか?ここまでが長かった・・・。

 

 

裁判所に書類を提出して14ヶ月。
ようやく現地調査を行ってもらった。
ここまで来るまでの道のりが長かったこと。
今まで来てくれた友人を始め、有識者の方々には本当に感謝してる。

 

 

命に関わる構造問題にならないと、現地調査は行わないのかと考えていたが・・・。
実際は参加者全員が疲れるぐらい、現地調査は行われた。

そして、調査官からも『仕事が雑過ぎる』と言う言葉が口から出て来た。

 

スポンサーリンク




 

2019年11月|疲れた・・・。やることが多すぎる。

 

 

保育料は自分の口座から払われていなかった。
そして、自分に降りかかってきたのは保育園の食事代。
結局、全体費用として5000円近く、自分の財布からの拠出が増えたと言うことだ。
その分、稼がなくてはならない。

 

 

慌ててアドセンスの設定等見直しているが、やはり更新していないことが理由で読者も減ってしまった。
今月は500円稼げれば良い方なのかもしれない。
もう、10日間も切ってる。

 

 

2019年12月|夜明けを迎えたい。なんとか10000円の壁を越える収入を生み出したい。

 

ここからは、理想論。
なんとかしたい、自分の生活。
しかし、なんともならない自分の生活。

 

自分が頑張れば、道を開けると信じて作業するしかない。
欠陥住宅にしろ、アフィリエイトにしろ。

 

 

正直なところ、誰も手伝ってはくれないし、アドバイスをもらってもその信憑性は正しくないかもしれないし、自分の思惑と異なる場所にあるのかもしれない。

何しろ、自分が動かないと何も手に入れることは出来ない。

死ぬほど頑張ろう。
毎回言ってるけど、色々限界なんだ。

 

2019年作業開始します!adx.txt設置から始めたが、403エラー発生。

子育てしながらアフェリエイト事件簿

どうも。
久々の更新となってしまいました。
このブログサイトも・・・ですが、他のブログサイトもほぼ更新していなくて。
7月に1記事、8月に1記事、9月に5記事ぐらい・・・と言った活動です。

物書き活動はしていたのですが、アフィリエイトとかブログ活動をしていなかったです。
そしたらやっぱりやばくなりましたね・・・。
昨年、一番アドセンス収入が高かった9月に入っても閑古鳥(爆笑)

まぁ、仕方ないと言えば仕方ないか。
だって、作業していなかったんですからね。

ということで、9月も半ば過ぎ・・・下旬になってから活動を始めるという(苦笑)
まぁ、笑ってやってください。

スポンサーリンク




ようやくadx.txtを投稿した。googleさんの警告はいつ消えるかな~。

2019年5月ぐらいからgoogleアドセンスの警告表示が出ていました。
が、本当にそれどころな気分ではなく、本当に忙しくて・・・。
ようやく、目処も経ってきたのでブログ作業開始できるような気分になってきました。

で、相変わらず自分の頭脳値が低いので、どこにadx.txtを設置すればよいのかわからず、片っ端から【自分の利用しているサーバー名+adx.txt+設置方法】で検索かけました。
いやぁ・・・皆様、ありがとうございました。
おかげさまですんなり設置できました・・・が。

googleさんの警告はいつ消えるかな~。どころじゃなく、ひとつサイトが403???

まだ、他のサイトも確認している段階ですが、ブログサイト、ひとつ403でフォルダにあったWPごと
無くなっているんですが・・・(苦笑)

あれ?そんな方いらっしゃいます?
現在、サーバー会社に問い合わせ中。
基本、相変わらずテキスト⇒投稿作業なので、バックアップがとれていなくても平気・・・。
そして、このサイト、WPテーマもあまり設定していなかったので、そんなに時間がとられることもないはず。

adx.txt、サーバーによって作業方法が異なるの???

まぁ、サーバーに設置投稿するのはおなじなんだけど。
【サーバーの個人フォルダに投稿してね】
という記事と、
【サーバーの個人フォルダの中にある、個々のドメインフォルダに投稿してね】
という記事がある。
・・・どっちなんだろうね?
どっちでも消えるなら問題ないんだけど。
どなたか調査した方、いる?

スポンサーリンク




Twitterで宣言したけど。今年こそは月8000円越えに到達させる!

毎日コツコツとか、質の良い記事を書いていけば到達できるとは思うんですよ。
でも、このブログサイトもですが、全て自分の自己満足な点もあり。
さらに、ブログサイトを作り始めた当初はAmazonや楽天では稼げないという流れがあった。

いや・・・本当、自分の書きたいジャンルはそれしか売るものが無くて。
迷走してなんか強引な流れ作ったり・・・。
でも、更新しなきゃと間違っていた方向に進んでいた気がする。

気分一新でワードプレステーマをすべてJINに変えて、一定の収益を出してから、他のテーマを使って作業していこうかと思います。

ブログサイト自体のテーマをもっとシンプルにしていきたいですね。
(本当に今、ごちゃごちゃだから。)

徐々に作業含め、収益と共に復活させていきます。
ではまた・・・2019年上半期に起こったこと含め、後日記事を投稿していきますね。

2019年上半期、下半期のまとめはコチラ>>2019年早いけど1年振り返ってみる。アフィリエイトで稼げない!どんな1年だったの。